イタリアで見た過去生~ローマ パスポート盗難 その2

DSC_0848
DSC_0848

~ 2年目のイタリア経験 ~
サガプリヤ スターサファイア エナジーワークパート2の15日間のコースを終えて。

~その2~

ローマはテルミニ駅近くのホテル前で

タクシーから皆のたくさんの荷物を下ろし。
一行と今晩の夕飯の待ち合わせ場所を約束し。

マルコありがとう、挨拶したりハグしたり結構時間かかってる。
さあて、隊長まてぃ一行4人が降りて こんどはReikoのホテルに行く番。

座席に戻ると~。

アレっ?
Reikoのハンドバックがないなあ。

なんせ重いから後ろの座席に置いたままだったんだろ。

もう6時近く、あたりは暗い。座席の下に落ちたのかなあ、マルコ、座席を倒してみて。
ないねえ、ない。まてぃ達が間違ってホテルまで持っていったんだろうか?

ホテルに聞きに行く。
・・・ない。

やっぱり地面に落ちてるのかなあ。
・・・ない。

暗いからなあ・・・・ないなあ。
・・・ない。
・・・

カバンがないとマルコにタクシー代も払えないし、
ホテルに入った隊長まてぃに相談に行く。

それはぁあああ~

「取られたんだよ・・・。」とまてぃ。

Reiko
「!!!マサカソンナ!!あの一瞬にして!!えっええ?アリエナイ!!!!!」

・・・しかし
・・・・・・しばらくして。

Reiko「そうかもしれない・・・」

ローマというところは。昨年もバスの中でスリにあっている。

27年前初めての海外旅行でやってきたローマ、
ここ多分全く同じ通りでジプシーの子供にカラの財布を取られたわけだし。

これでこれまでReiko3回のローマ訪問時100%!!ドロボーにあったということだ。

タクシーに戻った。
マルコにこの旨話した。

マルコは
「えっええ?アリエナイ!!!うそだあっ!! そんなばかなことがあるかよ!!
オレはこの車から離れなかったぞおっ!!!」

Reikoの驚きにさらにさらに輪をかけた驚き様。
その騒ぎようったら、ない。

そうか、同じイタリア人でも「ローマのドロボーの手口」にゃこんなにオドロクのか、
とまた驚く。

なにせ「座席のドアが開いていたのは30秒くらいの一瞬」だったと思う。
たぶんその間にとっていったのだろう。
もう瞬間芸術芸としかいいようがない。

「一瞬のスキ」を狙われたのだろうが、これ以上気をつけようも、ない。

参った。完全降参。

念のため、まてぃが路上のゴミ箱の中も確認してくれたが、ない。

マルコはこれまで2週間のコースをやっていた アッシジ近郊お宿の主人にケータイからデンワ、
コーディネータにもデンワ。

Reikoもコーディネータと話したら「マルコのせいじゃないわよ!」とか言っていた。

マルコは責任感じて自分のせいだ、と彼女に話したわけだ。
ともかく大騒ぎで彼なりの対処しようとしてくれた。

しかしながらハンドバックが無くなったのはここローマなわけで、
どーにもなりゃしない。
こーなったらReikoに必要なのは地元の警察とかだ。

マルコは責任感じて「(タクシー代を)負けるから」と言ってるようだが、なんだかよくわからない。
ここで時間を食うのももう無駄だ。
ドロボーだと気づくまでの大騒ぎに40分はかかったと思う。

で、気を取り直してReikoの泊まるホテルリミニまで行ってもらう。

ホテルの受付では、パスポートのコピーを出して「今、アクシデントでパスポートないの!」
と事情を話す。

レセプションのお兄さんがサッとネットから取り出した情報は
「日本大使館緊急連絡先」。

早い!慣れてる!!

その日は土曜。月曜朝まで大使館は開いてない。
その連絡先に連絡するしか方法はない。

で、まずは盗難届けが必要なことは知識として知っていた。
ホテルに警察の場所を聞く。

テルミニ駅構内のそれを、これまたすぐサマ教えてくれた。
(続く)

続きは 
その3へその3へ

イタリアで見た過去生〜ローマパスポート盗難 その1

サガプリヤ スターサファイア エナジーワーク(パート2)の15日間のコース最終日のこと。

これはReiko2年目のイタリア エナジーワークコースにてサガプリヤに受けたセッションの後、
過去生での出来事が、実際今に起こった「現実お試し」のような体験の記録です。

10月31日(土曜)

イリアはアッシジ近郊のレ・トラッチェでこの日にコースが終了。

自分の男性性と女性性のエネルギーを見るワーク。

深い内面の海の底の底までを見て

2週間の間にまるで何生も生きたかのような疲れ。

夕方5時すぎだったか?

レ・トラッチェ専属契約 マルコが運転するタクシーで

隊長のマティ達が泊まるローマ、テルミニ駅近くのホテル シャンパーニュパレスの前の路上に着いた。

ここはまさしく27年前、

初めての海外旅行にて

新聞紙を抱えたジプシーの子供に「空のサイフ」を取られた場所。

あのとき たくさんの子供たちを振り払って逃げてきたのに、あるひとりの子が追ってきた。

わたしはもう逃げずに「なに!」と聞いたら

猫の顔の形をした空のサイフを「これ返す」と。

拍子抜けしたもんだった。

さて今回は タクシーは大きなワゴン車。

一行5人。

この半月、Deepなエナジーワークをともにし

田舎の修道院さながらの 自然と無時間性の溢れるお宿で 殆ど出かけず毎日顔をつきあわせた特別な仲間たち。

Reikoは3列シートの最後部に皆のスーツケースとかの大荷物と共に座っていた。

「ほら!この荷物は降ろす?あの荷物はどう?降ろすの、降ろさないいのおお??」

マルコがワゴン車後ろのトランクから、どんどん皆の荷物を降ろそうとする。

Reikoホテルは皆と違う。

ここからごく近いが、大荷物を抱えたReikoは次のホテルまで是非行ってもらいたい。

モチロン隊長のまてぃには事前に頼んであった。

しかしここはテルミニ駅近く。道路は混んでるし、遠回りだし、駅の西側東側を移動するのは一苦労。

マルコは面倒がっている。

「それはReikoの荷物だからまだ降ろさないで!」

と躍起になって車から飛び出してトランクの前に行った。

その間、ほんの少しの間、座っていた座席の横のドアは、開いていた・・・。
(続く)

続きはコチラ⇒ その2

 その2

Flamenco~瞑想への魂の旅✨