タイ瞑想旅行記2017-18❺再びタイへ行きます✨きっかけは体感

チェンマイゆき チケットやっと予約した✨😘

3年前 ローマ帰り

昨年 チェンマイ帰りの

閉所恐怖の3たび発症の恐怖
ほかにもガッツリ経験した痛みやら何やらで

なかなか
また飛行機に乗る気になれず
決められなかったのに😳

きっかけは
久方ぶりに見に行った スペイン国立バレエ団✨
東京文化会館5階で
閉所?高所恐怖?再発

で タイで瞑想の旅ゆき決意

怖い思いしたのに なぜよ?
普通は逆にやめると思う

きっと怖さを
体で思い出せたから

体感した自信ゆえ。

体感ってすごいよ😳😳😳

何かが変わらざるをえない。

タイ瞑想旅行記2017❸-初めてのチェンマイ

2017.9.25の夜。

チェンマイのホテル 無事着来ました。

何をやるのか(瞑想だけど、どんな?)
どんな生活か

わからないまま。

着いて初めて知ったスケジュールは

いきなりあさって昼までサイレンス。

誰とも話さず目も合わせない。
食事は時間になると部屋に届けてくれる。

なるべく寝るより瞑想。

基本はこれまで
(といってもまだ
この瞑想初めて2週間)
家で1回30分やってたのを
24時間無制限にやってよい、
とのこと。

コレを聞いた時のキブンは〜
「ウシシシ!やった❣️」
という感じ。

嬉しい、と共にやって来た
チョット罪悪感。

毎日アクティブに遊びまわるより
これはゼイタク、
という自分の感覚に驚いた😳😳😳

瞑想のほかにも
ヨガや呼吸法を
組み合わせて好きなだけやり

レクチャーの時間に
先生であるボブ フィックス氏に
シェアしたり質問をする。

新しい瞑想の機会が数日に一度あり、
それを自習で実践、の繰り返し。

そんな感じ。

ホテルはチェンマイの空港から
車で15分位のところ。

迎えの人が「名前のカードを掲げて待ってる」
とのことだったのですが
わたしの名前は見あたらず。

居なければタクシー呼ぶ、
その支払いはホテルがする、
と聞いてたので
そうあわてはしなかったけど

出待ちのスペースを3回ほど回ったあと
横に佇んでいたタイ人のおじさん。
30秒ほどお互い無言でただ立っている。

そのおじさんに行き先を聞かれ
「ゴールデンキューピッドホテルへ行く」
と告げた。

すると、
「ではあなたは
キョウコか?
トモコか??
ヨウコか???」

と違う名前を連発!

最後にアイパッドの画面を見せられて
ではあなたの名前コレか?と。

Shimizu Reiko
とあったのでついて来たけど
まだ一抹の不安あり。

そんな気持ちのとき
「昨日あなたの友達キタヨ」
とおじさん言う。

そして
「皆でお寺に行ったときのだよ」
と今回の導き手
よーきーも居る
動画をアイパッドで見せられた。

ここまで証拠揃って安心

そんな感じ。

タイはヨーロッパに比べたら
ほんと近い。

バンコクまで6時間。
そのあとチェンマイまで1時間。

人びとおだやかなあかるさでやさしい。
居心地よさそう。

ヨーロッパは異国。

ここはそうではない、
おとなりという感じ。

というスタート。

帰りはギリギリまで瞑想の予定。
たぶん街に出ることなく空港戻りの予想。
買い物もその時くらいかな。

それではシャワー浴びて
いざ瞑想はじめます。

ボブ フィックス氏の瞑想から✨

これまで自分が瞑想を通じて
やってきたこと✨

まちがいぢゃなかった!
(実際 何もマチガイなんてないけど)
って感じれた昨日の体験❤️

平和を携えたまま瞑想から出てくる
そのままずっと過ごす

言葉で言うと それだけなんだけど
それが出来てればもういい。

手から煙がもうもう出たり
(という感覚ネ)
あたま、オデコのあたりにワッカが
はまっていたり
頭頂に何かがやってきてぐるんぐるんしたり

わたしにとっては
あまりにも体感激しく
驚いていた ボブ フィックス氏のCDを使った
瞑想。

昨日初めて 生ボブ氏体験。
昨日はボブ氏 本人が
今ここでチャンティングしながら。

すごくよくて
とても満たされた。

それ以上に昨日よかったのは
これまでやって来たハート瞑想(=サトルボディヒーリングの礎)、
やサガプリヤのワークや瞑想を通じて

確信を持てるようになっていた自分に
気づいたことだ。

わたしココからなんだ✨✨✨🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌🙌❣️

今ココ、の楔が打たれた地点。
それが昨日だ。