✨グラナダ エンリケおじさんの洞窟✨その1

Cante Flamenco✨✨✨

フラメンコの唄だけのライヴを
ひとりでやり
皆さまに楽しんでいただく。

それはかつては夢でした。

今では 独演ライヴ、先日6月16日で
8回目を重ね
現実のものとなっています✨✨✨
***********

こちらはライヴの場でも
シェアさせていただいている
「Flamencoと旅」のハナシです。

よかったらまたライヴの場で
お会い致しましょう✨✨✨

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

20年ほど前
わたしの人生は危機的状況でした。
何もかもうまくいかない。
「自分には居場所がない」(物理的にはちゃんと住める場所あるのに)
「わたしの望むことは何ひとつ叶えられない」
という思いに苛まされ
ひたすら仕事に逃げました。

時はバブルの頃
仕事はいくらでもあり
毎月の残業時間は常に100時間超でした。
そんな生活が続くわけもなく
精神的にも身体的にも辛くなったわたしは

勤務してた会社の近く
聖路加国際病院 精神科の大平 健先生
を訪ねました。

そしてFlamenco、特に唄と自分との絶対的な関わりを培うことになった
スペインへの長旅が実現したのです。

会社を辞めずして
それが出来たのは
「病名:神経衰弱 3カ月の休養を要す
気分転換に旅はよし」
という素敵な診断書を
出してくれたおかげでした。

私は仕事、会社という牢獄に
自らを押し込めて感じることをマヒさせていた暮らしが一変。
突然の自由、を手にしたのです。

人間、あまりに本来やりたいことをガマンし
やりたくないことをやり続けると
体の具合がわるくなる~
まったくコレを体現していました。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
さて。
私が選んだFlamenco的行き先は
グラナダ、そしてセビージャでした。

アルハンブラ宮殿を擁す
イスラム教徒の支配が最後まで続いた地
グラナダ。

モーロ人(北アフリカからスペインに入ってきたイスラム教徒)の文化が
花開いていた美しい都。
まず一番魅力を感じた場所でした。

サクロモンテの丘
アルハンブラ宮殿を見渡せる川を挟んで
対岸の山。
この山肌を穿った洞窟住居があります。

この山肌をたどる道を歩くのは

旅情
何が出てくるかわからない危険な感じ
を超えて
「今わたしはどこにいるのだろう?」
場所も時間もわからない。
そんな感覚になります。

ここでは観光客を相手に
伝統的なFlamencoのショー
を見せる洞窟住居がいくつなあります。

20年前当時バブル華やかなりし日本。
今では考えられないほど
たくさんのめずらしい分野も含めた
音楽に触れる機会があり

一流のアルティスタが次々来日し
それまで触れたことのなかった
新しい情報が溢れ出ていました。

そんな中から
Flamenco、特に唄の魅力を発見しました。

次回 へ続く。

※最新話は フラメンコメルマガ にて連載中。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

※次回の独演ライヴごあんない。
✴︎✴︎
Cante Flamenco 独演ライヴ
唄声は内側の宝石への通り道✨ por8✨

日時と場所: ‪2018年6月16日(土)‬
‪17時40分開場 ‪18時‬開演
ギャラリー ゆうど(目白駅 徒歩6分)

出演:
カンテ(唄)*レイコ シミズ サンギート
ギター* 木南利夫

チャージ: 3,000円(当日払い)

三嶋大社のメッセージと6月23日ライヴ情報🌹

三島で傘☂️を貸してくださった方✨✨✨
ありがとうございました😀😀😀
深謝✨✨✨

昨日の不思議な話です。

前の晩 修善寺温泉♨️の素敵なお宿に
泊まりました。
昨年葬儀のときにいただいた旅行券にて。

1年経ってあの世からのプレゼントかしら😳という感じ。
堪能させていただきました。
ありがとうございます💓

さて、帰路。
三島で途中下車。
初めて行ってみようと思った
楽寿園は休館日😳。
で、三嶋大社に行こうかな、と思ったものの、
雨が降りはじめました。

道すがらの観音さまに
「雨がやみますように」
と手をあわせたものの、
もう既に降ってる😳。

急いで
「雨に濡れませんように」に変更😆!

我ながら都合よい神頼みだな〜
と思いながら
素敵な緑溢れる水辺を歩いているうちに〜〜
雨はいよいよ本降りになってきました。

近くに傘など売っているようなところでは
ありません。

気分は
「仕方ない、帰ろう」となり
駅側にくるりと方向を変えた途端😳😳❗️

目の前の木に立てかけて
あるではありませんか❣️

白いビニール傘が❣️❣️

あたりには誰も居ません。
しばしその木と傘の前で
ボーゼンとたたずみました。

誰も来ません・・
通りません・・・
なんだか雨と自分がいるだけ。

結局
その傘をさし
三嶋大社へと歩きはじめました。

******

本降りモードの雨の中
本殿へ到着。

あたりは雨のだというのに
かなりお参りの方々のすがたあり。

タイミングよくわたしが
二礼、二拍手👏👏
をしたあたりで

サッサッ というお祓いの時に
神主さんが振る あの音。

拝殿内でご祈祷していただいてる
数名の方々がアタマを下げているのに
合わせてわたしも。

わたしがお願いしたご祈祷では
ありませんが
一緒にお参りさせていただくような
格好になりました。

そのまましばらく本殿前でお参りするうちに
雨はいよいよザンザンと激しさを
増して来ました。

今ココを動くなんて考えられません。

で、聞いてみました。
「わたしへのメッセージは
なんですか?」

まず体感的に4.5チャクラのあたり
右の鎖骨下かなら右よりに感じます。

そして〜😳
「右大臣⁉︎(ハッキリしないがとにかく右)
が申す」
みたいな口上あり。
男声。

その後メッセージらしき。
「雨が降ろうが 槍が降ろうが
がんがん行けぇえええ!」

ぇえええ⁇😳😳😳
あまりの激しい内容にボーゼンのレイコ。

神主さんの祝詞は続いてます。
「ナントカかんとか〜
かしこみ〜かしこみ〜🌊🌊🌊」

という祝詞に合わせてか、
雨はザンザン❗️から
バラッ、バタバタッ❗️❗️と
激しくぶつかるような音になってきました。

こうなると
濡れるから、というより
固形物に当たって痛そうな雨⚡️☔️で
ますます拝殿から
動けません。

お参りしてたとあるオバサマが
わたしの目の前に来て言いました。

「ああ、また雨!
しかも激しい雨!!!
わたしが神社にお参りしていると
いつもかなりの雨☔️☔️☔️!!!」

その方はすごく穏やかそうな顔で
上品な感じで にこやかで
とてもいいヒトそう、でした。

その穏やかさと、この言いっぷりの
気っ風のよさ、派手さ、
はっきりした感じの組み合わせが
不思議な感じでした😳。

さて、雨が少し弱まったので
お守りなど売っている社務所へ移動。

屋根が小さいのでそこもすぐ移動した
ところ、
「お守り入り おみくじ」の
あんない板あり。

ああ、前に来たときコレをやったなあ、
と思いだし
今回もこの おみくじをひいてみよう、
ともどりました。

すると〜😳
ひいてみた おみくじには

「雨は降ろうが 槍が降ろうが〜」

とほぼ同様のメッセージが
書いてあるではありませんか😳❗️❗️

中でも特に
芸事・学業の欄にです😳😳❗️❗️❗️

おみくじは紐に結び、
今起こったコトを記録しようと
福太郎(蓬餅にあんこが添えてあるような三嶋大社 縁起物)茶屋に入りました。

お茶を飲みながら
メッセージをメモ📝。

福太郎をおみやげにも買って
外を見ると なんと晴れてます☀️☀️❗️

「凄い降りだったね〜
天気予報では 『棒のような雨』って
言ってたね〜」と福太郎売り場で誰か
言っていました。

なるほどアレは槍だか棒だか
のようだった!!!

さて、帰路です。
傘☂️はあの木のアソコに返そうか、
と思いつつ、歩いてきたらもう駅!

道が違ったのです😳。
まずは昼御飯を済ませるか、
となり食べ終わったら
また激しい雨☔️☔️☔️

で、傘は今もわたしの手元にあります。

不思議な話 は以上。

このメッセージを胸に抱き
進みます✨✨✨
ありがとうございます😃😃😃😃😃

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹
次回 Cante Flamenco ライヴのお知らせ

レイコ独演会 vol.4
「唄声は内側の宝石への通り道」
2017年6月23日(金)
open:7時 start:7時30分
チャージ(¥2,000-予定)+オーダー

場所:阿佐ヶ谷 天
http://asagaya-ten.com/about.html

出演:
カンテ: レイコ シミズ サンギート
フラメンコギター: 木南利夫

これまで
色々なところで唄わせていただきました。

この日は
阿佐ヶ谷駅近くのライヴハウスで
お待ちしております✨✨✨😘😘😘

🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹🌹