タイ瞑想旅行記2017-18❻「つながりたい」という欲望と「親密さ」という本質✨

このワークをしたのは
今からひと月前、11月初旬。
タイに行く、と決めて数日のころだ。

自分の中の内なるふたり、男性性と女性性のエネルギーを見る
スターサファイア エナジーワーク✨💎✨

わたしにとってとても大事なワークだが
タイに行くこと、タイでの瞑想とコレは
直接関係はないと思っていた。

前者は瞑想をベースとしたセラピーであり
後者は座る瞑想そのもの、である。

座る瞑想、と言っても
このボブ フィックス氏の瞑想は

マントラやヤントラの
持つエネルギーが伝わってくる、
という意味では

エネルギーワークのようだ
と感じるところもある。

今年もタイに行く、と決めた数日後に
ヘルパーとして参加したスターサファイア
コース1日目で、以下のようなものを見た。

具体的にタイ行きと関係あることは
2日目に偶然(その時見るべきものが出た、という意味では必然的に)出てきた。

そのためにこの1日目の発見が
下地にあったのだ。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

自分の中にある
「つながりたい」という欲望😳

誰にもあるそうです。
わたし達は母親とつながっていたのが
わかたれて生まれてきたのだから

スターサファイア エナジーワーク✨✨✨
で今日はこれを見ました。

「ひとりあること」が出来るかどうか

それは孤独とか
他と自分が分離してる、ということでなく
人と居ても

自分が自分であること
自分のエネルギーで生きること

最近日々それを試されることに
たくさん出会ってます。

つながっていたいから
ほかの人にエネルギーを投資したり
本来の自分の仕事を脇に置いて
相手を喜ばせようと
サービスしてたりすることに気づく

ああ わたしは自分自身に
戻り
まず自分を大切にして
自分本来の道を歩まなければ

一方
「親密さ」という本質を発揮したい
というのはまた別にあり
それは相手が誰でも、いつでもやらなくていい

どういう関係で居たいか選べるし
(相手はそれに応じるかはわからないが)

そもそも関係性は相手を選ぶことが出来る
選べばよい、
という選択肢があることも
思い出す

ああ 知っていたはずなのに

スターサファイア エナジーワークは
何度も 何度も
思い出させてくれ
気づかせてくれます

よい秋の日でした😃✨

ありがとう💕

タイ瞑想旅行記2017❹~ここに至ったこれまでの瞑想の経緯

これを書いている今、
この2017年のチェンマイへの旅からもう1年がすぎている。

そして半月前。
わたしは再びタイはチェンマイのボブ フィックス氏の長期瞑想への参加を決めた。
2018年11月の後半から。長期といっても10日ほどだが。

昨年9月、始めてこのELM瞑想の伝授を友人よーきーから受けたわたしは
どんな瞑想生活になるやら よくわからないままタイに赴いたのだった。

わたしはそれまでOshoの瞑想、特にアクティヴ瞑想のおかげで
リラックスする、そして観照する、自分自身を見る、
ということがわかってきたと感じている。

それまでの過程にはやはりOshoの元で瞑想した先生達による
さまざまなワークや瞑想があった。

最初の入口はオーラソーマ。2007年11月。
ちょうど11年前だ。Oshoの元に居たヌラのコース。
今思えば
これは本当に門を入る、入門のためだった。
オーラソーマの86番、オベロンのボトルで瞑想への扉をくぐった。

そしてまずは自分を救いたい、という思いから
結果、を深めるための出会いとなったのが
ハート瞑想をベースとしたヒーリングである
サトルボディヒーリング。
2010年だった。

ここでハートを感じ、受容のスペースというのを知ったことは本当に大きかった。
先生はOshoの元に居たリーラ、プラサード、アルヴィナ。

そしてやはりOshoの元に居たサガプリヤが創始した
スターサファイアに出会ったのが2013年。
サガプリヤの弟子である まてぃが、
日本で初めてスターサファイアを教え始めたそのコースに参加したのである。

スターサファイアは
自分の中にふたりの人物が居るように、ふたりの人格のように主要なエネルギーが内在し、
どちらかが主導権をとり、その人の人生をふたりで運営し、成長しあう、
という目からウロコ、以上のものが落ち、
それまでまったく聞いたことも見たこともない画期的なエネルギーワークだと感じた。

その自分に内在するふたりインナーマン、インナーウーマンを理解することで
自分への理解と気づきの方法を知ったわたしは
「自分にあった探求の方法に出会うことができた」という喜びと充実感を味わった。

瞑想、それはわたしにとって「自分を探求すること」だったのである。

昨年2017年9月のサガプリヤの来日。
もうこれで最後、とサガプリヤは言っていた。

2015年のイタリアのスターサファイアエナジーワークのギバーとなるコース(2年目)で
「あなたの中のインナーマンがインナーウーマンを攻撃する戦いの人生。
それが今のあなたの人格の基本構造です」
というサガプリヤの言葉に
号泣したわたし。

それまでの苦しみは「自分が自分を攻撃していた」とわかって
大きなショック、しかしこれまでわからなかった苦しみの理由に光があたることは希望を見出した喜びにも溢れた。

そこにあった過去生。それは別の機会に書いた。

それから2年立った昨年。
9月日本でのサガプリヤの5日間のコースは30人以上の探求心に満ち満ちたメンバーで溢れていた。
メンバーの中で最後にサガプリヤはわたしの両足とチャクラ、オーラをリーディングしてくれた。

「レイコ、あなたは最後でよいわね?
 わたしはこのメンバーの中であなたのことを直近 最もよく知っているのだから。」
 
というあの時のサガプリヤのセリフが忘れられない。

そのサガプリヤのリーディングの結果。
わたしのインナーマンがインナーウーマンはもう戦っていなかった。

これも別の場所で述べたが~

戦っていないがしかし。
これがまたショック。

わたしの中のインナーマンとインナーウーマン。
ふたりはつきあってもいない、状態だったのだ。
もちろん一緒に住んでもいない。

この時わたしのインナーマンは「道を楽しそうに歩いている路上生活者」
インナーウーマンは「お屋敷に住みたくさんのモノに囲まれそれらに助けられてる貴族の女性」

生活も価値感も違いすぎるふたり。
そこまで内在する男女に違いがあると、それは普通の男女のつきあいと同様に、
つきあっていくのはむずかしい、とサガプリヤは言う。

じゃあいったいどうしたらいいの?!

それがわたしは知りたい!!

サガプリヤがわたしのインナーマンに尋ねる。
「あなたは彼女のお屋敷に行って一緒に居たい?」

レイコのインナーマン「まあ行ってもいいよ。」

サガプリヤ「彼はさほど行きたくはありません。皆さんも見ててわかりましたよね?」

次にサガプリヤがわたしのインナーウーマンに尋ねる。
「あなたは 彼と一緒に路上で暮らしたい?」

レイコのインナーウーマン「そんなの嫌よ!」

メンバー一同は爆笑。

観照者の席(インナーマンとインナーウーマンのふたりを見ている自分)に戻ったわたしに
サガプリヤは聞いた。

「あなたはどうしたいですか?」

レイコ「わかりません!」

この先の展開はまったく予想していなかった。

サガプリヤの応えはなかなかきびしい、というのがこれまでの感想。

ところがその時の応えは

「じゃあ待ちましょう!」

だった。
拍子抜けするようだった。

成長を待つ、という忍耐。
それも時には必要なのだ。

さて、このサガプリヤの5日間のコースに入る
10日ほど前にボブフィックス氏の瞑想をよーきーから伝授してもらっていた。

ボブフィックス氏初めて会ったのは2ヶ月前の7月だった。

(つづく)

タイ瞑想旅行記 最初のハナシはコチラ ⇒ タイ瞑想旅行記2017➊

スターサファイア エナジーワークとは?

タイ瞑想旅行記2017-18❼もう恐怖は去ってよい☆スターサファイアで突然の発見☆

うー😳
コレは大事なモノか 要らぬ荷物か⁈

このところ
目の前のモノ、だけでなく
何もかもを判断しつづける毎日。

先月誕生日に冷蔵庫壊れて以来
断捨離に次ぐ断捨離
せまられる。

15年使用した冷蔵庫の入れ替え

自分の歯のアマルガム除去
(どうにも痛くなったから 必要にせまられ)

築40年 マンションの
排水管の切断伴う1日がかりの大清掃

アマルガム除去は思いのほかの
大がかりで
放射能汚染物質を取り出すかのような
防護。

この時のマスクと防護メガネで
また 昨年タイ帰り飛行機での
閉所恐怖を再発。

昨年10月タイの前には

3年前イタリア サガプリヤの元での
スターサファイアコースを受けたあと

結局そのコースを受けに行った目的であった 内なる男女の戦いの理由~
そこで見た過去性を体現するかのように 
ローマのドロボーに殆どをうしない

その帰りの飛行機で最初の閉所恐怖
が下地にあった。

わたしの怖がりぶりに
「マスク使用せず」の歯医者さん英断
さらに歯2本の除去作業を一本だけで中断。

来週末、11月18日からタイに瞑想に行く決断したばかりのところにコレだ。

どうしようか、と途方に暮れる。

その数日後
スターサファイア エナジーワーク
ギバーのコースにヘルパー参加の機会あり。

ヘルパーと言いつつ
自分自身の内なる男性性と女性性も
とくと見る👀👀👀

ココでまさか閉所恐怖について
答えが出るとは思わなかったのに‼️
なんてこった!

その少なくとも一端、もしかしたら大部分が
判明😳😳😳😳😳😳😳

理由は
レイコの男性性のとんでもないほどの使命感
によるプレッシャーからだったのだ‼️
(つづく)

タイ瞑想旅行記2017-18❺再びタイへ行きます✨きっかけは体感

チェンマイゆき チケットやっと予約した✨😘

3年前 ローマ帰り

昨年 チェンマイ帰りの

閉所恐怖の3たび発症の恐怖
ほかにもガッツリ経験した痛みやら何やらで

なかなか
また飛行機に乗る気になれず
決められなかったのに😳

きっかけは
久方ぶりに見に行った スペイン国立バレエ団✨
東京文化会館5階で
閉所?高所恐怖?再発

で タイで瞑想の旅ゆき決意

怖い思いしたのに なぜよ?
普通は逆にやめると思う

きっと怖さを
体で思い出せたから

体感した自信ゆえ。

体感ってすごいよ😳😳😳

何かが変わらざるをえない。

突発性難聴日記😮その3/鍼治療

さすさすさす。

アタマや首をさする優しい音。
あ〜ゆるむ。
指圧とか 色々苦手なわたしには
代わりにさすってくれた。

この治療院では鍼の前に
そういう時間があった。

優しいっていいね!
うん、自分をいつもさすってあげたい、
と思った。

涙が出てきた。

やっぱり
疲れてたんだな
まだまだがんばってたんだな

そんなことに気づいた瞬間だった。

あ〜もうあまり来ることないと
思ってた新橋で。

ところで
なんだか右の奥歯から
何やら出てきてる気がする

右眼だけで書類を見ると
なんだかボケている。

耳が左なら
それらは右。

かつて覚えのあるカラダの不具合箇所が
いま再度もの申す。

そんな感じだ。

実は右の奥歯は
昨年タイの瞑想から帰って来て
痛みがあり
近所の歯医者に駆け込んだところだった。

その時確か
「抜くしかないだろう」
と言われた。

しかしながら
その歯医者からは怖くなって
逃げるように
出て来たのだった。

清潔で 親切で 優しく 丁寧な
歯医者さんだったと思う。

それなのに。

わたしが怖かったのは
顔にかけられたタオル!

もちろん言って
とってもらったのだが

心臓のバクバクは止まらず、
その歯医者の近くを通るのさえ
しばらく怖かった。

わたしは2年半前にイタリアから
帰って来る飛行機の中で
初めて閉所恐怖を発症した。

その2、で書いた
イタリアに居るサガプリヤの元で

スターサファイア エナジーワークを
学ぶためのイタリア行きだった。

成田に着く1時間前に
急に飛行機の狭さを感じ
「降ろしてくれーっ!」と
叫びたくなるように感じた恐怖。

それをなんとか乗り切れたのは
車中で「ハート瞑想」をしていたおかげだった。
それについてはまた別に。

あの頃は2度と飛行機に乗れない、
そう思っていた。

それが昨年9月
性懲りもなく 飛行機に乗った!

タイのボブ フィックス氏の
元での長期瞑想の一端に
友人 よーきーが誘ってくれたから、である。

このタイ行きは
わたしにとってとても大事な機会だった。

自分がよくも都合よく
コロリと 飛行機の中での恐怖を忘れらていられた、
と思う。

で、タオル掛けの恐怖から
逃げてきたあとは
痛みもおさまり またわたしは右奥歯を
放置していたのだった。

(その4 へつづく)

※最初のハナシは「突発性難聴日記 その1」

タイ瞑想旅行記2017❸-初めてのチェンマイ

2017.9.25の夜。

チェンマイのホテル 無事着来ました。

何をやるのか(瞑想だけど、どんな?)
どんな生活か

わからないまま。

着いて初めて知ったスケジュールは

いきなりあさって昼までサイレンス。

誰とも話さず目も合わせない。
食事は時間になると部屋に届けてくれる。

なるべく寝るより瞑想。

基本はこれまで
(といってもまだ
この瞑想初めて2週間)
家で1回30分やってたのを
24時間無制限にやってよい、
とのこと。

コレを聞いた時のキブンは〜
「ウシシシ!やった❣️」
という感じ。

嬉しい、と共にやって来た
チョット罪悪感。

毎日アクティブに遊びまわるより
これはゼイタク、
という自分の感覚に驚いた😳😳😳

瞑想のほかにも
ヨガや呼吸法を
組み合わせて好きなだけやり

レクチャーの時間に
先生であるボブ フィックス氏に
シェアしたり質問をする。

新しい瞑想の機会が数日に一度あり、
それを自習で実践、の繰り返し。

そんな感じ。

ホテルはチェンマイの空港から
車で15分位のところ。

迎えの人が「名前のカードを掲げて待ってる」
とのことだったのですが
わたしの名前は見あたらず。

居なければタクシー呼ぶ、
その支払いはホテルがする、
と聞いてたので
そうあわてはしなかったけど

出待ちのスペースを3回ほど回ったあと
横に佇んでいたタイ人のおじさん。
30秒ほどお互い無言でただ立っている。

そのおじさんに行き先を聞かれ
「ゴールデンキューピッドホテルへ行く」
と告げた。

すると、
「ではあなたは
キョウコか?
トモコか??
ヨウコか???」

と違う名前を連発!

最後にアイパッドの画面を見せられて
ではあなたの名前コレか?と。

Shimizu Reiko
とあったのでついて来たけど
まだ一抹の不安あり。

そんな気持ちのとき
「昨日あなたの友達キタヨ」
とおじさん言う。

そして
「皆でお寺に行ったときのだよ」
と今回の導き手
よーきーも居る
動画をアイパッドで見せられた。

ここまで証拠揃って安心

そんな感じ。

タイはヨーロッパに比べたら
ほんと近い。

バンコクまで6時間。
そのあとチェンマイまで1時間。

人びとおだやかなあかるさでやさしい。
居心地よさそう。

ヨーロッパは異国。

ここはそうではない、
おとなりという感じ。

というスタート。

帰りはギリギリまで瞑想の予定。
たぶん街に出ることなく空港戻りの予想。
買い物もその時くらいかな。

それではシャワー浴びて
いざ瞑想はじめます。

ボブ フィックス氏のセッションで瞑想ライフ終了ーチェンマイにて。

タイ 最終日(まだおととい)

瞑想ライフの最後

トドメの一撃は
ボブ フィックス氏のセッション✨✨✨

グワーンッ
グワーンッ

えーっ⁉️
えーっ‼️

そうだったのかあああ、

いやいや
これからわたしの人生どうなるの❣️

もちろん
自分しだいですが。

11年前に
母を亡くして以降

いろんな師 導き手が
目の前に現れます

そして この世を
去ってしまった師も

チェンマイで
瞑想しながら泣いてた夜
もありました

サトルボディヒーリングの師である
リーラが肉体を離れたー
その知らせを受けたのです

ヒーラーになる儀式のすぐあとに

わたしはこれから
サトルボディヒーリングをシェアして行きます

リーラが送ってくれた おおきなハート
受容の質

受けとりました

あまりにもシンクロニシティ
激しいタイミングでした

そしてこのたび この出会い
大衝撃でした

感謝しています✨✨✨✨✨

ボブ氏のサイト⬇️

Opening your Divine Heart

タイ瞑想旅行記2017❷ー路上生活者と貴族の同居

冒険と安全安心。

相反するこのふたつを
同時に求める
自分が居る

あすタイゆきで
飛行機に乗るが

2年前のパスポート事件で
帰りの機内で強烈な閉所恐怖の瞬間を
味わったことを思い出した!

昨日はすっかり
引きこもりモードになって

予定していた渋谷に出掛けたくない、
家と周囲のテリトリーだけで過ごしたい!
となり
そんな自分の言うことを聞いてあげた。

わたしの特徴は
冒険好きで
新しいものどんどん知りたい気持ちと

すっごく怖がりで
内にこもって何処にも行きたくない

それが同居していることだ。

ところで先日
今のわたしの
男性性のキャラクターを比喩で描写した
サガプリヤの表現は

「路上生活者」‼️

しかもそれは致し方なく、ではなく
「好きでやっている」らしい・・・。

「そういうヒトをアメリカでは◯◯◯、
というのよ」とサガプリヤ。

◯◯◯、は忘れた。

一方
今のわたしの内なる女性性は

「貴族的でエレガントな女性」

彼女は家の中に居て
よきいろんな物に助けられて
生きている

このふたりがどうして
相入れようかぁああっ

なにせ2年前、イタリアで
リーディングしともらった
わたしの女性性は

アフリカ経由でスペインに入って
イスラムの時代を築いたモーロ人の
身分高く豊かな家に生まれた子供

しかし持っていたものをすべてうしなった、
そんな人だったのだ。

サガ「カクカクした形のお城〜
スペインにそういうお城があるのか
わたしは知りませんが」

サガプリヤが2年前にわたしの左足から
そんなビジョンを見ていたこと
今回知った。

それは
まさしくグラナダは
アルハンブラ宮殿に代表されるような
イスラムの建築の特徴である。

イスラム、モーロ人の感じ
それは今は薄れているが

優雅さ
文化や知識の香り
それを伝える役目も担っている
貴族的な感じ

それは今も変わらないらしい。

(タイ冒険記、として続けます)

続きはコチラ⇒タイ瞑想旅行記2017 ➌

タイ瞑想旅行記2017❶ーパスポート写真事件

タイ❗️へ
まだ出発出来ると
決まってないが〜。

10日後に出るのだから
パスポート申請のリミットは本日😳!
と知ったのも昨晩。

今朝は朝早くから
神奈川県の戸籍謄本を本籍地に取りにゆき
昼飯抜きで
千葉県の旅券事務所へ

飯抜きしなくても
ギリギリ間に合いそうだが
4時半まで、
とはオチオチしていられない気分なのだ。

ココでの
パスポート用写真撮影は
事務所入り口にあるスピード写真機。

ローマはテルミ二駅地下で
盗難にあったパスポート再発行用
写真撮影以来、2年ぶりだ。
(詳細はメニューより
「イタリアで見た過去生と直後の事件」へ)

ココは日本。千葉県。
イスラムのベールを被った女性は
写真撮影の列にいないが
外回り中のサラリーマン、
スピード写真撮影初めてという おばあさまなど
それなりにまた混んでいた

ローマでは
盗難にあった後の疲れの見える顔に
混んでいるのに
取り直しをしたものが
今度は一発撮影上出来!

と思った写真を手に持ち
手続きに進んだ

手続きでは まず
前回2年前
ローマで発行され パスポート代りに
これを持って帰国した
「帰国のための渡航書」にVOID、
と穴が開けられた。

途端、スーッとした!
これで何かが終わったのだ、という感覚だ。

奇しくも今晩は
あの2年前のローマの事件直前✨
アッシジ近郊で
半月のスターサファイア
の学びでお世話になって以来、

来日したサガプリヤに
ナイトイベントであいまみえるのだ💕

もう人生は次の段階なのだ。
過去のジブンではない!
あぁ それに 寂しさも感じる。

「しみずさーんっ」
手続きの順番が来た。
すべては順調だ。

係りの人「あのお、この写真に
くもりがかかっているんですが〜☁️
撮り直しされますか?」

へぇ。そんなの気づかなかったなぁ
とよくよく見たら〜😳

わたしの右ほお〜右顎に
煙が渦まいているではないか!

光の反射、というより煙、のようなものの
写りこみ。

「コ、コレどうして写ったんですかねぇ!」
わたしは息を呑み、どもりながら
係りの人に聞いてしまった。

係りの人「たぶん画面が汚れてたんでしょうねぇ」

そう応えてくれてホッとしたのだが〜
「よく言う心◯シャシン、って
こういうんじゃないのお⁉︎」
という思いが拭えない。

わたしは即、
「この写真でいーですから」と応えてた。

これから5年間 心◯シャシンみたいな
顔のパスポートでよいのかあ!
と思いありつつ

今日受理してくれないと期限までに
発行されない、という背景事情に
もうどんな写真でもOKよ

大体タイには瞑想しに行くのだから
一緒に何かが写りこんだって
不思議じゃないもんね。

完全開きなおりだ。

さて、次の段階の係りの人が〜
またまじまじ写真を見つつ
「コレは 印紙売り場の係りの人に言えば
無料で撮り直しさせてくれると思います」
とのこと。

それほどか❗️
いや、それほどだ。
よくよく見たら この写真。

かくして係りの人の付き添いのもと
再撮影となった。

画面を
「あら 汚れてないわね」
と言いつつクリーナーで拭いてくれたり
撮影位置を調整してくれたり
至れりつくせり。

今度は無事成功✨✨✨
ありがとう。
やっぱり撮り直してヨカッタ!

で、その雲のかかった写真。
「コレはこちらで回収させていただきますネ」
と係りの人に持ってかれた!

まあ無料再撮影なんだから
そうだろう。

皆に見てもらえなかったのがチョット残念。
あの写真とともに
何かが成仏するよう祈るばかりだ。

で、くもりの原因は〜。
後から別の係りの人が言うには
「あーっ!そのクビにかけてる宝石の反射では?」

「よく光る石だねぇ」

そりゃそうよ!
5年前に初めて瞑想のために行った
初インドはプーナ
で買った アメジストなのだから💜

この石の反射?
そうかもしれない😳
そうでないかもしれない😳😳

以上。

続きはコチラ⇒タイ瞑想旅行記2017 ➋

タイでの冒険ーその1

1年前の夏の終わりのきょう 書いたこの記事。
今朝続き書きました。

サガプリヤのスターサファイアのワークで
たびたび出てくる
わたしの男性性の「冒険心」。

元々はこういうトコロに現れていました。

それがやがてFlamencoの旅につながって行きます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

久々 タイレストランに入って
思い出した。

ウン十年前に フラメンコの踊りの教室で 仲良しだった友達とふたりで夏休み旅行でタイへ。

その頃 残業100時間とかしていたわたしは バンコクで高熱出してた。

「ダイジョブ ダイジョウブ〜 銃声に追い立てられれば 高熱あったって逃げれるよ〜
あははは〜〜」

というカンボジア人のガイドさんに励まされ、
旅程どおり プーケットへ移動。

そこは〜。
文字どおりのリゾート地、周囲にエンタメ何もなし。カップルで来たのでもない若者の私達には
「つまらないな〜」という第一印象だった。

何もないから 当初数日寝ていたおかげで元気も回復。

それにしても私達の部屋の横がダンスホール⁉︎(というのだろうか、ディスコではなかった。ジブンに無関係)
の騒音がうるさい。

部屋を変えてくれ、とリクエストしたが、叶わなかった、と記憶している。

それを毎朝、朝食時に顔合わせて なんか親しみを感じてた従業員(若者男子20代 2名)、に訴えた、とも記憶してる。
ついでに
「毎日海辺でゴロゴロしてるだけでオモシロイ?」
「いや ゼンゼン! なんてタイクツなの!ココは!!」
という会話になった。

〜〜〜〜

で。

彼らふたりは翌日だか、翌々日だったか、一緒に休みを取る画策はじめた。

私達に「街まで案内するよ! 一緒に遊ぼうよ❗️」と。

むむむむ。楽しそう❣️

続きはまた✨