皆変わり目にスターサファイアにやってくる。

誰の中にもある内なる男性性と女性性というふたりの人物。

そのふたりを理解し、わたしはどう生きるか?

を知る エネルギーワーク、スターサファイア。

このワークを初めて受けてくださった方からご感想をいただきました。

これまでこのワークを受けにこられた方々に
共通しているのは 大なり小なり「人生の変わり目」を迎えられている
ということです。

かく言う自分がいつもそのような時期にこのセッションを受けてきました。

そして、人生の歩みに なくてはならない
理解と発見のツールだと感じ、このワークのセッションギバーとなりました。

変わり目、がすなわち
内なる男性性と女性性の政権交代、の時期である場合も少なくありません。

このワークのご感想をいただいて しみじみそうだな、と思ったことがあります。

「エネルギーワークというと、身を任せる受け身のイメージがありましたが、
なんのなんの!でした(笑)」
という部分、です。

このワークのセッションはまったく受身ではいられません!

自分で自分とつながり、動き(物理的にも座布団を移動したり)、
気づかされ、それを言葉にします。

気持ちよく寝ていたら いつの間にやら終わった、
といった形のものとはまったく異なります。

「いやいや こりゃ大変だねえ」
というお言葉もこれまでよく聞きます。

エネルギーが動いた結果、
セッション中に涙、大声、といった感情解放のシーンを
見ることもよくあります。

ご感想にいただいた通り
このセッションは、あなたの男性性、女性性、それを見ているあなた、
そしてセッションギバーの4者による、2時間あまりの旅のようです。

来年1月~2月第1週に、
「初めて受ける方のためのモニターセッション」第2回を企画しています。
この後は通常セッションとさせていただきます。

定価1万5千円のところを1万円にてご提供、
セッション後のご感想をお願いしています。

現在決まっているのは以下の日程です。

1月
14日(土)上野、15日(日)上野、22日(日)上野
29日(日)我孫子

詳細、申し込みフォームができましたら、
改めてお知らせ致しますが
ご希望の方は
どうぞ お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

今の仕事、関係性に問題を感じる、
これまで生きてきた信条に疑問がある、これらを問い直したい、
人生で何かを変えていきたい、そんな場面でお役に立ちます。

今の現状を認識し、これからの生活への指針となる何らかのヒントを得られることでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以下、スターサファイアセッションのご感想です。
(K・Mさん。 50代 女性 既婚 事務職)

先日、玲子さんのスター・サファイアのセッションを受けました。

これまで、女性性と男性性というと、
自分の中では、長年女性性が傷ついているという認識で、
男性性はあまり感じたことがありませんでした。

本当に困ったとき、火事場のなんとかのように出てくる、
普段自分にないような力を発揮する感じが、私の男性性なのかなと思っていました。

スターサファイアのセッションについては、玲子さんのblogを読んだくらいで、
エネルギー的なセッション、ということくらいしか分かっていませんでした。

エネルギーワークというと、身を任せる受け身のイメージがありましたが、
なんのなんの!でした(笑)

エネルギー的なアプローチで玲子さんに常に見守り助けてもらいながらも、
自分で動き、自身とつながり、対話し、気づき、自分の力で解決をしていく…
心理学的なワークの要素も含まれているようでした。

最初に自分について少し話したあとで、玲子さんが10分ほど、
私の身体を通じてリーディングをしていきます。

特に足のかかとをていねいに感じていきました。
左側が女性性、右側が男性性とのことでした。

右足を触りながら、玲子さんは
男性性に、深海?をゆったりと漂い、白い触覚に赤い極で、
いろいろなことを感じとる力をもつ生物を感じてくれました。
男性性は、かなりのスペースも瞑想性ももっているということでした。

男性性について、具体的に形あるものとして初めて対面?し、
とても新鮮に、また、その感覚は、自身の中でもしっくりくるもので、
火事場であのスケールの大きな力を発揮する感じとぴったり重なりました。

そして、片目にアイマスクをして、左目と右目に質問をしながら、
玲子さんがまた、目からエネルギーを読み取っていきます。

質問を受けていくうちに、
私の男性性と女性性が、どんどん形ある、
人格をもつ存在として目の前に現れてきました。

男性はひろいスペースをもち、のんびりと、自然の中で、
グラウンディングもできていて、とても能力のある人格。だけど押しは強くない。
色白でかなりイケてるおしゃれな誠実そうな人。

女性性は真面目で、自分が輝くことのできる、好きなこと、美意識、感性を持っている。
綺麗な人ですが、疲れていました。リーダーシップはとるタイプではないようです。

そして、まず、男性性の広々とした気持ちよさを味わった後、
心理学のワークでもあるクッションワークで、
男性側と女性側と自分でそれぞれに座り、相手との対話をしていきました。

「仕事の話」をすると、共通して男性も女性も輝きません。

ふたりとも現在の仕事は好きではないのです。

本来はスペースも能力も持っている男性がむりなくできるようです。
しかし、女性性は私がやらないと!
と、人生の決定権を殆ど握っているようです。

スペースのある男性に、女性の立場で、
もう少しわたしのすることを引き受けて欲しい、ことを伝えました。

こうして、話し合ったことは初めてだったと思います…。

そして、今後については「このまま今の仕事を続けていく」と、
最後に玲子さんにも話しましたが、
腑に落ちていないと
言葉にした瞬間感じていました…

このワークを体験して、
自分の性別のエネルギーがバランスよく動いていないことがわかりました。

今の疲労感がまさにそれを示しているように思いました。

なんでも女性性が自分で決めてしまう状況、これはなぜなのか?

何かを一生懸命守っている、
または相互の信頼関係が築けていないような気がします。

一方で、男性性のスペースや能力が発揮できずに
かといって自分から言い出せない、この身動きができない止まった感じ…、

この辺も、玲子さんにエネルギーを見てもらいながら、
もう少し対話を続けてみたいです。

スター・サファイアは、エネルギーを感じつつ、
地に足がついた、より実際的で、
自分と男性性と女性性、そして玲子さんの四者で取り組むワークだと感じました。

特に、男性性でもなく女性性でもない自分=「観察者」
の立場からの気づきが大きかったです。

最初は、虐げられた女性性に出会い、
号泣してしまうのではないかと思っていましたが、そのようなことは起きず(笑)、

言いたいことを相手に伝るというコミュニケーションをはかるきっかけとなったようで、
すっきりした気持ちが強いです。

安心感に満ちた中、リラックスして向き合えました。
今も、このセッションがじわじわと続いている感じがあります。
玲子さん、ありがとうございます(^-^)

以上ご感想でした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

投稿者: Sangit.Reiiko

Flamencoカンタオーラ(唄い手)。 インドを起源としたジプシーの芸が スペインアンダルシアに根付いたFlamenco。 Flamencoの発祥は唄から。その魅力を自ら唄い伝えていく。 Flamencoに触れることで行き着いた瞑想をベースとした、サトルボディヒーリング、スターサファイアのエネルギーワーク従事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA