エスペランサ Latido al Cante ライブ報告✨

自分らしさって何かねぇ✨👀

先日 高円寺エスペランサでの
Latido al Cante 25.

たくさんの唄う仲間たちとともに唄う💓
ふだん中々ないそんな機会に
そう思ったんだけど

結局ねー。

ただリラックスして楽しんでるとき🤗🤗🤗

自分で居られるんだなぁ
って感じたわ✨✨✨

こういうときは
たくさん緊張もするんだけど

お互いたくさんのハレオ、
かけ声で応じたり

何せ いらしてくださってる客席の
お客さま方の存在感が凄い✨✨✨

どんなに底から支えられたことか

なんかもう
お祭りみたいだったわーっ

これまでココ
Flamencoの歴史がぎゅーっと詰まっている
エスペランサで
ありがたくも歌う機会いただき
✨✨✨
いろんなことあって
いろんな経験させてもらって

なんだかあの日は
皆のおかげで
これで エスペランサ自分史 ひと区切り、
という気がしました😃✨

ほんとにありがとうございます✨✨✨

2部には オブレゴンのセビジャーナスを
唄い、トップバッターだったので
後は皆の唄を
お客さんのように楽しんじゃった✨
そしたら皆の写真撮りたくなってきて。

皆 うたってる姿がかわいいなー😍
ってなって。

誰か歌って泣いてたみたいで。
そんな声が楽屋から聞こえた気がする。

べつに声かけたりしなかったけど
その時
その人と
すごく共に居る感じがしたわ💕

またこの日はお世話になった
ハエンの唄い手、
ロサリオ ロペスの命日でもありました。

私達をJAEN、そしてANDUJARに導いてくれた
ロサリオ✨

彼女の優しく 力強い唄声に
どれほど慰められたかを
思い出しました✨✨

ありがとうございます💕

8月18日土曜✨高円寺エスペランサ Latido al Cante por25に出演✨

高円寺エスペランサ Latido al Cante por25
【フラメンコ カンテソロの競演~6名の唄い手が勢ぞろい】

2018年8月18日(土)夜8時と9時15分
場所:高円寺エスペランサ(高円寺駅南口より徒歩5分)
チャージ:割引券で5000円。
※エスペランサHP(http://tablaoesperanza.com/esp_map.htm)より印刷可。
※レイコにご予約いただければ用意致します。
(フリードリンク飲み放題、タパスつきです)

カンテソロ:濱田吾愛、森 薫里、松林由美、
福田加弥子、松岡恭子、
レイコ シミズ サンギート

ギター:木南利夫、尾藤大介

予約⇒メニューから「問い合わせ」よりレイコまで。
またはエスペランサ(電話03-3316-9493夜間)

エスペランサ地図: HP(http://tablaoesperanza.com/esp_map.htm)
エスペランサ住所:杉並区高円寺南3-45-10

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この度は
Flamenco唄い手が勢ぞろいする
latido✨
唄の祭典的催しで

いつも 独演ライヴで伴奏していただいている
木南利夫さんの伴奏で
唄わせていただきます✨

どうぞフラメンコの老舗
高円寺エスペランサで
お楽しみくださいませ😃😃😃✨

8月25日 エスペランサFlamencoライヴ

ギター、カンテ、踊り手による
賑やかなクワドロフラメンコショーです。

エスペランサは創業50年近い
Flamencoタブラオ✨✨✨
(Flamenco専用の舞台の床があるお店です)

それぞれFlamencoを愛してやまない
個性溢れるメンバーが
この日のために集います。

レイコはカンテソロ(踊りでなく唄のソロ)で
出演致します。

いつもどこかで皆
活躍を目にしている面々。

だけどこのような組み合わせで
臨むのは初めて✨✨✨✨✨

何が起こるか ワクワクしています

またこの日
いつも独演ライヴで伴奏してくださる
木南利夫氏はもうひとつの顔✨✨✨
バイラオール(踊り手)の姿で登場

楽しいFlamencoの時間を共に過ごしましょう。

どうぞ お気軽にお越しくださいませ。

※主催は 高円寺エスペランサ です。

8月25日 金曜 20時 と 21時15分 開演

バイレ :木南利夫 福士美帆
カンテソロ: 清水玲子

ギタリスト: 逸見 豪
カンタオーラ:佐々木紀子

チャージ: ¥4.000-(1ドリンク、タパス込)
※割引券ご持参で¥3.500-

http://tablaoesperanza.com/
(上記エスペランサHPより割引券プリント可、
レイコにご予約いただければ用意致します)

場所: 高円寺エスペランサ(高円寺駅 南口徒歩5分)
杉並区高円寺南3-45-10

ご予約: 問い合わせより レイコまで。
もしくは
03-3316-9493(夜間 エスペランサ)
03-3383-0246(昼間 セルバ)

古いFlamenco好きの集会と6月23日(金)阿佐ヶ谷独演ライヴ情報🌹

昨晩は お客さまの前での
Flamencoショーではなく

自分達が唄って楽しむための集会

特に古いCante(唄デス)
が好きな人達の集まりは
誰ひとり似たようなヒトはおらず
それぞれが濃いエキスに満ちていて

動物園ドコロでない
種類の豊富さだ

この環境で 「では自分は何❓」
と言ったところを
ドーンッと保っているのは
わたしにとって
なかなかむずかしい、と感じてた。

その濃い仲間、諸先輩方の前で唄う
というのは
お客さまの前、という以上に
プレッシャーと緊張感の源泉だった。

Flamencoの現地スペインの
同好会や、
そこに居る現地ARTISTAの皆さま
の前なら
常識的にはそれ以上の緊張のはずだが

実は この日本の同好の集まりの場に
より緊張している自分を発見した
ことに、驚いたこともあった。

ここでわたしは
Flamencoのいろんなことを
先人達に伝えてもらい

いわゆる教室とかレッスンで得たものとは
また違う
そしてそれこそ求めていた必要なものを
インプットしてもらった

生きてる、って感じだね。

楽しい、というか
今ここに自分をひきとめておこうよ、

と誘われた音楽
(という定義でない、という気もするが)
はFlamencoだけで

ほかのものは要らない

✨純粋にFlamencoと感じられるもの✨

それがどういうものかは
またヒトによりけり、のようだけど

言い換えれば
自分にとって真実味があるものだけが

わたしを満たしてくれる

本当のところに到達する前に出てくる
緊張や恐れを見ることを
嫌がっていた

でも それを切り離そうとすると
すべてが軽いだけになってしまう、
とも気づいた。

わたしが欲しいのは
そういうのじゃない。

いまも
生き生き 生きてる感じの
歓びとともに
この緊張がないわけではないけれど

今はもう以前より
自分と繋がる方法を知ったことで
前とは全然違ったように感じてる

集会が行われている
高円寺エスペランサ はまた
お客さまの前実践の場として
40年以上の歴史ある
Flamenco専門のタブラオである。

ここでの学びも続けさせてもらってる。
いろいろあった!
そしてこれからも。
ありがとうございます✨

http://tablaoesperanza.com/esp_shop.htm

次回高円寺エスペランサでの
出演は
8月25日金曜日
カンテソロを。
ふたりの踊り手さんも出演の
賑やか華やかなFlamencoショー✨

その前にーっ

まずは来月阿佐ヶ谷での
レイコ独演でのCante Liveだぁああ❣️

✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽✽
次回 Cante Flamenco レイコ独演ライヴ

6月23日(金)
阿佐ヶ谷 天
http://asagaya-ten.com/about.html

7時開場 7時半開演
チャージ 2,000円+オーダー

出演:
カンテ:レイコ シミズ サンギート
ギター:木南利夫

レイコ独演スタイルでの
カンテ ソロ 4回目のライブとなります。

このたびは
初めて ライブハウス 阿佐ヶ谷 天
でお世話になります。

北口から50メートルほどの駅チカ、
賑やか✨周囲の飲食エリアも楽し

✨このたびは阿佐ヶ谷で
みなさまのお越しを
お待ちしております✨