今が船出〜最終日の赦し【本郷綜海さん スピプロ終了報告 その2】

✨自分の人生で
本当にやりたいことを実現するために✨✨✨
今船出した。

半年間のスピプロが終わって今が
本当の始まり、と実感している。

スピプロ最終日に質問した
「赦し」について。

もうこの日コレは終わってる、
と綜海さんに言った。

このテーマは
両親との関係での親、そして自分に対する赦し、
特に父との関係のコトだと思っていた。

しかし実際は終わっていなかった。
そして赦しの対象はそればかりでなく、

わたしが魂の使命と感じることにダイレクトに通じている

赦しがたい、赦されがたい思いを
未だに持っていた
別のことでもあって

それこそが大きかったことに
後から気づいた。

それは
スピプロ終わって2日も経ってから❗️
だった。

それはソロの歌い手として、人前で唄うこと、そしてお金をいただくことへの自分への赦し、
だったのだ。

わたしは
Flamencoを
ヒトサマの前で
うたわせていただくようになって
短い期間ではない。

踊りの伴唱だから、
なんだかんだと
いつも唄うことに言い訳があった。

自分が一番唄いたい唄を
お客さまの前で
堂々と唄うことを
自分に許可していなかった。

それが1月に独演会、というスタイルで
表現の場を持ったとき、
わたしにはコレだ、
これがやりたいんだ、
と気づいた。

薄々知っていたけど
本当の自分の気持ちがわかったのは
あまりの喜びであり
そしてショックだった。

これは根本的な自分の使命に関すること
なのだ。

綜海さんが
「いつか必ずあなたの唄を聴きに行きます」

と先日の
スピプロ最終日に言ってくれたとき

大好きな綜海さんがこう言ってくれて
嬉しいはずなのに

この瞬間、時もマインドの動きも
止まったようで、
まるで無、だった。

何も感情が起こらなかった。
外側的には
ただ ボーッ、としていた、と思う。

このときは
何が起こったのかわからなかった。
気づいたのは2日後月曜あたり。

実は8年前に尊敬する先生に
これと全く同じセリフをもらったのだ。

と同時に、長年ものすごく
お世話になっていたこの先生から離れたのだ。
今振り返ると
これが私の歩み始め、であった。

この時 わたしは既に赦されていた
と8年後の今、
綜海さんのセリフで気づかされた。

ただ先生はそれまで
次のようなメッセージも
私に突きつけていた。
「それほどまでに、Flamencoを人前で唄いたい、
というあなたの気持ちはエゴからだ。
自己満足のためだ。」
と。

当時わたしは
黙っていれば殆ど機会がない
Flamencoをカンテソロ、
踊りではなく、唄だけで表現する場を
必死になって作ろうと活動していた。

都内の
スペインレストラン、などだ。

というわけで
わたしは後者のセリフに長年
囚われて来て
これを完全払拭してなかったようだ。

「わたしが唄で表現したいという気持ちは
エゴではない」
とハッキリ知ったのは、
2年半前である。

瞑想と、内なる男性性、女性性、
自分に中にいる
これらふたりの本質と現実を
理解することで

衝撃的なまでに自分を知る
エネルギーワーク、
スターサファイア 
スターサファイア
の学びの
ある瞬間に確信した時だった。

そして唄うことで
何かとの導管のようになれているコトに
自分がそれを深く感謝していることに、
気づいた。

瞑想で行きたいような境地に
既に唄っている時、たどり着く経験を
自分が持っていたことに気づき、
愕然とした。

それを知っていながら
わたしはまだ過去の呪縛から
完全に自由になっていなかったのだ。

今回綜海さんがやってくれたこと、
スピプロ最後の日に学んだのは
この後者の呪縛から
とっくに逃れてよかったことに気づいたことだ。

この綜海さんのセリフは
わたしが
「唄でお金をもらってよいのだろうか?」
というところに
今さら後戻りしてしまいそう、

という不安を告げたところで
出てきた言葉だった。

ドンピシャ、だったのだ。

綜海さんは
「わたしに今どーして欲しいのお!」
と聞いてくれて

その問いにわたしは答えたものの、
それが今ひとつ適切でないな、
と言った途端に自分で感じた。

わたしが迷いながら言ったのは
「ありのままのわたしを認めてほしい」
みたいなコトだった。

違った。

綜海さんはモチロン、
という感じでこれが
違う、と
わかってくれて

「いつか必ずあなたの唄を聴きに行きます」

このセリフを言ってくれた。

唄うことでお金をいただくことを承認。

既にそうしているのに
今さらかもしれないが
私にとっては凄く大きなことだった。

どのくらい大きいか、はこれから実感すると思う。

そして今。
わたしは尊敬していた
わたしの先生のこと✨

涙が出るほど今も大好きで
とても尊敬してる
ってコトにも気づいた。

書いたら号泣

おしまい

※この投稿は
本郷綜海さん スピプロ終了報告 その2 です。

【その3】へ続く。
その3

本郷綜海さんースピリチャルプロフェッショナルコース終了報告【その1】

2月25日土曜に
終了した✨スピプロでは

夢を叶えるために
こーかなー、
あーかなー、


どーなるかわからない
初めてのことにトライ、してきた。

スピプロ開始は昨年9月。
10数人の仲間とともに

✨自分の人生で
本当にやりたいことを実現するために✨✨✨

船出したのだ。

もう随分と昔に感じる。

こういうチャレンジ
私には初めて✨

まずチャレンジしてみた自分を褒めたいわ❣️

それが外側に
現れてこんなことが出来たよ✨✨
達成したよ✨✨

ということも、ある❣️
これに自分で価値を与えたい😍😍😍

でもネ。
もっともっと達成したいっ😳
目に見える成果をもっとあげたいっ😳

という気持ち、正直すんごく、ある❗️❗️

一日たった今朝、
それに気づいて朝っぱらから
わーわーっ 泣いてたよ。
悔しいのだ。

この自分の意外なオトコらしさに
オドロイタ😲

「オレは悔しいゾ❗️」
初めてのセリフだ。

今は自分の達成度に期待しすぎて
もー疲れたあ!😭😭😭

本郷 綜海さんには
先月、すっかり 「そみおとーさん」に
なってもらい、
リアル父に求めて叶えられなかったこと、

綜海さんに叶えてもらって癒された✨

そして今月の昨日は
「綜海せんせい」になってもらったの!

それで自分が
「とっくに赦されていた」
コトに気づいた。

で、それに気づいたのは
やっと今日✨

変幻自在に 求めに
応えてくれて
気づかせてくれた 綜海さん😳😳😳

なんでわかるんだろ。

ありがとう、とか言葉の種類
色々あると思うけど
どんな言葉で感謝したらよいかわからない。

わたしの夢は
存在の通り道となってFlamencoを唄う✨

生きることを絶対肯定。
それがFlamencoのメッセージ
メッセージの原点は唄。

Flamencoを知らない人達にも
これを
伝えることです✨✨

それも昨日でよりハッキリ。

この続きはまた✨✨😘

※写真の1枚は 娘レイコを
担ぎあげてくれようとして
しかし ムリがあった
そみおとーさん とレイコの図。

【その2 に続く】その2

ヨキカコ会から新月に起こったヒーリング。

この 左側のアタマの中の
激痛はなんなんだあああ⁉️

も、もしかしたら 脳溢血とかあ?
(なんて どういうものかゼンゼンしらない
ケド)

き、救急車🚗呼ぶ、
ってもしかしてこういう時かしらあ⁉️

なんて
30秒くらいは焦りに焦っていた。

「カルマの解放」というテーマの
マントラの入っている 瞑想CDでの
瞑想中のこと。

隠れ魂うた伝導師、あっちゃん、羽鳥あつこ さん主催、
Yokieがリードする ヨキカコ会の場だ。

激痛は2分くらい続いたと思う。

その前には咳と
右半身が花粉症のような症状(涙とかね)。

そこまでは
「カルマの解放」(=いらないものを手放す、という意味あい)
といった瞑想の場では経験済みだった。

だからそこまでは驚くこともなかったの
だけど。

この激痛には途中で瞑想を
やめようかと迷いもした。

結果的に続けた。

激痛は2分は続いてた気がする。

後半はもう
「くるものこい!
痛みであれ なんであれ
受けいれます」という態度をとった。

どうしようもない、
と感じるものに対して。

このとき、
一昨年 スターサファイアを学んだ
イタリアから
ほうほうのてい で
帰国後1カ月後に起こった

医者に行こうが
どうしようが やまなかった
「左腕激痛の1週間」の最後
と同じ境地だった、と気づいた。

この瞑想後、
つぎのhealing
の瞑想では

Yorkieが強力にサポートしてくれた、
と感じてる。

まずYokieはわたしの右背後に居た
(と感じてた)。

その後Yokieは
自分の席に戻ってた
(コレは薄眼を明けてみちゃったよ)

それなのに
わたしの右背後には強力な見張番、
門番が居つづけてる。

ズングリむっくりした、
ふる〜い黒い木彫の、顔のあかい
不動明王、だか鬼だか
火焔をしょっている

そんなイメージの存在と感じてた。

おかげでわたしは自分が防御に
まわろうとすることなしに、
安心して瞑想で
起こることを見ていることができた。

この不思議かもしれない体験を
話すと
Yokieは
「マントラは古くからのものだからネ・・・」
そういうことあるかもね、みたいな
コメントがあった。

また、瞑想から来たのではない可能性のカラダのことは 医者に、
という確認もあった。

とにかくYorkieの見守りは凄い、
場をしっかりホールドしてくれている
と実感し 感謝したこの夜だった。

翌日は新月。
久々に 本郷綜海さんの
スピプロの日だ。

帰り道にYorkie、あっちゃんと
いろんなことはなして

「それは
(わたしのかかえてるテーマについて)
明日あたりは何かが
起こりそうだね・・・」
となった。

そしたら‼️
起こった。

なんということだ。
わたしは朝 綜海さんくる
前から感情爆発💥💣💥

綜海さんが登場すると
「なんなの なんなの!
この場の しーんっ!て今ただいま
の状況はあああ⁉️」

みたいなセリフが開口イチバン、だった。

わたしにさっき皆にやったこと、
「もう一度やれい!」
という綜海さんに

「ホンバンを2度やれ、
なんてムリですよ!」
とぶーたれるレイコ。

こんなに怒っているのに
なぜか皆は ゲラゲラ笑ってた、
気もする。

凄い懐の深さだ。
脱帽だ。

わたしは いつもこんな風に
深く感情と繋がりたいみたいだ。

感情バクハツ、なんて
フツーの人間関係でやったら
大抵はもんだい起こるだろう。

それは承知してるつもりだ。

でも、わたしが怒って、泣いても
伝えたかったのは
愛、なの。

それはマチガイなし‼️なの。

今のわたしは
こうやらないと
伝えられないこともあるの。

冷静になんの転移があ?
なんて今は分析してる場合ぢゃないの!

フツーの場では
やっちゃいけない、と思ってて

代わりに半ば 合法的だろう、
と安心してやってるのが
Flamencoを唄うことなのよ✨✨✨
きっと、

で、
「みんなホンネを言ってんのかああ❣️
ほんとに感じてること表してんのかああ❣️」
ってのは
ジブンが言えなかったからなのよ。

おかげさまで
ようやく表せました。
みんな、ほんとにありがとう✨✨✨

と、
ここ午前までで
既に満たされ
もちろん体力もつかい

もうこの日は帰ってもよいやーっ
くらいの気持ちだった。

で、午後だ。
この日もう最後のワークの前あたり。

「綜海さんっ!
レイコが前から聞いてた◯◯について、
答えてくだしゃいっ!
どーしてもネっ。」

と、切実なる要望を出した。

綜海さんのお答えは
「あー、忘れてた!」

「ズキィ」とどこかで
キズが疼くレイコ。

しかしだな。
冷静にひいてみると
綜海さん忘れるようなことかもしれない。

前回までのスピプロで
充分話された気も
するし
他のメンバーももう納得してるようだったし。

なぜわたしだけが
こんなにこだわり
キズつくか。

はい、ココは
明らかに ジブンの過去の経験の
蘇り、キズに触れたということで
アリマス✨✨✨

わたしが
いくら頼んでも
肝心なこと、
言ってくれない オトーサン。

なぜなのか、
父本人も
「わからない」と言ってた。
わたしが理由追及してもどうにもならない。
父のこと。

いくら気にいらなくても
ヒトを変えることなんて出来ない。

前日の 左アタマの激痛、
イタリア後の 左腕の激痛のように。

そんなわたしに
綜海さんは、
綜海さんはあああ。

答えてくれたのだ。

父に代わって。

積年のわたしの要求を。

綜海さんが
答えてくれた内容は
とても腑に落ちるもので
満足したのだけど。

もっともっと‼️
満足したのは
綜海さんがなんであれ、

答えてくれた、

そのことだ。

答えは
タガログ語であれ
スワヒリ語であれ
よかったかもしれない。

つまり
わたしが理解できないコトバであれ、
わたしは満足。

深く癒やされる、
ということ。
起こったヒーリング。

みんなに
綜海さんに
Yorkieに

深く深く感謝しています✨✨✨

1月7日(土)Reikoやりたいこと120%コンサート♡お申し込み開始♡

1月7日(土)Reikoやりたいこと120%コンサートのお申し込みは
 ⇒コチラ

今年6月に葉山で催したごく少人数のコンサート。

十数年。

Flamencoの唄をうたいはじめて 短くもなし。

でも あのときが はじめてのソロ、

本当にひとりで唄った経験でした。

暖かい人たちに囲まれて

「本当に自分がやりたいことだけやっていいんだ♡」

という初めての感覚。

それは何か 人さまにも

何かが伝わっているみたい、という感覚。

「わたしはココに居ていいんだ」

「もっとやりたいことをやっていいんだ」

「これをエゴと言わなくてもいいんだ」

唄を通じて 初めて その感覚をつかみ始めました。

心から感謝しています。

今回さらに前に進みたいから

第2回 「♡Reikoやりたいこと120%コンサート♡」

存在の通り道となってFlamencoを唄う

~唄声は内側の宝石への通り道 ~

こんな風にしたい、と思っています。

出演: カンテ  清水玲子  ギター  木南利夫

ギタリスト、木南さんは

「わたしのままで居ること」を力づけてくれる存在。

ひとり、といっても結局伴奏してくれるギターあり。

木南さんなくては わたしがわたしのまま、はむずかしい。

そしてヘルパーに マヒマ ふくしまかよこさん。

彼女の存在にも助けられて

6月、そんな境地に至りました。

今回もわたしを助けてくれることに感謝。

そして今のわたし達をすっぽり包み込んでくれそうな素敵なスペース。

上野 宋雲院さま。

この出会いに感激し この実現のうれしさに圧倒されています。

このスペースで 何かを分かち合える日まで

じぶん自身を満たして 皆さまをお待ちしています。

清水玲子

今また信頼を学ばされるー後編ー

1412847134820

信頼を忘れ離脱しようとした
2年前のイタリア
スターサファイアのコース。

しかしながら日々
自分について発見、気づき、
そして結局愛、
というものに繋がるセッションとなる
毎日が感動の嵐。

だからこそ
出ていかず によかった❗️

しかし。
このコースの最中に
正直に怒りをあらわせなかった私が
その後どうなったかと言うと。

帰国後に
「バカヤロー❗️」
という自分自身の怒号(寝言です)で
目が覚める、

鉄筋コンクリートのマンション居住なのに、隣人まで起こしてしまう、
という日々が
ほぼ3ヶ月間繰り返された。

そして翌年(つまり昨年)のイタリアにも
ここから始まった
怒りのバクハツを
持ちこし、

そこで自分に起こった大きなことを
綴るのが、
このブログ開始のモチベーションとなった。

イタリアでの学びは
これは
魂の友に伝えるべき重要こと、

という自覚が最近強くなり、何もせずには
いられなくなってきた。

そこで 伝えたいから今参加しているスピプロ、
の学びの場で。

まさしくこのイタリアの
最初の事件を思い出させられることが
起こりました。

おかげさまで私は 信頼を学ぶために、このスピプロに参加した、と今では自覚しています。

ありがとうございます💓

さて、今日は
ハートを入り口として💕

自分がこれまで思い込んでいたことを
解放していく〜

メンタルブログラムの解放

がテーマのサトルボディヒーリング
を再び学んで来ます。

自分を取り戻したヒーリングのセッション。

 img_2173

本郷綜海さん スピプロ同期の、

Ikukoさんの ヒーリングのセッションを受けることができた!

彼女が行うヒーリング、
どんなものかはあまりよく知らなかったし、あまり聞きもしなかった。

BBSH、のものだそうだが
どんなものであれ、ぜひ彼女のヒーリングを受けてみたい、
と思った。

私は自分でサトルボディヒーリング、という別のやはりヒーリングと名のつくものをやっているので、
チャクラやオーラに働きかけるワークなのだろうな~
また自分は横たわって、Ikukoさんは手を使ってやるのだろうな~
そんな想像をし、それは大体その通りだった。

セッションはセージを炊いたりと、部屋の浄化から始まった。
各すみずみまで、彼女が気を配って行っているのがわかる。
いやあ、ほんとまずこれで場が変わりました。

そして~。
彼女は
今回の場合は特にイシューとか、今抱えている問題、とか聞かなかった。

この時のわたしにとっては

これがよかった。

 

整えられた場に横たわり
足の方から始まった、と思う。
彼女が触れているのは足なんだけど、受けている私の感覚は、
それが腹にきて、胸に来て、首、目、ついにアタマまで、とすべてに到達したなあ、と感じた。

急に「ラク~」な感じがやってくる。

またお腹に手をあててもらっている時、またここから喉、首、アタマの中、そして足のウラに血だかエネルギーが流れている感じ、循環している感じを強烈に感じた。
いわゆる「血の巡り」がよい、急に冷え性が治った感じ。
そしてエネルギーが流れ出す感じである。

他にもいろんなことやったと思うのだけど、すっかり気持ちよくなっていて細部はよくわからない。

あるとき、急にカラダの右側、右半身が浮くような感じがした。
そしてとても強い感じがした。
逆に左側は動かずに、静観しているような感じ。

 

これが今の体の右半身、左半身のエネルギー状態だ、と彼女は伝えてくれた。
うん、これが今の自分の状態っぽい、と感じた。
もしかするとこれは男性性、女性性エネルギーの状態を表しているかも、とも自分では思った。

ヒーリング中、第3チャクラのところにはいろんなものがあるようだった。
自分で感じていたのはゴチャゴチャゴチャ!とした感じ。
対外側、に向かってぶつかったり、ぶつけられたりしてるような。
あくまでイメージですが。

Ikukoさんからも「人との関係云々~」といったようなコメントもあった。
この第3チャクラにIkukoさんがいろいろと働きかけてくれているのがよくわかる。
たくさんのもの(エネルギー)が動いた感じがする。

体のどの部分だけ、ということでなく、ヒーリングは全体に及んだのだと思う。
眠くないのだけれど、ほわっとなって細かいことははっきりわからないながら、
常に体の中で何かが動いたり、変わっていること、
彼女が何かをやってくれている、
ヒーリングエネルギーのようなものを送っているみたい、
と感じることができていた。

優しくありながら、効いている実感常にあり。

 

さて、この時のわたしにとって
「何も話さなくていい」のはとてもラク。
やってもらうばかりなのも、とてもラク。

やっていただき気持ちよくなってばかりで、何かが動いて変わる実感があるのだから
ほんとラクに気持ちよくなれる感じ。

よく言う「癒される」とは、こういう感じなのかもしれない。

こういうことを、わざわざ言葉にする必要はないのだろうけれど~

このヒーリングを受ける前に感じていた自分の状態は
「(自分の何かのエネルギーが)前に行きたくて、つんのめりそう!」
な感じだった。

それがこのヒーリングが終わった後・・・
「このエネルギーは私の(ための)ものです」
「このエネルギーは私と共にいます」
という感じがした。

そして、
「自分がひとつにまとまった感じ!」になりました。
おさまるべきところにおさまった、というのでしょうか。
おかげで私は自分を取り戻しました!

以上。