わたしの中の男性性が求めていたのは✨スターサファイアin熱海🌺

スターサファイア エナジーワーク in 熱海✨

熱海にて
3年前イタリア🇮🇹以来の
合宿グループで

自分の内なる男性性と女性性をみる👀

昨年今頃
「必要に迫られて」ではなく
「好き」で「ストリート暮らし」を
していたレイコの男性性は〜

実は
「好きなものに囲まれて優雅に暮らしたい」
そういう人でした😳

そうしなかったのは
自分が自分にそれを許さなかっただけ。
その理由はあるのですが〜

何も女性性を食わすために必死に働き、
それを諦めた、わけではありませんでした。

これには驚きました。

男性性、女性性はひとりの人間に
内在し その人の中で交互に成長してゆき
人生を決定していく

それぞれがキャラクターを持つ
ふたつのエネルギー✨

わたしひとりの中に居るふたり✨✨

この5年間
ここまでもふたりは
驚くような道のりを辿って来ました。

そして今また
この自分の内側の
男性性の変化に驚いています😳

自分をこのように
知ることは驚きで
実際に実人生を変化させて来ました。

日々の瞑想と
このワークで自分を見ることは
もう生きるのに欠かせない
こととなっています✨

このスターサファイアセッションに
ご興味ある方はメッセージくださいませ😃

スターサファイアについて

詳細 コチラ ⬇️

スターサファイア エネルギーワークとは?

スターサファイア5月&体験談

スターサファイア エナジーワークに
ついて、実に実に❗️
素晴らしい感想をお寄せいただきました。

アキコさん。 女性 40代 ボディ&エナジーワーカー

彼女の自らの男性性、女性性を
観照するさまには 冷静さと情熱、
どちらも感じました。

「自分を見る」明晰さに感服しております。
またとてもおいそがしいところを
このように言葉にし、ご自分をオープンに、わかりやすく、そして楽しく表現してくださり、心から感謝しています。

必要な方に スターサファイアが
お届け出来ますように✨✨✨

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

スターサファイアを受けて

レイコさんのスターサファイアというエネルギーワークのセッションを受けてきました。

事前に掴んでいたのは、自分の中の男性性と女性性にワークするものらしい、
という情報だけ。あとは全くの未知数。

最近、”男性性” ”女性性” という言葉が自分の中で旬になってきたので、
このワークは一体どういうものかと興味本位で申し込んだのでした。

沼を見下ろせるセッションルームでいざセッションスタート。

え、これで?と思うような意外かつシンプルな方法で、
内なる男性性か女性性のどちらかだけが現れるようにするのです。
男性性、女性性それぞれに色々な質問をしていき、それにそれぞれの立場で答えていくのです。

そこに現れた男性性と女性性のエネルギーがあまりに違うことにビックリ!!!
ホントに完全に別人格。えええーーーっ!!こ、この2人が私の中に!?!?

今度は方法を変えて、その男性性と女性性のエネルギーを視覚化してみるのですが、
それが更にウヒャー!!!でした。

今はあまり活躍できていないことがわかった女性性を視覚化すると。。。

巻き毛! パンツ!サーベル!30代後半!

まるでベルばらのオスカル!!!

とにかく華やかで、ちょっといい気分〜♡

今度は、男性性のエネルギーを視覚化してみます。

何しろ女性性が華やかなオスカルですから、
男性性はどんなだろう?と、ちょっとワクワクしつつ見てみると、
見えてきたのは、

え、、ウソだよね、、、 ハゲてる。。。

ハゲかよ、、、

しかも小柄。。。

しかもヨロイ着てるよ。

50代前半、くたびれてる。。。

うそだろ、これ私ですか、全否定してもいいですか、
というぐらいにくたびれたオッさんでした!!!(すまん、私の男性性)

そのハゲオヤジ武士によると、
ここまで必死になって引っ張ってきたのは自分なのだと。
自分が頑張らねばならなかったのだ、と。
なるほど、それは非常によくわかる気がします。

その対照的な2人が見えた後は、2人の対話に移ります。
オスカル VS ハゲオヤジ武士 なのであります。

その対話の中で、今回このセッションでお題にした問題、
課題への答えが見つかりました。

これか!!!ここか!!!

自分一人で探していたのでは決して到達できない地点にその答えはありました。

そして、今まで必死になって頑張ってくれたハゲオヤジ武士が、
オスカルにバトンを渡すときがやってきたのだと明確にわかりました。

これからは、オスカルがやりたいことを実現させていくのです。
今まで、男性性と女性性のバランスが8:2ぐらいだったものを、
お互いが心地良いと感じる比率まで変化させていくのです。

他にも、男性性と女性性の役割が違うことで、そうなんだ!
これをやりたかったのはあなたなんだ!!
だからこうなっていたのか!!と気づきが起こり、
絡まった糸が勝手にほぐれていくということが起こりました。

自分の内なる男性性と女性性に気づくことで様々なことが紐解ける、
なんとも不思議で貴重な経験をした2時間でした。

これからの変化がとても楽しみです。
自分の中のエネルギーが変わることにより、
今回ハゲオヤジ武士のイメージとして見えた私の男性性も変化していくことでしょう。
この次にセッションを受けるときには一体誰になっているのか、
それもまた楽しみにしつつ、
ひたむきにオスカルのやりたいことを実現していきたいと思います。
(以上)

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

5月のスターサファイア セッション、
以下のスケジュールで
オープンしています😃😃😃

5月21日(日)

5月24日(水)

5月27日(土)

5月28日(日)

5月30日(火)

無料オリエンテーションは⇒

どうぞ お気軽にお問い合わせくださいませ✨✨✨

イタリアで見た過去生と直後の事件ーローマパスポート盗難 その14

☆☆☆☆☆
さあ、めでたく
パスポート用写真を撮ったゾ。

後は日本大使館の場所だ。

この時は
テルミニからホテルに戻らなかった、
気がする(キオク曖昧)。

戻ったら寝てしまう、
という気がした気がする。

で、ローママップを見ると
在ローマ 日本大使館は
ホテルから歩いて30分強ほどだろう場所。
見つけるのにむずかしくなさそう。

しかしながら
明日は帰国決戦日!
朝初めて探す、
のはやめておこう。
今歩いてみよう。

その通りはすぐ見つかった。
目抜き通り、ではない。
そういうのに平行した
少しそれより細い道。

へえ、こういう通りに
日本大使館があるのかあ。

この時思い浮かべてたのは
大きなビルの何階かにあるのかなあ、
なんて思ってた。
盗難届をゲットした警察の建物のような。

住所のあたりに小さめのビル、
あれどもどうも違う。

そのうちこの通り沿いに出てきた
あらまあ✨
レイコ好みの素敵なお屋敷
瀟洒でクラシカルな洋館✨✨

3階建てかしら。
ビルとは違って
小ぶりでまとまりがあって
上品な😍

え!
ココが日本大使館⁈

なんて素敵なの!😍😍😍
ローマに住むならぜひ
ココで働きたいわ!!

なんて勝手ながら 思ったのですわ💕

モチロン日曜のこの日はお休み。

鉄格子、と言ってもこれもあくまで
瀟洒な感じの扉、
中がよく見える開放的な空間。
建物の入り口までは結構な距離。
ゆったりスペース。

お屋敷左手の
警備員小屋のような建物から
キチッとした制服姿
高身長のイタリア人(たぶん)
の警備員さんが出てきた。

瀟洒な鉄格子につかまって
中を覗きこむわたしに

「きょうは閉館ですよ」
と優しく かつ紳士的に
話しかける警備員さん。

なんか、
ノーブルな感じだわ!
さっきの警察とはかなり違う雰囲気だわ!!
と喜ぶわたし。

「ハイ、知ってマス。
パスポートをなくし、
しかし明日の便で帰りたいのです。」

と、聞かれてもないのに
また事情を説明するわたし。

「ふんふん。
ではまた明日の朝
来るんだね。」

「はあい。また明日✨」

この会話に気をよくして
また 少しるるん、
というキブンになり
ホテルへの帰路へ。

何せこれで
今日の仕事が ほぼ終わったのだ。

明日大使館に持っていく
モノは揃えたのだ。

カンジンの戸籍謄本を
除いては。
あぁ弟が、奇跡的に取りに行けて
大使館に送ってくれたらぁあ〜っ。

もうこれは考えても仕方がない。

きょうは
後、ひとりでどんな
ローマ最後の晩餐するか
だけ考えればよいだろ。

道すがら
ステキなレストランを
物色しながら 戻る。

あとで ココに食べに来ようかな〜
という候補が複数出来た。

どんなときだって
美味しいモノを食べること
考えるのは楽しい✨

・・・
ホテルに戻った。

そうだ、
帰国便のリコンファーム、
でなくて
事前のPCからのチェックイン。
搭乗24時間前から出来る。

行きはした。
早めにすれば希望の座席が確保される、
可能性が高い。

今回はどーする?
チェックインしてしまえば
もう便の変更は出来ない。
(そうでなくとも変更出来ないチケットだけど)
もし明日の大使館で手続き間に合わなかったら?
どーなる??

もー考えるのも
メンドーになり、
やらないことにした。

他にやることあったか?
ないと思うケド 念のため
ベッドに倒れる前に
PCを開けて見よう。

えっ。

まだあったみたい!

(その15 に続く)

⭐️前のハナシは
上記メニューより
「イタリアで見た過去生と直後の事件」
にお願い致します。

最初のハナシからの場合は⇒ その1へ
その15

ヨキカコ会から新月に起こったヒーリング。

この 左側のアタマの中の
激痛はなんなんだあああ⁉️

も、もしかしたら 脳溢血とかあ?
(なんて どういうものかゼンゼンしらない
ケド)

き、救急車🚗呼ぶ、
ってもしかしてこういう時かしらあ⁉️

なんて
30秒くらいは焦りに焦っていた。

「カルマの解放」というテーマの
マントラの入っている 瞑想CDでの
瞑想中のこと。

隠れ魂うた伝導師、あっちゃん、羽鳥あつこ さん主催、
Yokieがリードする ヨキカコ会の場だ。

激痛は2分くらい続いたと思う。

その前には咳と
右半身が花粉症のような症状(涙とかね)。

そこまでは
「カルマの解放」(=いらないものを手放す、という意味あい)
といった瞑想の場では経験済みだった。

だからそこまでは驚くこともなかったの
だけど。

この激痛には途中で瞑想を
やめようかと迷いもした。

結果的に続けた。

激痛は2分は続いてた気がする。

後半はもう
「くるものこい!
痛みであれ なんであれ
受けいれます」という態度をとった。

どうしようもない、
と感じるものに対して。

このとき、
一昨年 スターサファイアを学んだ
イタリアから
ほうほうのてい で
帰国後1カ月後に起こった

医者に行こうが
どうしようが やまなかった
「左腕激痛の1週間」の最後
と同じ境地だった、と気づいた。

この瞑想後、
つぎのhealing
の瞑想では

Yorkieが強力にサポートしてくれた、
と感じてる。

まずYokieはわたしの右背後に居た
(と感じてた)。

その後Yokieは
自分の席に戻ってた
(コレは薄眼を明けてみちゃったよ)

それなのに
わたしの右背後には強力な見張番、
門番が居つづけてる。

ズングリむっくりした、
ふる〜い黒い木彫の、顔のあかい
不動明王、だか鬼だか
火焔をしょっている

そんなイメージの存在と感じてた。

おかげでわたしは自分が防御に
まわろうとすることなしに、
安心して瞑想で
起こることを見ていることができた。

この不思議かもしれない体験を
話すと
Yokieは
「マントラは古くからのものだからネ・・・」
そういうことあるかもね、みたいな
コメントがあった。

また、瞑想から来たのではない可能性のカラダのことは 医者に、
という確認もあった。

とにかくYorkieの見守りは凄い、
場をしっかりホールドしてくれている
と実感し 感謝したこの夜だった。

翌日は新月。
久々に 本郷綜海さんの
スピプロの日だ。

帰り道にYorkie、あっちゃんと
いろんなことはなして

「それは
(わたしのかかえてるテーマについて)
明日あたりは何かが
起こりそうだね・・・」
となった。

そしたら‼️
起こった。

なんということだ。
わたしは朝 綜海さんくる
前から感情爆発💥💣💥

綜海さんが登場すると
「なんなの なんなの!
この場の しーんっ!て今ただいま
の状況はあああ⁉️」

みたいなセリフが開口イチバン、だった。

わたしにさっき皆にやったこと、
「もう一度やれい!」
という綜海さんに

「ホンバンを2度やれ、
なんてムリですよ!」
とぶーたれるレイコ。

こんなに怒っているのに
なぜか皆は ゲラゲラ笑ってた、
気もする。

凄い懐の深さだ。
脱帽だ。

わたしは いつもこんな風に
深く感情と繋がりたいみたいだ。

感情バクハツ、なんて
フツーの人間関係でやったら
大抵はもんだい起こるだろう。

それは承知してるつもりだ。

でも、わたしが怒って、泣いても
伝えたかったのは
愛、なの。

それはマチガイなし‼️なの。

今のわたしは
こうやらないと
伝えられないこともあるの。

冷静になんの転移があ?
なんて今は分析してる場合ぢゃないの!

フツーの場では
やっちゃいけない、と思ってて

代わりに半ば 合法的だろう、
と安心してやってるのが
Flamencoを唄うことなのよ✨✨✨
きっと、

で、
「みんなホンネを言ってんのかああ❣️
ほんとに感じてること表してんのかああ❣️」
ってのは
ジブンが言えなかったからなのよ。

おかげさまで
ようやく表せました。
みんな、ほんとにありがとう✨✨✨

と、
ここ午前までで
既に満たされ
もちろん体力もつかい

もうこの日は帰ってもよいやーっ
くらいの気持ちだった。

で、午後だ。
この日もう最後のワークの前あたり。

「綜海さんっ!
レイコが前から聞いてた◯◯について、
答えてくだしゃいっ!
どーしてもネっ。」

と、切実なる要望を出した。

綜海さんのお答えは
「あー、忘れてた!」

「ズキィ」とどこかで
キズが疼くレイコ。

しかしだな。
冷静にひいてみると
綜海さん忘れるようなことかもしれない。

前回までのスピプロで
充分話された気も
するし
他のメンバーももう納得してるようだったし。

なぜわたしだけが
こんなにこだわり
キズつくか。

はい、ココは
明らかに ジブンの過去の経験の
蘇り、キズに触れたということで
アリマス✨✨✨

わたしが
いくら頼んでも
肝心なこと、
言ってくれない オトーサン。

なぜなのか、
父本人も
「わからない」と言ってた。
わたしが理由追及してもどうにもならない。
父のこと。

いくら気にいらなくても
ヒトを変えることなんて出来ない。

前日の 左アタマの激痛、
イタリア後の 左腕の激痛のように。

そんなわたしに
綜海さんは、
綜海さんはあああ。

答えてくれたのだ。

父に代わって。

積年のわたしの要求を。

綜海さんが
答えてくれた内容は
とても腑に落ちるもので
満足したのだけど。

もっともっと‼️
満足したのは
綜海さんがなんであれ、

答えてくれた、

そのことだ。

答えは
タガログ語であれ
スワヒリ語であれ
よかったかもしれない。

つまり
わたしが理解できないコトバであれ、
わたしは満足。

深く癒やされる、
ということ。
起こったヒーリング。

みんなに
綜海さんに
Yorkieに

深く深く感謝しています✨✨✨

皆変わり目にスターサファイアにやってくる。

誰の中にもある内なる男性性と女性性というふたりの人物。

そのふたりを理解し、わたしはどう生きるか?

を知る エネルギーワーク、スターサファイア。

このワークを初めて受けてくださった方からご感想をいただきました。

これまでこのワークを受けにこられた方々に
共通しているのは 大なり小なり「人生の変わり目」を迎えられている
ということです。

かく言う自分がいつもそのような時期にこのセッションを受けてきました。

そして、人生の歩みに なくてはならない
理解と発見のツールだと感じ、このワークのセッションギバーとなりました。

変わり目、がすなわち
内なる男性性と女性性の政権交代、の時期である場合も少なくありません。

このワークのご感想をいただいて しみじみそうだな、と思ったことがあります。

「エネルギーワークというと、身を任せる受け身のイメージがありましたが、
なんのなんの!でした(笑)」
という部分、です。

このワークのセッションはまったく受身ではいられません!

自分で自分とつながり、動き(物理的にも座布団を移動したり)、
気づかされ、それを言葉にします。

気持ちよく寝ていたら いつの間にやら終わった、
といった形のものとはまったく異なります。

「いやいや こりゃ大変だねえ」
というお言葉もこれまでよく聞きます。

エネルギーが動いた結果、
セッション中に涙、大声、といった感情解放のシーンを
見ることもよくあります。

ご感想にいただいた通り
このセッションは、あなたの男性性、女性性、それを見ているあなた、
そしてセッションギバーの4者による、2時間あまりの旅のようです。

来年1月~2月第1週に、
「初めて受ける方のためのモニターセッション」第2回を企画しています。
この後は通常セッションとさせていただきます。

定価1万5千円のところを1万円にてご提供、
セッション後のご感想をお願いしています。

現在決まっているのは以下の日程です。

1月
14日(土)上野、15日(日)上野、22日(日)上野
29日(日)我孫子

詳細、申し込みフォームができましたら、
改めてお知らせ致しますが
ご希望の方は
どうぞ お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。

今の仕事、関係性に問題を感じる、
これまで生きてきた信条に疑問がある、これらを問い直したい、
人生で何かを変えていきたい、そんな場面でお役に立ちます。

今の現状を認識し、これからの生活への指針となる何らかのヒントを得られることでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以下、スターサファイアセッションのご感想です。
(K・Mさん。 50代 女性 既婚 事務職)

先日、玲子さんのスター・サファイアのセッションを受けました。

これまで、女性性と男性性というと、
自分の中では、長年女性性が傷ついているという認識で、
男性性はあまり感じたことがありませんでした。

本当に困ったとき、火事場のなんとかのように出てくる、
普段自分にないような力を発揮する感じが、私の男性性なのかなと思っていました。

スターサファイアのセッションについては、玲子さんのblogを読んだくらいで、
エネルギー的なセッション、ということくらいしか分かっていませんでした。

エネルギーワークというと、身を任せる受け身のイメージがありましたが、
なんのなんの!でした(笑)

エネルギー的なアプローチで玲子さんに常に見守り助けてもらいながらも、
自分で動き、自身とつながり、対話し、気づき、自分の力で解決をしていく…
心理学的なワークの要素も含まれているようでした。

最初に自分について少し話したあとで、玲子さんが10分ほど、
私の身体を通じてリーディングをしていきます。

特に足のかかとをていねいに感じていきました。
左側が女性性、右側が男性性とのことでした。

右足を触りながら、玲子さんは
男性性に、深海?をゆったりと漂い、白い触覚に赤い極で、
いろいろなことを感じとる力をもつ生物を感じてくれました。
男性性は、かなりのスペースも瞑想性ももっているということでした。

男性性について、具体的に形あるものとして初めて対面?し、
とても新鮮に、また、その感覚は、自身の中でもしっくりくるもので、
火事場であのスケールの大きな力を発揮する感じとぴったり重なりました。

そして、片目にアイマスクをして、左目と右目に質問をしながら、
玲子さんがまた、目からエネルギーを読み取っていきます。

質問を受けていくうちに、
私の男性性と女性性が、どんどん形ある、
人格をもつ存在として目の前に現れてきました。

男性はひろいスペースをもち、のんびりと、自然の中で、
グラウンディングもできていて、とても能力のある人格。だけど押しは強くない。
色白でかなりイケてるおしゃれな誠実そうな人。

女性性は真面目で、自分が輝くことのできる、好きなこと、美意識、感性を持っている。
綺麗な人ですが、疲れていました。リーダーシップはとるタイプではないようです。

そして、まず、男性性の広々とした気持ちよさを味わった後、
心理学のワークでもあるクッションワークで、
男性側と女性側と自分でそれぞれに座り、相手との対話をしていきました。

「仕事の話」をすると、共通して男性も女性も輝きません。

ふたりとも現在の仕事は好きではないのです。

本来はスペースも能力も持っている男性がむりなくできるようです。
しかし、女性性は私がやらないと!
と、人生の決定権を殆ど握っているようです。

スペースのある男性に、女性の立場で、
もう少しわたしのすることを引き受けて欲しい、ことを伝えました。

こうして、話し合ったことは初めてだったと思います…。

そして、今後については「このまま今の仕事を続けていく」と、
最後に玲子さんにも話しましたが、
腑に落ちていないと
言葉にした瞬間感じていました…

このワークを体験して、
自分の性別のエネルギーがバランスよく動いていないことがわかりました。

今の疲労感がまさにそれを示しているように思いました。

なんでも女性性が自分で決めてしまう状況、これはなぜなのか?

何かを一生懸命守っている、
または相互の信頼関係が築けていないような気がします。

一方で、男性性のスペースや能力が発揮できずに
かといって自分から言い出せない、この身動きができない止まった感じ…、

この辺も、玲子さんにエネルギーを見てもらいながら、
もう少し対話を続けてみたいです。

スター・サファイアは、エネルギーを感じつつ、
地に足がついた、より実際的で、
自分と男性性と女性性、そして玲子さんの四者で取り組むワークだと感じました。

特に、男性性でもなく女性性でもない自分=「観察者」
の立場からの気づきが大きかったです。

最初は、虐げられた女性性に出会い、
号泣してしまうのではないかと思っていましたが、そのようなことは起きず(笑)、

言いたいことを相手に伝るというコミュニケーションをはかるきっかけとなったようで、
すっきりした気持ちが強いです。

安心感に満ちた中、リラックスして向き合えました。
今も、このセッションがじわじわと続いている感じがあります。
玲子さん、ありがとうございます(^-^)

以上ご感想でした。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

他力本願というより自力本願のワーク。

先週はガッツリ皆さまの
内なる男性性、女性性を見に行く旅をさせていただき
ワクワクの日日でした。

スターサファイア エネルギーワーク。

このワークをやってると
「もう映画を見なくてもいいわ✨」

スターサファイア エネルギーワーク
創始者のサガプリヤは
そう言っていました。

なるほど❣️

それを実感しています。

映画のように、いやそれ以上に感動なのです。
その人がどんなエネルギーを持っていて

今実際 それをどう生きているのか。

を感じるのは感動です。

またそれをその人自身に自分を感じてもらい、
言葉にしてもらう。

それによって 理解が深まり
どんどんと気づいていくことが多いのです。
ワークが終わった後も。

「他力本願」でなく「自力本願」のワークとも言えるかもしれません。
気づいていくのが「ラクラク」でもありません。

男性性の姿を見て、彼を目の前にした女性性は居心地がよかったり わるかったり。

彼を目の前にして喜んでいたり 怒っていたり。

そのような姿をたくさん見せていただいて来ました。

一緒に 内面の旅をして行きましょう✨✨✨

このワークが初めての方、
モニターセッションが 27日にあと1席
あります。

どうぞこの機会にご体験くださいませ✨

申し込みは以下より✨