10月7日土曜日 六本木IZUMI🌹にて唄います✨

いやぁああ❣️
きょうの踊り手さんとの
ライヴは 超感慨深かった😂😂😂✨

わたしの20年のFlamencoの歩みを
見守ってくれてた 岩佐紀子さん✨✨
その生徒さんの大塚あつこさんと✨✨

タイ出発前に
久々の共演✨✨✨

ギタリストの足立さんは
すっかりロックな⁈
自分スタイルを確立しており

あ〜れから何年
経ったのか〜しら〜〜
という調子で
お互いの変化を祝うなり㊗️🎊🎊🎊

さてさて。
タイから帰っての
初Flamencoは

10月7日土曜日✨✨✨

六本木IZUMI🌹
http://izumi-jazz.com/201710.html

踊り手さんと😃😃😃

IZUMIのFlamencoギタリストは
(写真下最左)

日本のFlamenco界を牽引し、
今活躍している
数多のFlamencoギタリストを育てた
大ベテランのおひとり✨✨

高橋秀男氏。

Flamencoに限らず
音楽への造詣深く

またそのサービス精神は
とどまるところ、なし!

秀男さんとのステージは本当に楽しい!

踊り手はやはり
先日の再会で大感激した
Muy Flamencoな
佐野由布子さん✨✨✨

どうぞお気軽に
六本木へ お越しくださいませ。
木の壁とグランドピアノ✨
ソファの客席。
ゆったりと 楽しめます。

JAZZとFlamenco、
2回ずつ ショーがありますよ。
1回目は 20時頃~
2回目は 22時頃~

ミュージックチャージ ¥5000
要飲食

タイ瞑想旅行記2017❷ー路上生活者と貴族の同居

冒険と安全安心。

相反するこのふたつを
同時に求める
自分が居る

あすタイゆきで
飛行機に乗るが

2年前のパスポート事件で
帰りの機内で強烈な閉所恐怖の瞬間を
味わったことを思い出した!

昨日はすっかり
引きこもりモードになって

予定していた渋谷に出掛けたくない、
家と周囲のテリトリーだけで過ごしたい!
となり
そんな自分の言うことを聞いてあげた。

わたしの特徴は
冒険好きで
新しいものどんどん知りたい気持ちと

すっごく怖がりで
内にこもって何処にも行きたくない

それが同居していることだ。

ところで先日
今のわたしの
男性性のキャラクターを比喩で描写した
サガプリヤの表現は

「路上生活者」‼️

しかもそれは致し方なく、ではなく
「好きでやっている」らしい・・・。

「そういうヒトをアメリカでは◯◯◯、
というのよ」とサガプリヤ。

◯◯◯、は忘れた。

一方
今のわたしの内なる女性性は

「貴族的でエレガントな女性」

彼女は家の中に居て
よきいろんな物に助けられて
生きている

このふたりがどうして
相入れようかぁああっ

なにせ2年前、イタリアで
リーディングしともらった
わたしの女性性は

アフリカ経由でスペインに入って
イスラムの時代を築いたモーロ人の
身分高く豊かな家に生まれた子供

しかし持っていたものをすべてうしなった、
そんな人だったのだ。

サガ「カクカクした形のお城〜
スペインにそういうお城があるのか
わたしは知りませんが」

サガプリヤが2年前にわたしの左足から
そんなビジョンを見ていたこと
今回知った。

それは
まさしくグラナダは
アルハンブラ宮殿に代表されるような
イスラムの建築の特徴である。

イスラム、モーロ人の感じ
それは今は薄れているが

優雅さ
文化や知識の香り
それを伝える役目も担っている
貴族的な感じ

それは今も変わらないらしい。

(タイ冒険記、として続けます)

9月24日 渋谷 七面鳥ライヴ🌹

24日 日曜日✨

コチラのライヴに
Flamenco踊りの方々の
伴唱で唄いに参ります🌹

独演ライヴはまた別に
企画致しますね😀😀😀

24日、
まだ若干 お席あるそうです✨✨✨

Flamenco、沖縄民謡、コーラスという
盛りだくさんのステージ!

Flamencoは20時すぎから30分くらいの
の予定です

ご興味ある方
ぜひおこしくださいませ✨

🍀お店へ要ご予約です

タイでの冒険ーその2

もう10日ほどでタイへの瞑想旅行だ。
タイへは20数年ぶり 2度目となる。

これは初めてのタイはプーケット。
20代の頃のハナシだ。

第1話は
(上記メニューより 「タイ瞑想旅行記2017」
の下「タイでの冒険」にアリ)


✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

「あす ふたりで休みが取れるか、
やってみるね。
きょうの休み時間に 明日のこと
打ち合わせしよっ」

とはりきって
タイの若者従業員ふたりは去って行った。

そして 3時のおやつの時間
彼ら ホテルの従業員達の
お休み処へ わたし達は招待された。

そこはーっ。

野っ原だあああ!
ホテルの裏手。

とっても大きな木の下で。
直接すわっても痛くないような草、
だったんだろうか。

飲みものや お菓子の
置き場以外は
敷物がなかった気がする。

地面に車座になって座る。
かつてやったことあった気がするけど
もう何十年もやってなかったような
懐かしい感覚。

同じ目線の高さで
たくさんの優しい瞳とまじわるこの感じ
なんかうれしいな
安心だな

たぶん全員タイ人だ
言葉ぜんぜんわっかんない

突然車座に加わった
私たち日本人女子ふたりについて
とーぜん 皆興味しんしん。

彼らふたりに
「彼女らはなによお?
どこから連れて来たのよお?」

などと皆が矢継ぎ早に聞いてる
(みたい)

たぶんこんなこと言ってるんだろなー、
と想像するだけで
実際よくわからないけど

この暢気で明るい場に
すっかり安心していてリラックス

そしてこんなことが今起こってる〜
と楽しんでいた。

彼らは何か飲んだらあ、
とコーラを進めてくれた

氷が大きな容れ物にたくさん。

その氷を入れるときだけ
不安になった。

水は飲まなくても
氷でお腹をこわす、とか聞いてたからね。

彼らは わたしの不安な顔を見てとって
「自分の手で氷をとりなよ」
だって。
何を感じてるかすぐバレちゃう。

で お菓子もいただいて
すっかりホテルの従業員と
なれ合い状態になり 談笑
(タイ語出来るわけないんだけど その気分)

彼ら若者ふたりは英語が少し出来るから
成立してる この一体感。

30分くらいは居たか、と思う。
無事に休みが取れた彼らと、
明日一日過ごすための待ち合わせ場所や
時間を決めた。

出発はモチロン
ホテルのエライ人達に気づかれない場所ね。

そしてそしてーっ。

明日行動を共にすることは
モチロンのこと
今日ココで一緒にお茶した、
なんてぜーったいホテルの人達に言ったらダメだよ!
バレたら俺たち即刻クビよ!

俺たち働かないと小さい弟妹たち
食ってけないのよ!

とクギを刺された。

モチロン言ったりしないよ、
安心してね、
と彼らふたり

そしてほかの従業員 車座の場
で約束する。

さて 明日が楽しみだ✨✨✨

(その3、に続く)

タイ瞑想旅行記2017❶ーパスポート写真事件

タイ❗️へ
まだ出発出来ると
決まってないが〜。

10日後に出るのだから
パスポート申請のリミットは本日😳!
と知ったのも昨晩。

今朝は朝早くから
神奈川県の戸籍謄本を本籍地に取りにゆき
昼飯抜きで
千葉県の旅券事務所へ

飯抜きしなくても
ギリギリ間に合いそうだが
4時半まで、
とはオチオチしていられない気分なのだ。

ココでの
パスポート用写真撮影は
事務所入り口にあるスピード写真機。

ローマはテルミ二駅地下で
盗難にあったパスポート再発行用
写真撮影以来、2年ぶりだ。
(詳細はメニューより
「イタリアで見た過去生と直後の事件」へ)

ココは日本。千葉県。
イスラムのベールを被った女性は
写真撮影の列にいないが
外回り中のサラリーマン、
スピード写真撮影初めてという おばあさまなど
それなりにまた混んでいた

ローマでは
盗難にあった後の疲れの見える顔に
混んでいるのに
取り直しをしたものが
今度は一発撮影上出来!

と思った写真を手に持ち
手続きに進んだ

手続きでは まず
前回2年前
ローマで発行され パスポート代りに
これを持って帰国した
「帰国のための渡航書」にVOID、
と穴が開けられた。

途端、スーッとした!
これで何かが終わったのだ、という感覚だ。

奇しくも今晩は
あの2年前のローマの事件直前✨
アッシジ近郊で
半月のスターサファイア
の学びでお世話になって以来、

来日したサガプリヤに
ナイトイベントであいまみえるのだ💕

もう人生は次の段階なのだ。
過去のジブンではない!
あぁ それに 寂しさも感じる。

「しみずさーんっ」
手続きの順番が来た。
すべては順調だ。

係りの人「あのお、この写真に
くもりがかかっているんですが〜☁️
撮り直しされますか?」

へぇ。そんなの気づかなかったなぁ
とよくよく見たら〜😳

わたしの右ほお〜右顎に
煙が渦まいているではないか!

光の反射、というより煙、のようなものの
写りこみ。

「コ、コレどうして写ったんですかねぇ!」
わたしは息を呑み、どもりながら
係りの人に聞いてしまった。

係りの人「たぶん画面が汚れてたんでしょうねぇ」

そう応えてくれてホッとしたのだが〜
「よく言う心◯シャシン、って
こういうんじゃないのお⁉︎」
という思いが拭えない。

わたしは即、
「この写真でいーですから」と応えてた。

これから5年間 心◯シャシンみたいな
顔のパスポートでよいのかあ!
と思いありつつ

今日受理してくれないと期限までに
発行されない、という背景事情に
もうどんな写真でもOKよ

大体タイには瞑想しに行くのだから
一緒に何かが写りこんだって
不思議じゃないもんね。

完全開きなおりだ。

さて、次の段階の係りの人が〜
またまじまじ写真を見つつ
「コレは 印紙売り場の係りの人に言えば
無料で撮り直しさせてくれると思います」
とのこと。

それほどか❗️
いや、それほどだ。
よくよく見たら この写真。

かくして係りの人の付き添いのもと
再撮影となった。

画面を
「あら 汚れてないわね」
と言いつつクリーナーで拭いてくれたり
撮影位置を調整してくれたり
至れりつくせり。

今度は無事成功✨✨✨
ありがとう。
やっぱり撮り直してヨカッタ!

で、その雲のかかった写真。
「コレはこちらで回収させていただきますネ」
と係りの人に持ってかれた!

まあ無料再撮影なんだから
そうだろう。

皆に見てもらえなかったのがチョット残念。
あの写真とともに
何かが成仏するよう祈るばかりだ。

で、くもりの原因は〜。
後から別の係りの人が言うには
「あーっ!そのクビにかけてる宝石の反射では?」

「よく光る石だねぇ」

そりゃそうよ!
5年前に初めて瞑想のために行った
初インドはプーナ
で買った アメジストなのだから💜

この石の反射?
そうかもしれない😳
そうでないかもしれない😳😳

以上。

9月8日金曜 阿佐ヶ谷 天🌹

Flamenco=唄から〜🌹

8日金曜の阿佐ヶ谷 天ライヴの
ギター合わせを終えてきた。

いま自分にとって最高の環境がある
ありがたさ

自分の一番好きな
ことが出来るしあわせ

わたしは今居るべき処に居る
というこの安堵感

確認しました

最近 色々な活動する中
グラグラしていた気がする
自分の限界、即ち境界線のひきどころ。

わたしはわたし。
あなたはあなた であることを尊重する。

誰にも喜んでもらおうなんて
トンデモナイ!
なんてゴーマンなジブン。
ひとさまに対して
何がサービスなのか。

表面的なニーズに応えることじゃない
って明らかなのに。

まだそんなカンチガイ、していた気がする。

自分を信じなくて
誰を信じられよう

自分が出来ないことを責めるより
今出来てることに価値を与えよう

ジブンに忠実であることが
ひとさまに対しても誠実でいられる
というこの感覚✨✨

正直よく忘れてしまう

大事にしたい

9月8日金曜
木南利夫さんの
ギターで唄います

どうぞ 皆さま お越しくださいませ💓

写真撮影: カメラマン 近藤 佳奈氏