ガルロチ*メルセデス デ コルドバのグループ

初ガルロチ。
コーフンしました✨✨✨

いやあ予想以上にヨカッタ❣️

今のFlamencoがどんどん古いもの、原点に
若いヒトほど激しく帰っているのかも✨✨

Figura(一座の主役)のメルセデス デ コルドバ✨✨

動きは今っぽいこともしているのに
昔の踊り手さんのような古式ゆかしい
雰囲気を持ち合わせ、

まるで少なくとも60才ぐらいの
貫禄✨✨✨😳😳😳

体も小柄。

Loli Floresとかの雰囲気、と言われて
そうだ、そうだ!
と膝をうつ。

そして後から
あのフェミニンな
女性の踊りの中の
もっとも女らしい踊り手

あのメルチェ エスメラルダも思い出した!

ほんとFiguraってやっぱり何かが違う。
ただうまい、とかではない。

存在の濃さが違うのか?

こちらに送ってくる周波数のようなものが
他の人とは違うチャンネルを
使いこなす存在✨✨

ギターはひとりだった。
へええ。

毎日ショーをやるのだから、
何かあったら1人じゃタイヘン!
と思いつつ。

あのヒトだったらかえってひとりがよいかも、
と思わせられる骨太で独自な音。

こういうのが好き❣️

ほかのギターの音が混ざらなくて
よいかもしれない、と思った。

綺麗だけどフニャフニャの音はもう
聞きたくないもんネ。

だからこういうの凄く嬉しい✨

そしてマリア テレモート❣️
半ば彼女の唄が目的で行ったのだ。

もう感慨深い✨✨✨

彼女のおとうさんは数年前に
亡くなっている。
まだ40代だった。

17歳の彼女が唄う姿は
どうしてもテレモート一族の
血の濃さを
感じさせ、

まっすぐ唄ってるだけのようで
どうしてもそれが出てくる。

立ち姿だけでも
テレモートイッホ(おとうさん)が
出て来て、

顔だってどうしても似てるから
それ見てよけい感じるのかもしれないが
テレモート一族のソレ❗️

死んでしまっても

決して一族の芸が
滅びることはないんだ

こうして代々受け継がれてゆくんだ

というさまを
まざまざ見せつけられた。

10年前にヘレスで
みかけたときは
小さい子供だったのに!!

ほかの踊り手、歌い手もヨカッタ✨

唄っているのは全純粋伝統的な唄のみ。
こういうのをやって欲しかった❣️

数年前までのグループには
ありえなかったと思う。

古いものを見て
たくさん勉強してるんだな、
とひしひし伝わってきた。

Flamencoが
ようやく元に戻ったという感じ、
ヨカッタヨカッタ✨✨

という報告でした。

ガルロチは
新宿伊勢丹会館にて
ほぼ50年の営業を終えた

エル フラメンコの後を継ぎ

スペインから来日するアーティストグループ
によるフラメンコショーを
毎日実施している

貴重な存在、
Flamenco タブラオです。

これまで エルフラメンコで
繰り広げられてきたショーを見ることで、

そして来日したアーティストに
習うことで
たくさん勉強させていただきました✨✨✨

※ガルロチの情報 詳細は ⇒ コチラ

投稿者: Sangit.Reiiko

Flamencoカンタオーラ(唄い手)。 インドを起源としたジプシーの芸が スペインアンダルシアに根付いたFlamenco。 Flamencoの発祥は唄から。その魅力を自ら唄い伝えていく。 Flamencoに触れることで行き着いた瞑想をベースとした、サトルボディヒーリング、スターサファイアのエネルギーワーク従事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA