突発性難聴日記😮 その5/ヌラの贈り物

ところで
オーラソーマを習うなら
唯一ヌラ、と思っていた。

セッションを人さまに提供するというより
自分のために習う、
あくまで自分の瞑想のため
(瞑想をまだよく知らなかった当時はそんな言葉を使って説明できなかったけれど)

そんなわたしの目的を
素晴らしい、とチカラづけてくれたヌラ。

自分を受容する
ジャッジしない
起こることを楽しむ

そして何より
「癒しの感覚」というものを
教えてくれた最初の人。

まさしくわたしがその渦中に入ったとき
初めての感覚に
「これは一体何なのですか」
と聞いた。

瞑想的な場ではあったが
何かワークやセッションの最中ではない。

ただグループの皆と共に過ごし
輪になって話しているような時にそれは起こった。

ヌラは
「それが癒しの感覚」です
と応えた。

わたしは号泣。
びっくり そして感動。
これまで知らなかった感覚を知って
驚いたのだ。

わたしにとっては
世紀の大発見だった。

ただ知識として知っている、知らないを
まったく超越した次元の 知る、だった。

これを本当の意味での理解
と言うのだ
ということをかなり後から知った

突然真実に触れた瞬間、
とも言える。

一緒に居たコースの仲間達も
ほぼ同時に泣いているか
またそこから
何かが起こって大変な状態になったメンバーも居た。

そのときわたしがヌラに言われて
選んだオーラソーマボトルは
23番。

愛と光。

落ち着いたピンクのまさしく癒しのボトルだった。

10人弱のコースメンバー全員、
その場で「癒しの感覚」を
明確に共有した一生忘れられないこの場面を
体験したのが

この歯医者に行った数日後だったのである。

わたしはその後
結局オーラソーマからは離れ
サトルボディヒーリングの学びに進んだが

この2007年のヌラのコースの時に
「癒しというのは 起こるもの」
という感覚をがっちりと掴んだのだった。

そもそもは
何かヒーリングと呼ばれる施術をして
でなく

起こるもの。

その例として4月に
こんな記事を書いていた
 ↓
「羽生結弦くんによって起こったヒーリング」

ヒーリングとは何かの理解
それは起こすのでなく起こる、と知ること

それこそ
わたしが望んでいたものだった。

ハートの優しさが溢れた女神さまの
ように感じたそのヌラのコースで
受け取ったその絶対的な感覚は

結果的に その後のヒーリングの
学びの礎となった。

そのヌラはもう2年前か?
来日中に突然にこの世を去った。

ショックと驚き。
ヒトはいつまでも生きてるわけじゃないない。
当たり前であることを忘れていた。

突然何かが起こる。

「人生ってそういうものです」
ヌラのあのコースのときのセリフが蘇った。

コース中に
近くに救急車が止まり
それについて ハートが動揺した、
と あるメンバーがシェアしたことを受けてのセリフだった。

とてもきっぱりとしていたのが
印象的で忘れられない。

私達はそういう人生を生きている、と。

ヌラの亡くなった病状に
ついて わたしはよく知らないのだが
最初は 歯から、とも聞いた。

これを結びつけて
考える必要もないだろうが

歯の治療って大事だな
と思わされる出来事でもあった。

さて
でその歯医者、今のハナシだ。
(つづく)

※最初のハナシは「突発性難聴日記 その1」

サトルボディヒーリング あとモニターセッション2枠あります。

💗サトルボディヒーリング💗

ある日は
引越し前の部屋の片づけ屋。

「古い扉が開かない」

「ホコリが溜まってる」
「ナゾのつっかえ棒がある」

「もうはずしてもいいかな」
「OKよ」

「うひゃーっ!」
(急に光が照り 黄金が流れ出しオドロク)

「ここに財宝があるよ!」

「どれどれ?」

「え。これがっ?(呆然)」

(以上 譬喩ですよ)

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
このところ
強烈なセッションが続きました。

💗からの発見と変容の入り口💗

サトルボディヒーリング(対面式)モニターセッション、
以下のふた枠受け付けております✨✨✨

スケジュール:

④5月18日(金)13時~
⑤5月19日 (土)13時~

お申込みは⬇︎へ お願いします。
https://smart.reservestock.jp/reserve_form/15107

所要時間:約2時間

実施場所:神奈川県 葉山町(JR逗子駅よりバス利用。詳細はお申込みの方へお知らせします)

サトルボディヒーリングの詳細:

サトルボディヒーリングとは?

羽生結弦くんによって起こったヒーリング✨

羽生くんとヒーリング。

2度目のオリンピック金メダル。
今や 絶対王者と呼ばれる羽生結弦くん。
以前から大好き。

今やそのあまりの凄さに
アイドルが好き、
みたいなところから出て
尊敬する伝説の人物。

あるいは人間では実現出来ないことを
やってのける神さまのような存在、
かもしれない。

2014年、ソチオリンピックでの金メダル姿はあまりにまぶしく
そして私にはとても痛くもあり
テレビやネットで
目に入るたびに泣いていた。


※写真はスターズオンアイス、開始前✨

手痛い母親と息子のような関係性の追体験。
かつての経験を復習し
どのように現実が変化したかを羽生くんの姿を見て改めて認識さぜるをえなかったのだ。

羽生くんが子供の姿からオトナの姿へ。
妖精のような繊細な姿に隠されていたかのような、誰にも負けない彼の強さ。
その強さを誰もが認めざるを得ない
変化と成長。

それを見せられるのは
とても痛かった。

繊細でありながら
繊細さを表現しながらも強い、
ということ。

それは私が自分自身に求めてやまない
ものだった。

羽生くんを見ながら
その変化成長ぶりを重ねて見てしまう
自分自身の関係性についての痛みが出たのだ。
そして癒しが起こった、ということだ。

癒し、ヒーリングって
なんだろうか。

はっきり応える言葉を持たない。

ただそれは起こる、
ということは知っている。

そして起こった体験というのも
たびたびしている。

この羽生くんのこともそうなのだ。
しかも後から思うと、
それはかなり大きかった。

世の中にヒーリング、という行為がある。
種類ややり方は色々なんだと思う。

かく言うわたしもサトルボディヒーリング
という方法を自分に、ひとさまに
実践している。

2012年にこのサトルボディヒーリングを
学んでいた頃は
自分にとって痛すぎてまだこの過去の関係を
扱えなかった。
フタをしていた。

それが
羽生くんによって扱わざるをえない状態に
過去にしがみついていたものを
手放し始めることを余儀なくされた。

時が経つことで癒される、
というコトももちろんあるだろう。

しかしそれを待ってるだけじゃあ
人生終わるまでの時間が
短すぎる

ように最近特に感じる。

ヒーリングとは・・・
酷く痛いことがあったことを
認める。

外に出す。

そしてそれを解放する。
やがては
もう自分がそれに囚われることがなくなる。

そこから自由になる。

すると行動する時、
これまではないと思っていた
新しい選択肢があることに気づく。

過去のパターンにはまらなくなり
新しい生き方が出来る可能性が
広がる。

そういうことなんじゃないか、
と思う。

そしてこの
「癒しの感覚」は
特にヒーリング、と名付けられた行為でなくとも
例えばこんな時に起こってるのだ。

ただそれに気づくには
わたしにはハート瞑想や
チャクラのエネルギーを感じることが
必要だった。

チャクラとは
主要なエネルギーセンター。

人間の感情、思考、行動。
あらゆるものはチャクラのエネルギーが
表現されたもの、だそうだ。

肉体なら目に見えるし、
自分の体が調子よいか、どこか調子わるいか、
誰もが感じると思う。

でもチャクラやサトルボデイ(微細な身体、
オーラ)と呼ばれるものを感じるには
肉体を感じるよりも
繊細な感受性や感覚が要る。

だからと言って
サイキック能力と言われるような
特別な力が必要なわけではない。

気づきを向ける練習をすることで
誰でもが感じられるようになるもの、と
自分が練習してみて実感した。

そのチャクラのエネルギーに
気づきを向けてみる体験が
以下の4月28日に行う小さな催し

チャクライベント〜第4チャクラ〜

https://smart.reservestock.jp/event_form/index/255811

これまでお会いしたことがない方で
このイベントにご興味ある方

まずは 問い合わせ より
ご連絡くださいませ✨😃。

死にたい は 生きたい〜サトルボディヒーリングからの体験〜

(同日Facebook投稿に同じです)

「安らかな死」。

わたしにとって大切なものは何?

と言う問いかけの究極で 最近よく出てくる
求めている本質のひとつ。

この数ヶ月の間 たびたび
出てくるようになった。

実際は わたしは

もっともっと 生き生きと 生きたい✨
のです。

「わたしも 死にたい、
というような気持ちを持つことがあります」

今朝のインターネットクラスで
プラサードが言っていた。

これは 肉体的に死にたい、
という意味ではなく。

では何か?

何か古いものを捨てる、
というようなこと。

古い自分が死ぬ、
というようなこと。

上手く言えないけど
そういう願望を
わたしも持ってる。

もう7年前。
初めて受講した サトルボディヒーリング
のクラス、でリーラが言ったのは

「自殺という手段を
問題解決の手段に使わないでください」
と言う言葉。

なぜなら 最もクリエイティブであることと
かけ離れた方法だから、
とのことだった。

肉体の死。
そうではないものの死。

わたしは
よく見分けがつかなかった。

死とは手放すこと?

「死を望んではいけない(この場合肉体)」
これも 思い込みなのだろうか。

そんなこと思ってたら
リーラが急に先の言葉を言った。

その昔は
ほんとに死ななきゃ(肉体的に)
手に入らなかった。
(その手に入れたいものが)

とも今朝プラサードは言っていた。

本質とは何か?
ずっと問いかけてきた。

その人の本質が その人の生きる資源に
なっていること。

本質からやれば
自分の本来の生きる力と
クリエイティビティが
湧いてくること。

外側から
何か足りないものを
もらうのではなくて

わたしにとって
その理解はまずは
サトルボディヒーリングの学びと
実践が導いてくれた。

サトルボディヒーリング
のモニターセッションを
現在準備中です✨

サトルボディヒーリングについての
説明やセッションの感想、
コチラ にあります。コチラ

ヨキカコ会から新月に起こったヒーリング。

この 左側のアタマの中の
激痛はなんなんだあああ⁉️

も、もしかしたら 脳溢血とかあ?
(なんて どういうものかゼンゼンしらない
ケド)

き、救急車🚗呼ぶ、
ってもしかしてこういう時かしらあ⁉️

なんて
30秒くらいは焦りに焦っていた。

「カルマの解放」というテーマの
マントラの入っている 瞑想CDでの
瞑想中のこと。

隠れ魂うた伝導師、あっちゃん、羽鳥あつこ さん主催、
Yokieがリードする ヨキカコ会の場だ。

激痛は2分くらい続いたと思う。

その前には咳と
右半身が花粉症のような症状(涙とかね)。

そこまでは
「カルマの解放」(=いらないものを手放す、という意味あい)
といった瞑想の場では経験済みだった。

だからそこまでは驚くこともなかったの
だけど。

この激痛には途中で瞑想を
やめようかと迷いもした。

結果的に続けた。

激痛は2分は続いてた気がする。

後半はもう
「くるものこい!
痛みであれ なんであれ
受けいれます」という態度をとった。

どうしようもない、
と感じるものに対して。

このとき、
一昨年 スターサファイアを学んだ
イタリアから
ほうほうのてい で
帰国後1カ月後に起こった

医者に行こうが
どうしようが やまなかった
「左腕激痛の1週間」の最後
と同じ境地だった、と気づいた。

この瞑想後、
つぎのhealing
の瞑想では

Yorkieが強力にサポートしてくれた、
と感じてる。

まずYokieはわたしの右背後に居た
(と感じてた)。

その後Yokieは
自分の席に戻ってた
(コレは薄眼を明けてみちゃったよ)

それなのに
わたしの右背後には強力な見張番、
門番が居つづけてる。

ズングリむっくりした、
ふる〜い黒い木彫の、顔のあかい
不動明王、だか鬼だか
火焔をしょっている

そんなイメージの存在と感じてた。

おかげでわたしは自分が防御に
まわろうとすることなしに、
安心して瞑想で
起こることを見ていることができた。

この不思議かもしれない体験を
話すと
Yokieは
「マントラは古くからのものだからネ・・・」
そういうことあるかもね、みたいな
コメントがあった。

また、瞑想から来たのではない可能性のカラダのことは 医者に、
という確認もあった。

とにかくYorkieの見守りは凄い、
場をしっかりホールドしてくれている
と実感し 感謝したこの夜だった。

翌日は新月。
久々に 本郷綜海さんの
スピプロの日だ。

帰り道にYorkie、あっちゃんと
いろんなことはなして

「それは
(わたしのかかえてるテーマについて)
明日あたりは何かが
起こりそうだね・・・」
となった。

そしたら‼️
起こった。

なんということだ。
わたしは朝 綜海さんくる
前から感情爆発💥💣💥

綜海さんが登場すると
「なんなの なんなの!
この場の しーんっ!て今ただいま
の状況はあああ⁉️」

みたいなセリフが開口イチバン、だった。

わたしにさっき皆にやったこと、
「もう一度やれい!」
という綜海さんに

「ホンバンを2度やれ、
なんてムリですよ!」
とぶーたれるレイコ。

こんなに怒っているのに
なぜか皆は ゲラゲラ笑ってた、
気もする。

凄い懐の深さだ。
脱帽だ。

わたしは いつもこんな風に
深く感情と繋がりたいみたいだ。

感情バクハツ、なんて
フツーの人間関係でやったら
大抵はもんだい起こるだろう。

それは承知してるつもりだ。

でも、わたしが怒って、泣いても
伝えたかったのは
愛、なの。

それはマチガイなし‼️なの。

今のわたしは
こうやらないと
伝えられないこともあるの。

冷静になんの転移があ?
なんて今は分析してる場合ぢゃないの!

フツーの場では
やっちゃいけない、と思ってて

代わりに半ば 合法的だろう、
と安心してやってるのが
Flamencoを唄うことなのよ✨✨✨
きっと、

で、
「みんなホンネを言ってんのかああ❣️
ほんとに感じてること表してんのかああ❣️」
ってのは
ジブンが言えなかったからなのよ。

おかげさまで
ようやく表せました。
みんな、ほんとにありがとう✨✨✨

と、
ここ午前までで
既に満たされ
もちろん体力もつかい

もうこの日は帰ってもよいやーっ
くらいの気持ちだった。

で、午後だ。
この日もう最後のワークの前あたり。

「綜海さんっ!
レイコが前から聞いてた◯◯について、
答えてくだしゃいっ!
どーしてもネっ。」

と、切実なる要望を出した。

綜海さんのお答えは
「あー、忘れてた!」

「ズキィ」とどこかで
キズが疼くレイコ。

しかしだな。
冷静にひいてみると
綜海さん忘れるようなことかもしれない。

前回までのスピプロで
充分話された気も
するし
他のメンバーももう納得してるようだったし。

なぜわたしだけが
こんなにこだわり
キズつくか。

はい、ココは
明らかに ジブンの過去の経験の
蘇り、キズに触れたということで
アリマス✨✨✨

わたしが
いくら頼んでも
肝心なこと、
言ってくれない オトーサン。

なぜなのか、
父本人も
「わからない」と言ってた。
わたしが理由追及してもどうにもならない。
父のこと。

いくら気にいらなくても
ヒトを変えることなんて出来ない。

前日の 左アタマの激痛、
イタリア後の 左腕の激痛のように。

そんなわたしに
綜海さんは、
綜海さんはあああ。

答えてくれたのだ。

父に代わって。

積年のわたしの要求を。

綜海さんが
答えてくれた内容は
とても腑に落ちるもので
満足したのだけど。

もっともっと‼️
満足したのは
綜海さんがなんであれ、

答えてくれた、

そのことだ。

答えは
タガログ語であれ
スワヒリ語であれ
よかったかもしれない。

つまり
わたしが理解できないコトバであれ、
わたしは満足。

深く癒やされる、
ということ。
起こったヒーリング。

みんなに
綜海さんに
Yorkieに

深く深く感謝しています✨✨✨

「わからない で生きる」とは?【前編】

img_2356

「今まで生きてきたのが、ウソな感じがする。
  わたしの人生をホントウのものにしたい!」

そう泣きながら 言って始まった
スターサファイアのセッション。

これが初めてのサガプリヤとの出会い。
一昨年のことです。

この時、わたしの女性性は
穴に入ってブルブルと震えている白うさぎ。
(こんな感じの女性性、と説明するための比喩です)
とても怖がりなのです。

そして男性性はハードに働いてきたヨレヨレのサラリーマン。
(のような男性)
男性性はエゴで女性性を食わしていたのです。

女性性はひたすら
男性性にコントロールされていました。
自分で住む場所も選ばず 穴で震えていました。

一方、男性性がやってきた仕事に喜びはありませんでした。
一時は楽しくやっていたその仕事に、
もう愛がなくなっていたというのに

白うさぎを食わせるため
ムリヤリ続けていたのです。

女性性は唄うことを愛しています。
唄うことを通して
存在とつながれることをとても感謝しています。
 
しかし、現実を生きていない!
男性性、女性性ともに。

これが一昨年のスターサファイアセッションで
赤裸々になった
自分の状態でした。

これを知ったのは
あまりにもショックでした。

確かに働いて働いてきた、という思いがある私の一部(=男性性)
はとても疲れていました。

そしてもう一方の自分(女性性)は、
自分で生きる、という態度、気力がまったくなかったのです。
自分は出来ないのだ、と思っていました。

この先、生きていくのに、
まったく希望がないようにも感じました。

セッション終了後、
ショックで途方に暮れたようになっていた私に
サガプリヤは言いました。

「あなたがこれから
ホントウの人生を生きれる可能性は、あります」

Reikoは言いました。
「えっ!
 それには どうしたらよいのですかあああ???」
思い切りサガプリヤの前に身を乗り出していました。

対するサガプリヤのお答えは~
「それには~」
「今までのあなたは「どうしたら?」で生きてきました。
これからは「わからない」で生きなさい。」

はあ?????
まるで禅問答のように感じました。

これがどういうことだったか、
ようやく 今ごろ説明ができます。

「サトルボディヒーリングは
 単なるチャクラのヒーリングではない」

のプラサードの名言が突き刺さった
「メンタルプログラムの解放」の数日前の再受講。

この日をまたなくても
「わからない」とは何か、
プラサード達から再三聞いていたのですが~。

この2年前のセッションとバチリと
結びついて理解したのは
ようやく今。

(続く)

今また信頼を学ばされるー後編ー

1412847134820

信頼を忘れ離脱しようとした
2年前のイタリア
スターサファイアのコース。

しかしながら日々
自分について発見、気づき、
そして結局愛、
というものに繋がるセッションとなる
毎日が感動の嵐。

だからこそ
出ていかず によかった❗️

しかし。
このコースの最中に
正直に怒りをあらわせなかった私が
その後どうなったかと言うと。

帰国後に
「バカヤロー❗️」
という自分自身の怒号(寝言です)で
目が覚める、

鉄筋コンクリートのマンション居住なのに、隣人まで起こしてしまう、
という日々が
ほぼ3ヶ月間繰り返された。

そして翌年(つまり昨年)のイタリアにも
ここから始まった
怒りのバクハツを
持ちこし、

そこで自分に起こった大きなことを
綴るのが、
このブログ開始のモチベーションとなった。

イタリアでの学びは
これは
魂の友に伝えるべき重要こと、

という自覚が最近強くなり、何もせずには
いられなくなってきた。

そこで 伝えたいから今参加しているスピプロ、
の学びの場で。

まさしくこのイタリアの
最初の事件を思い出させられることが
起こりました。

おかげさまで私は 信頼を学ぶために、このスピプロに参加した、と今では自覚しています。

ありがとうございます💓

さて、今日は
ハートを入り口として💕

自分がこれまで思い込んでいたことを
解放していく〜

メンタルブログラムの解放

がテーマのサトルボディヒーリング
を再び学んで来ます。

今 また信頼を学ばされるー前編ー

1412847134820

わたしは昨年、一昨年と10月に

イタリアでサガプリヤの

スターサファイア という

男性性、女性性のエナジーワークの
半月間のコースに参加した。

そこでの学びは自分にとって

一生もの。

これは魂の友に伝えるべき重要こと、という自覚が今ではある。


そのイタリアのコース2年間で、
その後今の私の在り方に
大きく響いている事件。
色々ある。

けど、一昨年のこれが最初で発端、
という気がする。

「到底 信頼できない!」
イタリアはアッシジのさらに山奥の、
ここは修道院か⁉︎
とも感じた
動きの取れない、
世界中から来ている20 数名の合宿所。

「今日こそ ここを出ていってやる!」

とコースの離脱を目論み、ある朝リーダーに言おうとした。
到底信頼出来ない、と感じることが起こったから。

わたしは結局、出ていかなかった。

そこでの
フツーの日常生活ではありえない
本音のぶつかり合い、

見させられた自分のそこでの投影像はおぞましく 凄まじく。

「おかあさんはわたしが守らなきゃ❗️」
(おかあさんを
この時コースに居たメンバーに投影)

と思ってものすごーくガマンしたり。

「おとなしく していないと見つかってひどい目に あわされる」

(これは いわば過去生からの投影でもありました)

と 怖くて小さなうさぎのように
ブルブル震えていたり。

正直、とてもタイヘン。
信頼を忘れそうになったのです。

(後編に続く)

自分を取り戻したヒーリングのセッション。

 img_2173

本郷綜海さん スピプロ同期の、

Ikukoさんの ヒーリングのセッションを受けることができた!

彼女が行うヒーリング、
どんなものかはあまりよく知らなかったし、あまり聞きもしなかった。

BBSH、のものだそうだが
どんなものであれ、ぜひ彼女のヒーリングを受けてみたい、
と思った。

私は自分でサトルボディヒーリング、という別のやはりヒーリングと名のつくものをやっているので、
チャクラやオーラに働きかけるワークなのだろうな~
また自分は横たわって、Ikukoさんは手を使ってやるのだろうな~
そんな想像をし、それは大体その通りだった。

セッションはセージを炊いたりと、部屋の浄化から始まった。
各すみずみまで、彼女が気を配って行っているのがわかる。
いやあ、ほんとまずこれで場が変わりました。

そして~。
彼女は
今回の場合は特にイシューとか、今抱えている問題、とか聞かなかった。

この時のわたしにとっては

これがよかった。

 

整えられた場に横たわり
足の方から始まった、と思う。
彼女が触れているのは足なんだけど、受けている私の感覚は、
それが腹にきて、胸に来て、首、目、ついにアタマまで、とすべてに到達したなあ、と感じた。

急に「ラク~」な感じがやってくる。

またお腹に手をあててもらっている時、またここから喉、首、アタマの中、そして足のウラに血だかエネルギーが流れている感じ、循環している感じを強烈に感じた。
いわゆる「血の巡り」がよい、急に冷え性が治った感じ。
そしてエネルギーが流れ出す感じである。

他にもいろんなことやったと思うのだけど、すっかり気持ちよくなっていて細部はよくわからない。

あるとき、急にカラダの右側、右半身が浮くような感じがした。
そしてとても強い感じがした。
逆に左側は動かずに、静観しているような感じ。

 

これが今の体の右半身、左半身のエネルギー状態だ、と彼女は伝えてくれた。
うん、これが今の自分の状態っぽい、と感じた。
もしかするとこれは男性性、女性性エネルギーの状態を表しているかも、とも自分では思った。

ヒーリング中、第3チャクラのところにはいろんなものがあるようだった。
自分で感じていたのはゴチャゴチャゴチャ!とした感じ。
対外側、に向かってぶつかったり、ぶつけられたりしてるような。
あくまでイメージですが。

Ikukoさんからも「人との関係云々~」といったようなコメントもあった。
この第3チャクラにIkukoさんがいろいろと働きかけてくれているのがよくわかる。
たくさんのもの(エネルギー)が動いた感じがする。

体のどの部分だけ、ということでなく、ヒーリングは全体に及んだのだと思う。
眠くないのだけれど、ほわっとなって細かいことははっきりわからないながら、
常に体の中で何かが動いたり、変わっていること、
彼女が何かをやってくれている、
ヒーリングエネルギーのようなものを送っているみたい、
と感じることができていた。

優しくありながら、効いている実感常にあり。

 

さて、この時のわたしにとって
「何も話さなくていい」のはとてもラク。
やってもらうばかりなのも、とてもラク。

やっていただき気持ちよくなってばかりで、何かが動いて変わる実感があるのだから
ほんとラクに気持ちよくなれる感じ。

よく言う「癒される」とは、こういう感じなのかもしれない。

こういうことを、わざわざ言葉にする必要はないのだろうけれど~

このヒーリングを受ける前に感じていた自分の状態は
「(自分の何かのエネルギーが)前に行きたくて、つんのめりそう!」
な感じだった。

それがこのヒーリングが終わった後・・・
「このエネルギーは私の(ための)ものです」
「このエネルギーは私と共にいます」
という感じがした。

そして、
「自分がひとつにまとまった感じ!」になりました。
おさまるべきところにおさまった、というのでしょうか。
おかげで私は自分を取り戻しました!

以上。