唄声は内側の宝石への通り道 por9.独演ライヴ報告✨

光がいっぱい✨

小さな 独演ライヴを致しました。

夜の花火大会とともに🎇🎇🎇

「唄声は内側の宝石への通り道💎」
であればよいな

存在への通り道となってフラメンコを唄う

そんなビジョンを見たことが
きっかけで始めた ひとり唄うライヴ。

最初友人達に背中を押され
自宅で始めることから出発したのです。

そして色々な場所で
させていただくようになりました。

いろんな方々に出会い、
知らなかった場所へ導かれるように
なりました。

今回、9回目の独演ライヴは
みたび 最初の場に戻り
親しい方々をお迎えする親密な場でした。


共に ごはん
共に 夜は浜辺で花火🎆🎆🎆

大きな声だねーっ!

とも言われますが

わたしは唄っていて

とても静寂な中に居ました。

そしてまた
目の前の皆さまもそうだった、
と聞いて

よかった✨
ひとつの同じところに居れたのだ、

と確認し、安堵しました。

一方
後で録音を聴くと〜。

ガックリ、
いややっぱり、
ともがきまくりです。

技術的なこと
出来るようになりたいことがまだまだ、
という見地から見ると
ヤマのように もっとよくしたいことが
あります。

それだけ追っていくと
人生終わるまでに追いつかない。

それを出来ない、と攻めていると
まったくハートを開けなくなる。

ということがわかったから

どんなに まだまだ、とか
出来ない、という思いのある自分も
もう抱きしめながら進むだけ✨✨✨

さて、
独演10回目に向けて
歩み始めます💓💓💓

ボブ フィックス氏の瞑想から✨

これまで自分が瞑想を通じて
やってきたこと✨

まちがいぢゃなかった!
(実際 何もマチガイなんてないけど)
って感じれた昨日の体験❤️

平和を携えたまま瞑想から出てくる
そのままずっと過ごす

言葉で言うと それだけなんだけど
それが出来てればもういい。

手から煙がもうもう出たり
(という感覚ネ)
あたま、オデコのあたりにワッカが
はまっていたり
頭頂に何かがやってきてぐるんぐるんしたり

わたしにとっては
あまりにも体感激しく
驚いていた ボブ フィックス氏のCDを使った
瞑想。

昨日初めて 生ボブ氏体験。
昨日はボブ氏 本人が
今ここでチャンティングしながら。

すごくよくて
とても満たされた。

それ以上に昨日よかったのは
これまでやって来たハート瞑想(=サトルボディヒーリングの礎)、
やサガプリヤのワークや瞑想を通じて

確信を持てるようになっていた自分に
気づいたことだ。

わたしココからなんだ✨✨✨🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌❣️

今ココ、の楔が打たれた地点。
それが昨日だ。

死にたい は 生きたい〜サトルボディヒーリングからの体験〜

(同日Facebook投稿に同じです)

「安らかな死」。

わたしにとって大切なものは何?

と言う問いかけの究極で 最近よく出てくる
求めている本質のひとつ。

この数ヶ月の間 たびたび
出てくるようになった。

実際は わたしは

もっともっと 生き生きと 生きたい✨
のです。

「わたしも 死にたい、
というような気持ちを持つことがあります」

今朝のインターネットクラスで
プラサードが言っていた。

これは 肉体的に死にたい、
という意味ではなく。

では何か?

何か古いものを捨てる、
というようなこと。

古い自分が死ぬ、
というようなこと。

上手く言えないけど
そういう願望を
わたしも持ってる。

もう7年前。
初めて受講した サトルボディヒーリング
のクラス、でリーラが言ったのは

「自殺という手段を
問題解決の手段に使わないでください」
と言う言葉。

なぜなら 最もクリエイティブであることと
かけ離れた方法だから、
とのことだった。

肉体の死。
そうではないものの死。

わたしは
よく見分けがつかなかった。

死とは手放すこと?

「死を望んではいけない(この場合肉体)」
これも 思い込みなのだろうか。

そんなこと思ってたら
リーラが急に先の言葉を言った。

その昔は
ほんとに死ななきゃ(肉体的に)
手に入らなかった。
(その手に入れたいものが)

とも今朝プラサードは言っていた。

本質とは何か?
ずっと問いかけてきた。

その人の本質が その人の生きる資源に
なっていること。

本質からやれば
自分の本来の生きる力と
クリエイティビティが
湧いてくること。

外側から
何か足りないものを
もらうのではなくて

わたしにとって
その理解はまずは
サトルボディヒーリングの学びと
実践が導いてくれた。

サトルボディヒーリング
のモニターセッションを
現在準備中です✨

サトルボディヒーリングについての
説明やセッションの感想、
コチラ にあります。コチラ

クリシュナの瞑想会での気づきとサガプリヤ来日情報✨

先日土曜に初めて
クリシュナのもとで瞑想✨
めずらしく
朝から晩まで 瞑想三昧

午前は
ダイナミックで
なんとも幸せな気持ちを味わい

午後のクンダリーニ瞑想で
何か境目がなくなったような

どちらも
こんなダイナミック瞑想があるのね〜
こんなクンダリーニ瞑想があるのね〜

とオドロキの連続で
自分にとって新しいその感じを
存分味わい 楽しんだ。

ホワイトローブの前から
ハートと喉の間 右側のある一箇所へ
(アナンダカンダ、
って言われるとこだと思う)
ハートから
すーすーと 風が吹き抜けるようで
思わずそこをおさえちゃう。

何にも言わないのに
なんかそれをサポートしてくれた
ヒトがいた
不思議✨
うれしい✨✨

なんかそういうとき
自分から言えない。
言えばみんな助けてくれそうなのに。

何がどう、って言葉に出来ないことを
自分で感じてたことを無いように
してしまうところがある。

そして結構インパクトあったことなのに
なぜかなんでもなさそう、
にふるまってしまう。

で、わたしにとって
この日のハイライトはさんざ踊ったあと
最後に座った時間だった❣️

ただ座っていて
静かに泣けてきた。
静かになんだけど
なんか強くて広がってゆく感覚。

コレ
悲しいのかな?
さびしいのかな?
それもなくはない気がしたけど

なんかすごく広いような
大きいような
人が生きてて それで死んじゃって
みたいな長い時間とか流れみたいのを
見ている感じだった

で それを見ている目
自分の目なのか
何かおーきい、おおいなるもの⁉︎の目なのか

その目つきが
遠いもの、っていうか長い時間を
つつむような感じで
ぜんぶをトータルに見てる感じで

「慈悲」ってこういう感じなのかしらん。
これは数日前のあるセッションでの
感覚も共通してた。

で。
このちょっと悲しいような
瞑想中のフィーリング。

あったあった!
過去にはっきりそういう場面が、
と思いだした。

それは2014年の秋^_^
スターサファイア

スターサファイア エネルギーワークとは?



1年目コースの受講で
初めてイタリアのサガプリヤのもと
に到着した日の夜。
コース初回での瞑想で、のことだ。

あの時もダンスをして座ったのだったか?
わたしはその時
パートナーとともに旅をしてきて
さびしいわけもなく
悲しいわけもなく
楽しくうれしいばかりの時を過ごしてた

だけど
瞑想のあと
サガプリヤは言った。

「あなたは何か 悲しみのようなもの
をシェアしたいのでは?」

なるほどこれを
「悲しみのようなもの」、と言うか❗️

この時感じてフィーリングを
なんと言ってよいやら、
どうにも言葉にならない
その感じ、だったから。


「そういうものを感じてるけど
しかしわたしはシェアしたくない!」
と答えた。

なんかこの微妙な感じをヒトさまの
前にさしだす、って無理。
なんかこんなの
誰もわかってくれそうもない。

それどころか
感じすぎ、
あなたは扱いづらい、わからないひと、
と批判されてしまいまそう。

つまりむかし
そういう経験をなんどもして
もう傷つくまい、と
閉ざしてしまったんだね。

するとサガプリヤはきっぱり言った。
「それはあなたの習慣です」
と!

わたしは まさしくそれが
習慣になり過ぎていて
言われてすぐにそれが習慣だと
気づけなかった。

で サガプリヤは
実験をした。

「レイコ、あなたがシェアしたい
のはだれ?」

「え え え!わからない!」
と涙ぐみながら焦るわたしに
サガプリヤは2択方式にして
選ばせて行った。

「あなたをよく知ってる人がよいですか?
それともまったく知らない人?」

「わたしを知らない人がよいです」

「あなたの言葉が通じる人(つまり日本人)が
よいですか?
それとも言葉が通じない人(つまりサガプリヤのこのコースに集まった西洋人)?」

「わたしは 今までのわたしを知らない、
まったく言葉の通じない人
とシェアしたいです」

おーっ❣️
言ってみたらば
こんなに自分の希望は
はっきりしているものなのか!
と驚いた。

そしてこんな風に希望を表明するなんて
ワガママ、ぜいたく、ゆるされない、
みたいに思い込んでたことに
気づいた次第。
当時というより今ごろね。

そしてサガプリヤは皆に言った。
そこには世界中からスターサファイアコース受講に集まったさまざまな国籍の人が
20数名。うち男性4、5名。

「我こそはレイコとシェアしたい!
と思ったヒトは前に出てちょーだい」

するとーっ!
進み出てわたしの前に座ってくれたのは
ヨーロピアンの男性3名❣️

オドロキとともに
モチロン嬉しさのあまり
レイコまだ涙目ながら口もとがにへら〜

サガプリヤは皆に
「Oh! オトコの中のオトコが
(という訳だったかは覚えてないがこのニュアンス)
サンニンっ!も出て来たわよお!!!
レイコの前に❣️
彼女はパートナーとココに来た、
てのにさあ!」

とか言ってこの劇場
(なんかそんな感じだった)
をおおいに盛りあげた。

その頃
我がパートナーのもとには
サガプリヤとともにコースの
コ・リーダーであったシドーがやって来て
「こういうの、
気にしちゃダメよぉ〜」
と耳元で囁いてたらしい。
いやあ、すごい。

で、サガプリヤから
出て来てくれた
オトコの中のオトコ、3名に向かって

「さあ!あなたがレイコのように感じた、
『何か悲しみのようなもの』を
ひとりずつシェアしなされ!」

と威厳ある態度で聖なる命令
(まるでそんな感じ)がくだされた。

すると3人はひとりずつ
前に進み出てシェアをしてくれた。
「レイコ、わたしも時々あなたのように
感じたことがあります。
わたしは〜云々〜〜」

その様子はもちろん真剣、
大真面目でありながら
どこか芝居のようでもあった。
ウソっぽい、のでなく
真実すぎて芝居みたい、みたいな。

さあさあ!
シェアしてくれてるひとも
その他のふたりもわたしを
ジッと目を見てる

あまりの濃さに
たじろぎそうになりながらも

ジッと見返して受けとり
満足がじわじわと身体に広がり
わたしはどんどん満たされていく〜。

少し離れたところには
コースの他のメンバー達も
固唾を飲んで見守っている。

わたしのハートはフル充電
満タンを通り越して
満たされまくった。

そして誰からでも
「信頼して受けとっていいんだ」
ということを身体に染み込まされた。

クリシュナの瞑想の場で
そんなこと
あんなこと
蘇ったんだね。

サガプリヤはこの実験のあと言った。

「あなたは自分で
コンタクト出来るひとを見つける
ことが出来るようになる。」

この時はこうして
サガプリヤが導いて場をつくって
くれたんだけどね。

そしてこうも言った。
「そのプロセスはゆっくり。」と。

ホントゆっくり!
2年半経ってこうして
気づいているのだから。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

サガプリヤ、今年9月に来日だそうです。

※以下、主催の まてぃ石村よりお知らせ

★サガプリヤ日程変更のお知らせ★

サガプリヤ来日に関して、日程が変更となりました。

すでに航空券も手配済みですので、こちらで決定です。

9月15日(金)~19日(火)10;30~
 最終日17;00頃まで

     

会場;都内又は神奈川を予定しています。

    *通いです。

内容;”Intimacy between inner man and inner woman”

     親密さ ~内なる男性と女性が親密になるために~

    まず最初に、内なる男性と女性のどちらが、選んでいるか?

    を探求します。
 

    人生の主な事を決定し
また日常生活において、
選んでいるのは誰でしょう?

    どちらの側が両方のために選び、またそれはなぜか?

    その選択は、最初は良いかもしれません。

    ただ、二人の間に緊張や戦いが産まれたとしたら・・・

    人生は流れにくくなるでしょう。

    それにワークしていく5日間です。

    この5日間にコミットすることで、
あなたの人生に変容が起こります!

    内なる男性と女性の親密さへと、
この道40年以上探求してきた
サガプリヤが
あなたの真実を見つけ、導きます

石村まてぃ の情報⇨
コチラ

以上です。

イタリアで見た過去生と直後の事件ーローマパスポート盗難 その27

3日間のローマから日本帰国までの奮闘記
の後日談ーその4、である。

ハナシは後日談その2(=トータル その25)
からこちらへ続く。
(前話その3は、その日その前のFlamenco体験です)

DSC_0798

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
鎮痛剤まったく効果ナシの
この劇痛!

また真夜中になれば
やってくるのだろうか?
夜が来るのが恐怖だ。

とりあえず医者の言う
検査を受けるしかないだろう。

受けるのはCTスキャンではなく
MRIだった😳。

どちらも筒の中に入って撮影、
というイメージだったが、
MRIは時間がかかる。

筒に入っている時に
音もかなりうるさいらしい、
と聞いていた。

翌日また医者に行って
鎮痛剤はまったく無効、と告げ
その足で検査機関へ。

検査場にて。

うわあーっ。
この筒に入るのかあああ😳❗️

首を撮影するのだから
顔も筒に入ることになる。

いやだなあ・・・

「中に入ると うるさいので
これを使ってください」

と、ヘッドホンみたいのを渡された。
やっぱりうるさいんだあ。

そして〜。
「何かあったらこのボタンを
押してください」

ゴー。
筒に入る音だ!

即座にボタンを押した。

こんな狭いところに、
密閉感のあるところにとても入れない‼️

ローマからの帰路、
成田まであと1時間時点での
あの強烈な恐怖を思い出した!

わたしは閉所恐怖があるのだと、
ようやくこの時気づいた。

結局 検査着を着て脱いだだけ。
何もせずにもとの医者に戻ってこれを報告。

医者は
「・・・では様子を見てください」
というしかないのだろう。

もう万事休す、か?

ところでその翌日から
ハート瞑想をベースに
cakraのエネルギーに働きかける
サトルボディヒーリング、

わたしはこれのギバーなのだが
そのコースの再受講をする予定であった。

しかしこの調子では受講出来るか
どうかも危ぶまれた。

翌朝、奇跡的に起きれて
とにかくサトルボディヒーリングの
コース会場、鎌倉に辿り着く。

ただチャクラの前後に手を置く。
これが今の自分には
痛くてなかなか出来ない。

ふだん居るセドナから
日本に来て、このコースを教えている
プラサードとアルヴィナ。

ティーチャーである彼らに事情を相談した。
わたしが予想したアドバイスは
「無理するな、やめとけ」

後から思えば予想というより
そう言って欲しかっただけ!

意外にもプラサードは
「出来るだけやってみるとよい」
で実際、瞑想しながら進むと
手もそれなりに動いたのが不思議だった!

しかし痛いものはやはり痛い‼️

3日目、パートナーと組んでヒーリングを
受けるとき、
この左腕の痛みは絶頂。

あまりにわたしが痛がっているので
パートナーはプラサードに
「やめた方がよいか?」
と相談しにいった。

サトルボディヒーリングは、ハートチャクラの受容性、そしてシンクロ二シティのスペースをベースにしているからこそ
パートナーの働きかけも有効になる。

適切な判断もハートからやってくる。
それはいつも 今この時に必要なことを示してくれる。
わたしはそれに全幅の信頼を
置いている。

それでもわたしの
「痛い痛い‼️」の派手な訴えに
パートナーはプラサードに判断を相談した。

この時、やはりプラサードは
「痛くても働きかけてOK。
腕はハートに繋がっているのだから
これはハートチャクラに
起こっていることだろう。」

やっぱり!😳😳😳
が感想だったが
痛いんだから、やめとけ、
と言って欲しかったジブンが居る。

わたしの痛みに触らないで!
これ以上刺激しないで!

という気持ちと
この痛みに変容をもたらしたい気持ちと。

しかし、あの筒に入るような恐怖
とはちがう。

ジブンの痛みを見る恐怖だ!

わたしはジブンのハートに聞いた。

やってほしい。

それが答えだった。

(その28に続く)

前のハナシは
上記メニューより
「イタリアで見た過去生と直後の事件」
にお願い致します。

最初のハナシからの場合は⇒ その1へ

イタリアで見た過去生と〜ジケン 外編 7.5

ハート瞑想からと イタリアでの夢からの気づき。

葦だかヨシだか名前はわからないけれど。
そんな感じの草が水辺に生えている自然が身近な環境で
今暮らしていて、とても満足です。

そんな予感がハート瞑想を通じて、昨年この地に来る前、夏に予感があったこと、
そしてハート瞑想をきっかけにいろんなことに気づいたことを思い出しました。

またわたしは、とても大事なことなのに
「自分を大切にする」ってどういうことか、
とか「何もやらなくても価値のある自分」って
よくわからなかったのでした。
今でもわからなくなることがあります。

で、それを教えてくれたのが、子供のような
男の子の存在。
これまで何人かに会いました。

「スターサファイア エナジーワークの学びのために行ったイタリアのコースに参加した後の直後の事件(ローマパスポート盗難 その7)」

までようやく体験記はゆるゆるながら、続いていますが・・・。

この旅、2015年10月に、イタリアの前にFlamencoのための旅、
スペインはヘレス、少しセビージャにも行っています。
その時起こったことについて、改めて今気づいたことがあったので、書いてみました。

昨年の9月、13日だったか。
♡瞑想をリードしてくれた人にあてて、こんなメールを送っていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日から昨日までとすっかりモードが変わった感じがあり、何か象徴的に変わり目と感じています。
どうやら星だか月だかの巡りもそうらしいのですが、寝ている間に気づきました。

昨晩メールして気づいたことがあります。

私にとって 「男の子のジブンの子供のような存在」(わたしに実際子供おらず)は、
その彼(過去の恋愛)に限らずキーになるようです。
それに気づいたのは昨年秋のイタリアでの
スターサファイアエナジーワークのサガプリヤのコース中の雷でした。

(夢の中で象徴的に)その彼は雷で打たれて死に、新しいメキシコ人の若者がやってきました。
そのMさんは実在の人物で、不思議な出会いを4年前に日本でしており、
昨年サガプリヤのコース前のわずか10日間のスペイン滞在の間に、
奇跡的にも偶然彼はメキシコからやってきて、セビージャで会うことになったのです。

セビージャという街はスペインの南、
フラメンコ震撼の地なのですが、彼はフラメンコとは無関係です。

彼は日本でスペイン語の先生になりたいと、
そのための学びのためにセビージャ大学の大学院生としてやって来ました。

セビージャはローマとはまた違いますが、古いものや遺跡がやはりたくさんあります。
昨年Mさんと歩いていてローマ時代の遺跡の横を通りかかったときに、
その頃、だか昔もこの人に会っていた!
と直覚したような瞬間があり、立ち止まり、過去世ワールドに引き込まれそうになりました。

その近辺は、かつ昨晩話した彼と出会った17.8年前、
彼(過去の恋愛相手)についての重要な情報を得た場所でした。
不思議な事ですが、通りすがった男の人が教えてくれたのです。

車の通りもかなりある大きな道路の向こう側から、
私に向かって「お告げのようなこと」を叫ぶ、という不思議な光景でした。

ベージュのチノパンをはいた、ごくごく一般的なスペイン人に見えました。
結果的に、私はその重要情報を活かしきれなかった、
というか信じきれていなかった気がします。

Mさんについては、彼のようなスッタモンダな関係にはならないはずで、
何かわたしが教育⁉だか、気づかされるようで Mさんに会うと変化を余儀なくされています。
単に変わり目に彼が現れるという偶然、と言えばそれまでですが。

何というか天然エッセンシャルライフコンサルティング、のような状態になり、
これからやることを宣言し、それを実現して来ています。
Mさんにとってもそのようです。

話しは変わって、8月の「ハートの直観」の瞑想会で、
唄について書いたようであった「稲穂だかススキが枯れかけて茶色、もしくは紫になった絵」を書きました。

あれは葦(ヨシ)だったようで、
9月7日に高島屋に入っている和菓子屋さんの作ってる冊子のヨシの写真を見てそうだと気づき、
泣いてしまいました。

日本では茅葺きの材料になったりするのだと思いますが、
スペインでもそれが川原に映え、
其処で自然と共に暮らそうとしている男女の美しい話である詩を、
今自分が歌おうとしている事にも気づきました。

この葦の絵と、Mさんとの再会は関係あるようです。

というような色々な事に ハート瞑想を通じて 気づかせていただき ありがとうございます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スターサファイアが初めての方へ

スターサファイア エナジーワークとは?

第2回モニターセッションご希望の方募集中。

3枠となりました。

1月29日(日)我孫子駅(常磐線 上野より35分) 徒歩2分
 ⇒29日コチラ
http://www.reservestock.jp/events/165043

2月4日(土)上野駅 徒歩5分
4日コチラ

2月12日(日)午後 上野駅 徒歩5分
12日コチラ

スターサファイアのご質問、
どうぞお問い合わせくださいませ。

サトルボディヒーリング~再び戦ってきた男性性を理解

サトルボディヒーリング。

ハートのスペースから気づきを促し、変容につながっていくワーク~。
スターサファイアとともにわたしの愛するエナジーワーク。
このサトルボディヒーリングと共に大輪の花を咲かせているガヤトリ、にやってもらいました。
わたしは今重要な地点に居ると感じています。

「自分が好きなこと、それをやって生きていくことを自分に赦したい」
特に唄うこと、です。

「許す」より「赦す」。
そんなイシューでセッションは始まりました。

まずはガヤトリのリーディングで出てきたのは~
「批判的なエネルギーがアタマの上を飛び交っている」
「こうなってはいけない。
わたしはひとりで立派に生きなければ。」

そうです。その通り。
わたしはこのように感じながら 育ちました。

同時に。
「それはムリだ!」

そうです。
わたしはこのような葛藤を抱えて生きてきたのです。

自分に制限をかけ、立派になろうとしてきました。
なんとも正直ではない、ムリしている。
でもそんなジブンご苦労さん、そんな感じです。

ガヤトリはまた
わたしが人サマにとシェア出来るいろんな質があることをリーディングしてくれました。
豊かさ。
なごやかさ。
安心感。その他にも。
そんなにもいろんなものがある!
それらの質がよろこぶのを感じました。

 しかし、実際に何かやろうとすると~例えば 何かプロジェクト、新しい仕事を始めるとか。
動きが止まってしまう。
考えてわからなくなると眠くなって寝てしまう。
それはそれで気持ちい~から まあよいか~ となったりする。

驚きました。
まるでガヤトリが 私の生活を覗いていたかのようです。
まさしくこの数日、私はこんな状態でした。
図星! で ぐうの音もでません。

しかし痛いところをつかれてる、かと思いきや。
「その通り!」と笑って認めることができている自分がいます。

これにはガヤトリの優しさ、配慮の素晴らしさもさることながら、
サトルボディヒーリングゆえ、という理由もあるのでしょう。
なぜならセラピスト、ガヤトリとクライアントReikoがともにいるシンクロニシティのスペースが、ハートチャクラの受容のスペースでもあるからです。
ハートはすべてを受け入れてくれるからです。
この受容のスペースがセッションを通じて拡大しているのを感じることができます。

そしてガヤトリは
「これらは表層で起きていることです。
表層は全体の5%にしかすぎません。」と。

そうでした!

意識全体の中で、肉体、思考、他の人にわたしがどんな人なのか、
と思われているかというパーソナリティ、つまり表層は5%にしかすぎない。
サトルボディヒーリングの学びと同時にこれを学んできました。
何度も 何度も。このことを思い出す必要があります。
「本来の自分」は、より深い中心の近くにあることを。

ガヤトリのこの時のこの言葉でさらなるエンパワーメントがなされました。

そしてガヤトリが表層ではなく、内側にある本質、つまり「本来の私」をリーディングしてくれました。

自由。
生きる喜びの実感。
生を祝う。
誰の人生でもない、自分自身のパワー、自分の喜びを生きる。

これが私! これが本来の自分!!

そうです!
それがわたしなのです!!
自分の中にこれがあるのに自分でなかなかそれを取り出せなかったもどかしさ。
そのもどかしさが一気に吹き飛ばされたようなこの瞬間でした。

そしてこれら「本来の自分」を覆いかくしてしまう、
わたしの思い込みは何か。
これもガヤトリが丁寧にリーディングをしてくれました。

第一チャクラ関連では~
お母さんのエネルギー。
「自由に生きられない」というエネルギー、
「私には力がない」という母の思いを、私Reikoが生きようとしてしまった。
これは 今まで気づいていたことでもあるのですが~。

これが今回のイシュー、
「自分が好きなこと、それをやって生きていくことをなかなか赦せない」
ことにつながっていたのですね。

それを確認することができました。

そしてガヤトリは言いました。
「Reikoがそうして母のエネルギーを生きたことは
「親密さ」という本質を表現したことでもある、
「親密になれる」ということに価値を与えてください、
お母さんの生き方を繊細に感じ、その生き方を尊重したことに価値を与えてください。」

なんということでしょう!
「思い込み」「ブロック」と呼ばれるような中にも
表層ではなく、「親密になれる」という本質が表現されていたのです。

これにはまったく気づいていませんでした。
言われてみて、そうだな、と。
これはおおいに価値を与えてよいのだ、と気づいた瞬間、涙が出そうでした。

さて「本来の自分」を覆いかくしてしまう、
思い込み、続きです。

第3チャクラ関連では~。

「私には価値がない、できるわけがない」
と言っているそうです。
「唄うことはお金にならない」、とか。
これは思い込みなのですが~。

この背景に「シスターのような存在」がReikoを見守っており、
その人が私を心配するがゆえに
「普通にしなさい、冒険なんかダメ」というようなことを言ってきているそうです。
よって、そのような思い込みにもつながったようです。
これは過去生、という次元の話しかもしれません。

しかし~。
この人のおかげで何がどういう風に守られてきたか。
ガヤトリがReikoに聞きました。
わたしは何の根拠もないのですが 
しかしはっきりこのように口から出ました。
「病気にならない」「怪我をしない」。

そういう見守りの存在のようです。
そのおかげで生きることができたのです。
思い込みにもつながったけれども、
生き延びるためには私には必要な存在だったのです。

そのような実感、この時すぐにはわかりませんでした。
しかししばらくすると「何かある理解」、が自分に起こったと感じました。

するとガヤトリは
「真の自由を生きる強さ」
「羽がパタパタしている」
「育ち始めている」
「何があっても人生の肥やしにしていける(強さ)」
というエネルギーの変化を告げてくれました。

なんということでしょう!

ほぼ同時に、
「自由に生きていいわけがない!」
「愛を表現しているのに、いらない!と言われての怒り、悲しみ、悔しさ」
そういうエネルギーも感じることを伝えてくれました。

そうです!
これはまたまさしくこの数週間にReikoが感じ、体験したことでした。
そして「悲しい」「悔しい」という中に何日もいたのです。

それをガヤトリに告げると、
「悲しみ」「悔しさ」にスペースを与える、ことを提案してくれました。

それらはそこにあるのであり、私はそれを充分に感じる
必要があると感じました。

私はここでまた
「唄をお金にすると、存在との繋がりが切れてしまう、ことの不安」
があることをガヤトリに告げました。

私は唄っているとき、何か大いなるものとつながっている、
それが私を使っているような感じがすることがよくあります。
今ではこれが「私に与えられたギフト」なのだ、と自覚しています。
そしてそれを涙が出るほど感謝しているのです。
そのつながりが途切れること、
私にとってそれほど恐ろしいことはありません。

するとガヤトリは
それもまた「表層」のもの、思い込みであることを告げてくれました。
「お金」と「大いなるものとのつながり」が引換になるわけではない、
そこにあるものはある、ことを。

そしてまたここでガヤトリはリーディングで重要なことを告げてくれました。

カラダの右側に「戦ったきたエネルギー」があることを!
戦ってきて絶望した、
しかしそこにある本質は「勇気」であることを!

一方左側には「痛みのエネルギー」がある、と。

ちょうど1年前にイタリアで受けた
サガプリヤによるスターサファイアのセッション。
これは男性性と女性性をリーディングしていくエネルギーワークです。
これを3年前から日本で学び、はるばるイタリアまで2年連続で学びにいき~
人生で最も重要な学びと感じているもののひとつです。
そしてその中でも、そのセッションを受けたことが最も重要な学びだったのです。

そのセッションで出てきたのがまさしく「戦ってきた男性性」です。
この男性は1年たった今でも私の中に居るのです。
「勇気」という本質が垣間見えて少し、絶望が緩んでいるようにも感じますが~。

戦う男性性、その男性性に攻撃される女性性。
これが1年前時点のサガプリヤがリーディングした
「Reikoの人格の基本構造」だったのです。
基本構造がそう簡単には変わりません。

男性性が戦ってきて絶望。
女性性を攻撃。
これが「好きなことをやって生きていくことを赦せない」ことにもつながっていました。
これに今回気づいたことはあまりに大きい!

(絶望した)男性性が「信頼を学ぶ必要がある」、
これがそのセッションのお試しのようなハードな試練
(当ブログ「イタリアでみた過去生と直後の事件」に連載中)
のあとの帰国後のReiko、
へのサガプリヤのメッセージにありました。

サガプリヤのセッションでの気づきは、
あらためてまた別の機会にシェアしたいと思います。

さて、セッションも終盤にかかります。
ガヤトリは私の第5チャクラをリーディングしてくれました。
「私はここに居るというエネルギー」
「存在するよろこびのエネルギー」
「家に帰って、たんたんと何かを始める男性の姿」
を告げてくれました。

私はこれを書いている今ただ今~
家に帰ってきて食事後、これをたんたんと書いているのです!

リーディングとヒーリングは、第6、第7チャクラに行きます。
「純粋な喜びに返った子供」
と告げてくれました。

唄ってお金をいただくことについてこの瞬間~
「躊躇なく まっすぐに 単純に」
こんな風に感じていました。

そして「何かリセットされた感じ」だとガヤトリに告げました。

セッションの開始からみたら なんという変化でしょう!!

そしてガヤトリは
「このスペースからやりたいと感じること、始めたいことはありますか?」
と聞きました。
Reikoは
「障害はない」
「このまままっすぐ進める気がする」
と言いました。

「第7チャクラ、アタマの上に 旗が立っているようだ」、
とも告げました。
ガヤトリ「お子様ランチのような旗?」
Reiko「そう、その通り!」

今、わたしはなんとも子供のように自由です!!

以上。

※このセッションは スカイプを使用した 遠隔セッションで行なわれました。
サトルボディヒーリングは対面ではもちろん、このように遠隔であってもリーディング、ヒーリングがハートチャクラからお互いのシンクロニシティのスペースに入るので可能です。