タイ瞑想旅行記2017❷ー路上生活者と貴族の同居

冒険と安全安心。

相反するこのふたつを
同時に求める
自分が居る

あすタイゆきで
飛行機に乗るが

2年前のパスポート事件で
帰りの機内で強烈な閉所恐怖の瞬間を
味わったことを思い出した!

昨日はすっかり
引きこもりモードになって

予定していた渋谷に出掛けたくない、
家と周囲のテリトリーだけで過ごしたい!
となり
そんな自分の言うことを聞いてあげた。

わたしの特徴は
冒険好きで
新しいものどんどん知りたい気持ちと

すっごく怖がりで
内にこもって何処にも行きたくない

それが同居していることだ。

ところで先日
今のわたしの
男性性のキャラクターを比喩で描写した
サガプリヤの表現は

「路上生活者」‼️

しかもそれは致し方なく、ではなく
「好きでやっている」らしい・・・。

「そういうヒトをアメリカでは◯◯◯、
というのよ」とサガプリヤ。

◯◯◯、は忘れた。

一方
今のわたしの内なる女性性は

「貴族的でエレガントな女性」

彼女は家の中に居て
よきいろんな物に助けられて
生きている

このふたりがどうして
相入れようかぁああっ

なにせ2年前、イタリアで
リーディングしともらった
わたしの女性性は

アフリカ経由でスペインに入って
イスラムの時代を築いたモーロ人の
身分高く豊かな家に生まれた子供

しかし持っていたものをすべてうしなった、
そんな人だったのだ。

サガ「カクカクした形のお城〜
スペインにそういうお城があるのか
わたしは知りませんが」

サガプリヤが2年前にわたしの左足から
そんなビジョンを見ていたこと
今回知った。

それは
まさしくグラナダは
アルハンブラ宮殿に代表されるような
イスラムの建築の特徴である。

イスラム、モーロ人の感じ
それは今は薄れているが

優雅さ
文化や知識の香り
それを伝える役目も担っている
貴族的な感じ

それは今も変わらないらしい。

(タイ冒険記、として続けます)

続きはコチラ⇒タイ瞑想旅行記2017 ➌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA