タイ瞑想旅行記2017❸-初めてのチェンマイ

2017.9.25の夜。

チェンマイのホテル 無事着来ました。

何をやるのか(瞑想だけど、どんな?)
どんな生活か

わからないまま。

着いて初めて知ったスケジュールは

いきなりあさって昼までサイレンス。

誰とも話さず目も合わせない。
食事は時間になると部屋に届けてくれる。

なるべく寝るより瞑想。

基本はこれまで
(といってもまだ
この瞑想初めて2週間)
家で1回30分やってたのを
24時間無制限にやってよい、
とのこと。

コレを聞いた時のキブンは〜
「ウシシシ!やった❣️」
という感じ。

嬉しい、と共にやって来た
チョット罪悪感。

毎日アクティブに遊びまわるより
これはゼイタク、
という自分の感覚に驚いた😳😳😳

瞑想のほかにも
ヨガや呼吸法を
組み合わせて好きなだけやり

レクチャーの時間に
先生であるボブ フィックス氏に
シェアしたり質問をする。

新しい瞑想の機会が数日に一度あり、
それを自習で実践、の繰り返し。

そんな感じ。

ホテルはチェンマイの空港から
車で15分位のところ。

迎えの人が「名前のカードを掲げて待ってる」
とのことだったのですが
わたしの名前は見あたらず。

居なければタクシー呼ぶ、
その支払いはホテルがする、
と聞いてたので
そうあわてはしなかったけど

出待ちのスペースを3回ほど回ったあと
横に佇んでいたタイ人のおじさん。
30秒ほどお互い無言でただ立っている。

そのおじさんに行き先を聞かれ
「ゴールデンキューピッドホテルへ行く」
と告げた。

すると、
「ではあなたは
キョウコか?
トモコか??
ヨウコか???」

と違う名前を連発!

最後にアイパッドの画面を見せられて
ではあなたの名前コレか?と。

Shimizu Reiko
とあったのでついて来たけど
まだ一抹の不安あり。

そんな気持ちのとき
「昨日あなたの友達キタヨ」
とおじさん言う。

そして
「皆でお寺に行ったときのだよ」
と今回の導き手
よーきーも居る
動画をアイパッドで見せられた。

ここまで証拠揃って安心

そんな感じ。

タイはヨーロッパに比べたら
ほんと近い。

バンコクまで6時間。
そのあとチェンマイまで1時間。

人びとおだやかなあかるさでやさしい。
居心地よさそう。

ヨーロッパは異国。

ここはそうではない、
おとなりという感じ。

というスタート。

帰りはギリギリまで瞑想の予定。
たぶん街に出ることなく空港戻りの予想。
買い物もその時くらいかな。

それではシャワー浴びて
いざ瞑想はじめます。

投稿者: Sangit.Reiiko

Flamencoカンタオーラ(唄い手)。 インドを起源としたジプシーの芸が スペインアンダルシアに根付いたFlamenco。 Flamencoの発祥は唄から。その魅力を自ら唄い伝えていく。 Flamencoに触れることで行き着いた瞑想をベースとした、サトルボディヒーリング、スターサファイアのエネルギーワーク従事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA