飽き飽きするほど泣きたい

「わたしは飽き飽きするほど 泣きたいのだ。 少し ひとりにしておくれ」 という(唄の詩の)あたりで ほんとにぐ … 続きを読む 飽き飽きするほど泣きたい