「Flamenco関連ブログ」カテゴリーアーカイブ

本郷綜海さんのスピプロで受けとったもの✨(スピプロ終了報告【その3】)

さきほど ちょー嬉しいっ😃😃😃
メッセージもらった✨✨✨

友だちが 本郷 綜海さんの
スピプロ6期に参加する、と言う。

それを聞いて
こんなにジブンが喜んでる
のにまた驚いた😳!

わたしは
昨年9月からの
スピプロ5期に参加したのだが、
これがわたしにとっては
大チャレンジだったのだ。

スピプロでわたしが一番受けとったのは
やっぱり「信頼」だと思う。

魂の友に
「わたしはココに居るよ✨」
と玄関の灯りをつけておくこと。

〜ジブンの魂が望むことを
やって
それを社会に発信する〜

そのことを
こんな風に教えてくれた。

それまでのわたしは
「どーせ わたしの好きなこと
やりたいことなんて
皆んなはわかってくれない😭!

だから

「わたしのやりたいことを
受けとりたい人なんていやしないさっ😭」

そんな風に思い込み
だから
社会に対して
そういう態度をとっていた、と思う。

わたしはFlamencoの唄、
を歌うが
Flamencoと言えば世間ではまず
踊り❗️
のイメージ。

しかしながら
元々Flamencoは唄から
始まっている。
生きることの本質を凝縮していて
それが踊りにインスピレーションを与えてる✨

その唄にこそ
ある魅力を伝えたい❣️
これが本音なのに
それを諦めかけていた。

そしてわたしは
「スターサファイア 🌟🌟🌟」

というエネルギーワークのセッションを
する。

「スターサファイアア? なんじゃそりゃあ⁉︎
宝石なら土に埋まってるもんじゃろうが。
わかるように説明せい!」

と綜海さんに言われた気がするが

スターサファイアとは
光があたって
ようやく発見、顕現する
私達の本質のことなのである✨✨✨

私達はこの本質を資源として生きている。
それを発見して繋がり、
生きる力を得て
生の方向を知るのがこのセッション
なのである。

href=”http://reiko.link/%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2-%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%82%ae%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f/”>スターサファイア
しかも その本質は
私達に内在する男性性、女性性が
それぞれ別のものを持っているのだ。

いわばジブン自身の中に
ふたりのニンゲンが居るようなわけだ。

そして
その統合体である「ワタシ」には
「今は男性性(もしくは女性性)」という旬がある。

ワタシの中のふたりは決して
いつも半分ずつ役割分担なんかしていないし、
いつも男女平等がいいわけじゃない。

これをカラダで理解して
エネルギーが
その方向もパワーも定まっていくのが
このセッションだ。

コレが
今までナカナカ説明できなかった。

実際、どう説明しようと
やってみないと実感出来ない、
というところもある。

で、伝えようという情熱♥️
が萎えそうになったりも
していたのである。

しかしジブン自身が
このセッションに救われて
歩みを進めて来た、
という人生の経緯がある。

それをモチベーション
にスターサファイア
のセッションを実施中である✨✨✨

正直9月、
スピプロ当初に自分が目指した
外側のモノサシで測れる成果、
まだ今達成出来ていないジブンがいる。

スピプロ周囲を
見渡すと
目指したそのものを
既に手に入れているヒトもたくさん✨✨✨

輝いている❣️

ココでヒトとジブンを
比較する、
ということをすると
限りなく落ちこむ、だろう。

以前のジブンなら
このコースだ。

しかしワタシはワタシで
これまで達成したものがある。

そしてワタシのまだ到達してない
目指す地点は
かなり高い、ように見えている。

伝えるのに工夫が必要だし、
まだ誰もやっていないであろう内容だ。

しかしその高く見える地点に
この半年で間違いなく
近づいた✨✨✨

これを祝福したい💖🎉🎉🎉💖

で、次のスピプロ6期に参加するという

彼女にスピプロの
ハナシはしたことないし、
特に接点もない気がしてた。

ひょんなところから
ジブンの半年間、
改めて認めてもらったような
そんな気持ちになって
嬉しかったんだな😘😘😘

次のスピプロ参加者募集は
⇒ コチラ デス✨✨✨

これが最後のチャンス❣️

http://www.reservestock.jp/events/179005

4月12日水曜 森トラスト ランチタイムコンサートで唄います✨

4月12日(水曜)

森トラスト ランチタイムコンサート

ATT新館
(溜池山王駅、国会議事堂駅直結)

エントランスロビーにて
唄います。

Flamencoギターと唄のコンサートです
✨✨

ATT新館にお越しの方々に
昼休みタイムのくつろぎを✨✨✨

どなたでもご覧になれます。
観覧無料🍀🍀🍀

12時より。

演奏50分程度の
ボリュームがあります。

いくつかですが
椅子の用意もございます。

Flamencoの楽しみ
お伝え致します✨✨

詳しくは⬇︎
コチラ
https://www.mori-trust.co.jp/concert/schedule/att_new.html

ガルロチ*メルセデス デ コルドバのグループ

初ガルロチ。
コーフンしました✨✨✨

いやあ予想以上にヨカッタ❣️

今のFlamencoがどんどん古いもの、原点に
若いヒトほど激しく帰っているのかも✨✨

Figura(一座の主役)のメルセデス デ コルドバ✨✨

動きは今っぽいこともしているのに
昔の踊り手さんのような古式ゆかしい
雰囲気を持ち合わせ、

まるで少なくとも60才ぐらいの
貫禄✨✨✨😳😳😳

体も小柄。

Loli Floresとかの雰囲気、と言われて
そうだ、そうだ!
と膝をうつ。

そして後から
あのフェミニンな
女性の踊りの中の
もっとも女らしい踊り手

あのメルチェ エスメラルダも思い出した!

ほんとFiguraってやっぱり何かが違う。
ただうまい、とかではない。

存在の濃さが違うのか?

こちらに送ってくる周波数のようなものが
他の人とは違うチャンネルを
使いこなす存在✨✨

ギターはひとりだった。
へええ。

毎日ショーをやるのだから、
何かあったら1人じゃタイヘン!
と思いつつ。

あのヒトだったらかえってひとりがよいかも、
と思わせられる骨太で独自な音。

こういうのが好き❣️

ほかのギターの音が混ざらなくて
よいかもしれない、と思った。

綺麗だけどフニャフニャの音はもう
聞きたくないもんネ。

だからこういうの凄く嬉しい✨

そしてマリア テレモート❣️
半ば彼女の唄が目的で行ったのだ。

もう感慨深い✨✨✨

彼女のおとうさんは数年前に
亡くなっている。
まだ40代だった。

17歳の彼女が唄う姿は
どうしてもテレモート一族の
血の濃さを
感じさせ、

まっすぐ唄ってるだけのようで
どうしてもそれが出てくる。

立ち姿だけでも
テレモートイッホ(おとうさん)が
出て来て、

顔だってどうしても似てるから
それ見てよけい感じるのかもしれないが
テレモート一族のソレ❗️

死んでしまっても

決して一族の芸が
滅びることはないんだ

こうして代々受け継がれてゆくんだ

というさまを
まざまざ見せつけられた。

10年前にヘレスで
みかけたときは
小さい子供だったのに!!

ほかの踊り手、歌い手もヨカッタ✨

唄っているのは全純粋伝統的な唄のみ。
こういうのをやって欲しかった❣️

数年前までのグループには
ありえなかったと思う。

古いものを見て
たくさん勉強してるんだな、
とひしひし伝わってきた。

Flamencoが
ようやく元に戻ったという感じ、
ヨカッタヨカッタ✨✨

という報告でした。

ガルロチは
新宿伊勢丹会館にて
ほぼ50年の営業を終えた

エル フラメンコの後を継ぎ

スペインから来日するアーティストグループ
によるフラメンコショーを
毎日実施している

貴重な存在、
Flamenco タブラオです。

これまで エルフラメンコで
繰り広げられてきたショーを見ることで、

そして来日したアーティストに
習うことで
たくさん勉強させていただきました✨✨✨

※ガルロチの情報 詳細は ⇒ コチラ

3月16日木曜 カサ アルティスタで唄います🌸

3月16日木曜日🍀🍀🍀

荒木町 カサアルティスタ

唄いに参ります❣️

あとひと月もせず
桜🌸は開くのですネ✨

花粉でむずまずしながらも
待ちどおしいっ✨✨

カサアルティスタは
Flamenco専門のタブラオ✨✨

ショーは踊りと
店主 ホアン一色のギターソロを
中心に毎日2回。
(19時半、21時)

どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

カサアルティスタごあんない

カサアルティスタ
http://www.ole.jp/tablao/

 ⇒東京都新宿区荒木町3番地 駒ビルB1

最寄駅 四谷三丁目 4番出口より徒歩3分
お問い合わせ先 電話
03-6380-1535《夜》
090-3330-6340《昼》

フラメンコショー ①19:30- ②21:30-
ショーチャージ¥1000
ドリンク グラスワイン¥700~
パエジャは要予約

明日 3月11日 CASA ARTISTAで唄います✨

あす 3月11日 土曜日✨

荒木町 カサアルティスタ(CASA ARTISTA)
のFlamenco ショーに唄いに参ります。

いつもファミリアのように
仲のよい カサアルティスタ
レギュラーメンバーと。
楽しみです。         

カサアルティスタはギタリスト、
ホアン一色が経営する 日本最古のFlamencoタブラオです。
タブラオ、とはFlamencoの踊りのための
板づくりのステージが用意されたFlamenco専門の空間。

創業50年。
日本のFlamencoの歴史とともに、
いや、日本のFlamencoがカサアルティスタとともに、
歩んできたのでしょう。

数々のアルティスタ、フラメンコファンを生み出してきた素敵な空間。
多くのフラメンコ人がここを通過し、
今もここに集います。

カサアルティスタでの楽しみは
特にFlamencoファンだけのものではありません。

店主ホアンのもてなしは
初めて会ったのか 100回目なのかなど関係なく
分け隔てなく どなたさまにとっても 暖かい空間。
一度入って気に入れば
何度も行きたくなる安らぎの空間。

一昨年、新大久保より現在の地、荒木町に移転しました。
荒木町は
趣あふれる石畳の迷宮、歴史ある飲食店街。

神楽坂ともまた異なった気軽さ、みたいなものを感じ
どのお店も個性あふれ
どんなところ?と入ってみたくなるところばかり。

その中でも
カサアルティスタ、ホアン一色の個性は
出色、赤、赤、赤!!!でアリマス。

ここでのFlamencoショーはバイレ(Flamecoの踊りです)、
店主 ホアン一色のギターソロを中心に毎日2回。
(19時半、21時)

レイコは唄います。
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

下記へご予約大歓迎

カサアルティスタごあんない
カサアルティスタ
 ⇒コチラ東京都新宿区荒木町3番地 駒ビルB1
最寄駅 四谷三丁目 4番出口より徒歩3分
お問い合わせ先 電話
03-6380-1535《夜》
090-3330-6340《昼》

フラメンコショー ①19:30- ②21:30-
ショーチャージ¥1000
ドリンク グラスワイン¥700~
パエジャは要予約

3月11日(土)たま学びのフェア✿フラメンコのステージで唄います✿

直近のフラメンコはコレ!

町田を拠点に活躍する踊り手、阿部潤子さんの
スタジオ Levanteの皆さま、そして潤子先生のステージです。

普段それぞれの生活に勤しむ姿そのものが素敵で
そしてFlamencoを楽しみに、
生き生きと踊る女性達、そして子供たちに毎回心洗われています。

お近くの方、どうぞ多摩市民館 大ホールへ
お越しくださいませ!

※入場無料

※『たま学びのフェア』は
学びのフェアは、生涯学習団体や機関などによる発表や生涯学習機会を紹介するおまつりです。
地域の人々による地域参加のキッカケになる多様な学びの見本市です。

◆日時:3/11(土) 『たま学びのフェア』
◆場所:多摩市民館 大ホール
※向ヶ丘遊園駅から徒歩7分
フラメンコは14:20頃から40分間ほどの出演となります!

『たま学びのフェア』詳しくは ⇒ コチラ

カサアルティスタ ワールド (唄日記)

それぞれのセカイが
炸裂しておりました✨

一昨晩 (2月23日)カサアルティスタ
🍷🍷🍷

踊り手 たまちゃん
(大野 環 さん)
とも久々再会し
うたって感動

どんどんと深まっている
その踊り!

Flamencoで時を
重ねる人達に囲まれるって
いいわーっ💓

まちがいなく
一生やめられんもの。

2月23日(木)荒木町カサアルティスタで唄います☆彡

2月23日 木曜日

荒木町 カサアルティスタ(CASA ARTISTA)
のFlamenco ショーに唄いに参ります。

 この日の踊り手は 大野 環さん。
 
そしていつもファミリアのように
仲のよい カサアルティスタ
レギュラーメンバーと。
楽しみです。         

カサアルティスタはギタリスト、
ホアン一色が経営する 日本最古のFlamencoタブラオです。
タブラオ、とはFlamencoの踊りのための
板づくりのステージが用意されたFlamenco専門の空間。

創業50年。
日本のFlamencoの歴史とともに、
いや、日本のFlamencoがカサアルティスタとともに、
歩んできたのでしょう。

数々のアルティスタ、フラメンコファンを生み出してきた素敵な空間。
多くのフラメンコ人がここを通過し、
今もここに集います。

カサアルティスタでの楽しみは
特にFlamencoファンだけのものではありません。

店主ホアンのもてなしは
初めて会ったのか 100回目なのかなど関係なく
分け隔てなく どなたさまにとっても 暖かい空間。
一度入って気に入れば
何度も行きたくなる安らぎの空間。

一昨年、新大久保より現在の地、荒木町に移転しました。
荒木町は
趣あふれる石畳の迷宮、歴史ある飲食店街。

神楽坂ともまた異なった気軽さ、みたいなものを感じ
どのお店も個性あふれ
どんなところ?と入ってみたくなるところばかり。

その中でも
カサアルティスタ、ホアン一色の個性は
出色、赤、赤、赤!!!でアリマス。

ここでのFlamencoショーはバイレ(Flamecoの踊りです)、
店主 ホアン一色のギターソロを中心に毎日2回。
(19時半、21時)

レイコは唄います。
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

下記へご予約大歓迎

カサアルティスタごあんない
カサアルティスタ
 ⇒コチラ東京都新宿区荒木町3番地 駒ビルB1
最寄駅 四谷三丁目 4番出口より徒歩3分
お問い合わせ先 電話
03-6380-1535《夜》
090-3330-6340《昼》

フラメンコショー ①19:30- ②21:30-
ショーチャージ¥1000
ドリンク グラスワイン¥700~
パエジャは要予約

2月15日(水)荒木町カサアルティスタ Flamencoショーで唄います☪

2月15日 水曜日✨✨

荒木町 カサアルティスタ(CASA ARTISTA)
のFlamenco ショーに唄いに参ります✨✨✨✨

カサアルティスタはギタリスト、
ホアン一色が経営する 日本最古のFlamencoタブラオです。

タブラオ、とはFlamencoの踊りのための
板づくりのステージが用意されたFlamenco専門の空間です。

創業50年。
日本のFlamencoの歴史とともに、
いや、日本のFlamencoがカサアルティスタとともに、
歩んできたのでしょう。

数々のアルティスタ、フラメンコファンを生み出してきた素敵な空間。
多くのフラメンコ人がここを通過し、
今もここに集います。

カサアルティスタでの楽しみは
特にFlamencoファンに限定されたりしません。

店主ホアンのもてなしは
初めて今会ったのか 100回目なのかなど関係なく
分け隔てなく どなたさまにとっても 暖かい空間。

一度入って気に入れば、
何度も気軽に行きたくなる安らぎの空間となるでしょう。

一昨年、新大久保より現在の地、荒木町に移転しました。

荒木町は
趣あふれる石畳の迷宮、歴史ある飲食店街です。

レイコは
神楽坂ともまた異なった気軽さ、みたいなものを感じ
どのお店も個性あふれ
どんなところ?と入ってみたくなるところばかり。

その中でも
カサアルティスタ、ホアン一色の個性は
出色、赤、赤、赤!!!でアリマス。

ここでのFlamencoショーはバイレ(Flamecoの踊りです)、
店主 ホアン一色のギターソロを中心に毎日2回。
(19時半、21時)
レイコは唄います。

どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

下記へご予約大歓迎✨✨✨

🔴カサアルティスタごあんない🔴
カサアルティスタ
 ⇒コチラ
東京都新宿区荒木町3番地 駒ビルB1
最寄駅 四谷三丁目 4番出口より

お問い合わせ先 電話
03-6380-1535《夜》
090-3330-6340《昼》

フラメンコショー ①19:30- ②21:30-
ショーチャージ¥1000
ドリンク グラスワイン¥700~
パエジャは要予約

イタリアで見た過去生と〜ジケン 外編 7.5

ハート瞑想からと イタリアでの夢からの気づき。

葦だかヨシだか名前はわからないけれど。
そんな感じの草が水辺に生えている自然が身近な環境で
今暮らしていて、とても満足です。

そんな予感がハート瞑想を通じて、昨年この地に来る前、夏に予感があったこと、
そしてハート瞑想をきっかけにいろんなことに気づいたことを思い出しました。

またわたしは、とても大事なことなのに
「自分を大切にする」ってどういうことか、
とか「何もやらなくても価値のある自分」って
よくわからなかったのでした。
今でもわからなくなることがあります。

で、それを教えてくれたのが、子供のような
男の子の存在。
これまで何人かに会いました。

「スターサファイア エナジーワークの学びのために行ったイタリアのコースに参加した後の直後の事件(ローマパスポート盗難 その7)」

までようやく体験記はゆるゆるながら、続いていますが・・・。

この旅、2015年10月に、イタリアの前にFlamencoのための旅、
スペインはヘレス、少しセビージャにも行っています。
その時起こったことについて、改めて今気づいたことがあったので、書いてみました。

昨年の9月、13日だったか。
♡瞑想をリードしてくれた人にあてて、こんなメールを送っていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日から昨日までとすっかりモードが変わった感じがあり、何か象徴的に変わり目と感じています。
どうやら星だか月だかの巡りもそうらしいのですが、寝ている間に気づきました。

昨晩メールして気づいたことがあります。

私にとって 「男の子のジブンの子供のような存在」(わたしに実際子供おらず)は、
その彼(過去の恋愛)に限らずキーになるようです。
それに気づいたのは昨年秋のイタリアでの
スターサファイアエナジーワークのサガプリヤのコース中の雷でした。

(夢の中で象徴的に)その彼は雷で打たれて死に、新しいメキシコ人の若者がやってきました。
そのMさんは実在の人物で、不思議な出会いを4年前に日本でしており、
昨年サガプリヤのコース前のわずか10日間のスペイン滞在の間に、
奇跡的にも偶然彼はメキシコからやってきて、セビージャで会うことになったのです。

セビージャという街はスペインの南、
フラメンコ震撼の地なのですが、彼はフラメンコとは無関係です。

彼は日本でスペイン語の先生になりたいと、
そのための学びのためにセビージャ大学の大学院生としてやって来ました。

セビージャはローマとはまた違いますが、古いものや遺跡がやはりたくさんあります。
昨年Mさんと歩いていてローマ時代の遺跡の横を通りかかったときに、
その頃、だか昔もこの人に会っていた!
と直覚したような瞬間があり、立ち止まり、過去世ワールドに引き込まれそうになりました。

その近辺は、かつ昨晩話した彼と出会った17.8年前、
彼(過去の恋愛相手)についての重要な情報を得た場所でした。
不思議な事ですが、通りすがった男の人が教えてくれたのです。

車の通りもかなりある大きな道路の向こう側から、
私に向かって「お告げのようなこと」を叫ぶ、という不思議な光景でした。

ベージュのチノパンをはいた、ごくごく一般的なスペイン人に見えました。
結果的に、私はその重要情報を活かしきれなかった、
というか信じきれていなかった気がします。

Mさんについては、彼のようなスッタモンダな関係にはならないはずで、
何かわたしが教育⁉だか、気づかされるようで Mさんに会うと変化を余儀なくされています。
単に変わり目に彼が現れるという偶然、と言えばそれまでですが。

何というか天然エッセンシャルライフコンサルティング、のような状態になり、
これからやることを宣言し、それを実現して来ています。
Mさんにとってもそのようです。

話しは変わって、8月の「ハートの直観」の瞑想会で、
唄について書いたようであった「稲穂だかススキが枯れかけて茶色、もしくは紫になった絵」を書きました。

あれは葦(ヨシ)だったようで、
9月7日に高島屋に入っている和菓子屋さんの作ってる冊子のヨシの写真を見てそうだと気づき、
泣いてしまいました。

日本では茅葺きの材料になったりするのだと思いますが、
スペインでもそれが川原に映え、
其処で自然と共に暮らそうとしている男女の美しい話である詩を、
今自分が歌おうとしている事にも気づきました。

この葦の絵と、Mさんとの再会は関係あるようです。

というような色々な事に ハート瞑想を通じて 気づかせていただき ありがとうございます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スターサファイアが初めての方へ

スターサファイア エナジーワークとは?

第2回モニターセッションご希望の方募集中。

3枠となりました。

1月29日(日)我孫子駅(常磐線 上野より35分) 徒歩2分
 ⇒29日コチラ
http://www.reservestock.jp/events/165043

2月4日(土)上野駅 徒歩5分
4日コチラ

2月12日(日)午後 上野駅 徒歩5分
12日コチラ

スターサファイアのご質問、
どうぞお問い合わせくださいませ。