「瞑想、♡瞑想」カテゴリーアーカイブ

デッサンを通じた♡からのメッセージ。

初めてのデッサンを通じたメッセージ。

ある人の若い時の顔を写真を元に書いてみた。2.5時間も絵を描くなんて久々。

かなり大変な、でも楽しい時間だった。

わたしはハート瞑想として「誰かのハートを感じる」ために絵を描くことがある(その場合は顔、を描くわけではない)。

それと同じような気持ちでスケッチしてみたのだ。

初めてのことで冒険心に満ちていて、そしてそれを描いたことでその人の本質を感じることが出来て、眺めまくって満足だった。

で、さらに。

ちゃんとデッサンできたらもっと感じれるかも!

と思って数日後の波奈ちゃんアート教室に参加することにした。

そこでまず味わったのは〜。

じぶんでせっかく描いたもの、を消すことの痛み。

誰に言われたわけでもなくじぶんで「これは違ったのだ」と認識し、過去の判断を捨ててまっさらに戻す。そして新たな認識でやり直す。

それをやって初めて前に進むんだ。

これが厳粛なる事実。

このデッサンを通じてそう認めた。

そしてそれはわたしの唄、に対しても同じことが必要なのだ。

 なおす、って手放す痛みがある。

 新しい認識を得たことの喜び、より前にそれはやってくる。

 喜びに変わったときにようやくそれが執着だった、と見方が変わったのだ。

「感じること、感性を育てる」みたいなことと、デッサンは別、逆、みたいなハナシも、子ども時代からよく聞いた気がする。

形を取ることを重視するあまりに子どもが感性を失う、犠牲にするみたいなことだ。

果たして

アチラを取るとコチラが立たぬのか?

だけど今のわたしはもうオトナだから、その両立が出来るかもしれない。

そんな可能性を感じたのだ。

何を捨てて新たにし

何を持ち続けることが

今のじぶんにとって正しいのか?

その判断がそろそろじぶんで

出来るんじゃないのか?

人の意見は有用な部分だけを

受け取らせてもらい

じぶんにとって害になるもの

役に立たないもの

は識別出来る

そうして

じぶんの道をじぶんの脚で

歩むことが出来るだろう?

アートの神さま 

あるいは わたしのハート♡は

きっとそう言ってる気がした。

波奈ちゃんの言ってた「消すのも描くのと同じ(進んでる行為)」と言う言葉が忘れられない。

それにじぶんで価値を与え続けられるか?

「ありのままを見ようとする(デッサン)」ことはまたまさしく瞑想だった。

わたしはじぶんをジャッジせずに

じぶん自身をただ観る。

わたしはそのように在りたい。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

次回リアルのハート瞑想イベント

お知らせ♡

2022.9.29(木)

葉山瞑想イベント💓ハート瞑想 with Song✨

ー歌とともにハートを感じるー

⬇️詳細・お申し込み

https://resast.jp/events/746363

初めてのデッサン。
葉山 

7月18日(月)大阪でハート瞑想with Song♡

今感じてることをぜ〜んぶそのまま感じる、

ってかつてわたしには難しかった。

実は今だってそう。

でもハート瞑想のおかげで

だんだん感じられるキャパが広がってきた♡

それがわたしの

瞑想始めて取り組んで来たことかな、と思う。

でも瞑想に出会う前から

わたしは唄っていた。

結局は

唄うことも

瞑想することも

同じく

自分の内側に向かうことだった✨

わたしにとってはね😃😃😃

ハート瞑想で

唄とともにハートを感じる♡

そんな瞑想イベントが

出来るなんてとっても嬉しい。

しかも大阪で。

そんなきっかけをくれるなんて

きっと魂の友✨川崎陽子さん

が声をかけてくれて。

7月18日(月)祝

大阪方面のお友達、

ぜひお会いしたいです♡

♡♡♡♡♡♡

陽子&レイコの瞑想イベント💓ハートを感じる with Song✨

7月18日(月) 13時〜16時

場所: 大阪府 池田市内

詳細・お申し込み⬇️

https://resast.jp/events/714110

5月25日水 ♡「ハート瞑想とタッチ瞑想」葉山のお知らせ♡

次回

葉山での「ハート瞑想とタッチ瞑想」のお知らせ💓

5月25日水曜 14時〜17時

詳細・お申し込み⬇️

https://resast.jp/events/707405

レイコシミズ サンギットと神吉ミタで

毎月葉山のゆったりとした個人の瞑想スペースで行う

少人数の楽しく じっくり深い瞑想イベントへのお誘いです。

ハート瞑想は

ガイド瞑想(ただ耳を傾けるだけの瞑想)と、シンプルなエクササイズ

で構成された瞑想会です。

レイコは

あるがままの自分を受容するって何?

自分を大切にする、ってわからない

と感じていた時期がありました。

自分が感じる恐怖はもちろん、

うれしい、楽しいと感じることも受け取るのがその頃困難でもありました。

そこから抜け出せたのは「ハート瞑想」のおかげだったのです。

ハートに気づくことは、また瞑想の入り口に立つことでも

ありました。

リラックスしていること

ただくつろいで気づいていること

ジャッジがないこと

ハートはそれらを可能にします。

ハートには

自分と共に居ること

自分の本質に気づいてそれを受け取ること

を可能にするさまざまな機能があります。

この日は「ハートを感じる」

という方法を通じて、それを体験していただく機会です。

【ただ、ハートと共に在る ♡ タッチ瞑想について ミタより♡】

手はハートと繋がっています。

手は、愛を受け取ること、伝えること、繋がることを可能にしてくれます。

後半は、タッチを通して、自分のハートと友達のハートに触れていきます。

何も変えようとしない、、

ただ愛と共に触れ、

ただタッチと共に在ること、

それはとっても愛しい寛ぎの瞑想です。 

それを共に楽しみましょう。

ゆったりと海を望む葉山にて

ハートの体験を共に過ごしましょう💓

【実施人数について】

最大4名さま。

【参加費】

5,000円

(2日前までのお申し込みで3,500円)



【場所】

神奈川県 三浦郡 葉山町
個人宅にて(ご参加の方に詳細お知らせします)

JR逗子駅、京急 逗子・葉山駅よりバス利用
バス停下車 徒歩7分。

【詳細・お申し込み】⬇️

https://resast.jp/events/707405

塙 保己一氏と豊かさと。

わたしにとっての

豊かさとは何か、

きょうひとつ知った。

どうしても銀行に行く用事のため、久々に来た渋谷。

どの出口に出たらよいのかもわからず、自分が今どこにいるやらまったくわからない。

かつて駅に立てば持っていたはずの方向感覚が、ない。

再開発ということでこれだけ変わっているのだから、もしかしたら目的地である銀行ももうそこにないかもしれない。

案の定、新しい地下道の地図の前でネットを検索したら、かつてとはまったく違う場所に移転したことを知る。

そしてかつての大フロアがビルの小さな間借りスペース、であることにショックを受けた。

わたしがむかしから預金している銀行が小さくなったのは、何か心もとない。

そこにそれほどの預金があるわけでもないのに。

でもその銀行は、とても気のよい場所に移転していた。

かつての駅前の喧騒とは無縁だ。

用が済んだら近くにある

素敵で美味しいレストランでランチをしよう〜。

朝、出がけにイメージした通りの

イタリアンレストランが目の前に現れたので、喜んだ。

しかしその喜びも束の間。

この環境でわたしの許容範囲の値段で素敵なランチを提供してくれていて文句は言えなかろうが、

いかんせん居心地がよくない。

そしてわたしにとっては美味しい、とは言いがたい。

空調がモロにあたるカウンターの席。

目の前の料理人やフロアにそれを運ぶカマレーロはてきぱき、というより慌てているように見えた。

予約のお客さまは相手にするが、こちらはただ邪魔にされているように感じた。

それでもそこに居続けられる

自分は、かつてからみたら

随分と余裕がある。

見方によってはずうずうしい、

そうなれるほど年をとったのだなぁ、と思う。

その残念だったレストランに

別れを告げ、渋谷にはもう戻らず

広尾方面に歩みを進めた。

目の前にとても古そうな鉄筋の

雰囲気いっぱいの洋館。

重要文化財、とある。

そして塙 保己一資料館、とある。

入館料、100円。

わたしはもちろん、入ってみた。

塙 保己一さんとは、

江戸時代のいわば学者さん

というところか。

7才から盲目だった、

とは今回知った。

「群書類従」という著書、というか本人は書けないから聞き書きした書の名前だけは知っていた。

盲目の彼は読んでもらったものを決して忘れない記憶力の持ち主だった、とのこと。

それをまた語って記録に残したのが

この「群書類従」だそうだ。

例えば「竹取物語」。

あのかぐや姫の絵本は、彼が居なかったら子供のころに読む機会はなかったかもしれない。

そういう貴重な仕事をした人だ、

と熱く語る目の前のこの資料館の女性。

初めてあったが実は知っている。

数時間前、電車でわたしの目の前の席に座っていたのだ。

「クローズアップ現代」のキャスターだった国谷裕子さん、にとっても似ている。

わたしは彼女のことがだいすきで、憧れる人のひとりだ。

あの知性と真実を知ろうとする

探求心と妥協のなさを

尊敬している。

そんなわけで、

今朝電車内で彼女に似た人が

目の前に現れたことを嬉しく思い

わたしはその場でそのことをメモしていたのだ。

そして再びその資料館で

現れたその人。

あるいはわたしの思い違いで、

今朝の車中とはまったく別人なのだろうか?

もうそれは

どちらでもよい。

わたしは

とても豊かさな気持ちになったのだ。

200年前の版画の形式そのままに、

平成になってから刷ったという

「竹取物語」の一節を買ってきた。

コピーではない。

江戸時代と同じ版画そのまんま。

これをもう歩くことはない、

でも嬉しいことに

今も本が読める92才になった父の

前で朗読することにしよう。

わたしは

自分にとっての豊かさとは何か、

またひとつ知った。

きょうは八十八夜、だそうだ。

2020年4月27日【ふたつの愛の岸辺】~内側の男女それぞれのクリエイティビティ葉山

4月27日(水)

【ふたつの愛の岸辺】~内側の男女それぞれのクリエイティビティ

〜内側の男女それぞれの潮流〜

月に一回、レイコシミズ サンギットと神吉ミタで

葉山の隠れ家的なサロンで ゆったりとした少人数の瞑想イベントを開催しています。

4月は平日、27日(水)14時~17時

詳細・お申し込み⇩

https://resast.jp/events/694556

誰もの内側にふたつの独立した大きな潮流、エネルギーの流れがあります。

この瞑想イベントを行うスペースの近くには海岸がありますが、まるでそれは違う波が押し寄せるふたつの岸辺、流れなのです。

これが誰もの内側に存在するインナーマン(男性性)・インナーウーマン(女性性)です。

ふたりは全く違う2つのキャラクターで、あなたの中にエネルギーとして存在するのです。

今回はこの内側のインナーマン・インナーウーマン、それぞれのクリエイティビティを探求していきます。

多くの人はそれらを単純に、あなたの内側の男らしさ、女らしさ、と捉えていたり

二人がラブラブであれば良いんだよね? と、思っているかもしれません。

でも本当は、大きな屋根を二本の柱が支えるように

インナーマン・インナーウーマン各々が、愛と瞑想と共にしっかりと自立し

「自分自身の生」を生きていくこと。

それが、本当の意味で、「自分を愛する」と言うことです。

すると外側の関係性や仕事にも、美しい流れをもたらしていきます。

でも、実際は、スターサファイアのセッションなどでエネルギーをみていくと、

インナーマン・インナーウーマンどちらかがどちらかを愛するあまり、
自分を犠牲にして

お金を稼ぐために全く自分に合わない仕事を必死でやっていたり、

相手をコントロールして、自分の意のままに動かそうとしていたり、

相手が大きく見えすぎて、自分は全くダメで何もできないと、自信をなくしてしまっていたり、、、、etc…

内側ではそうしたたくさんのドラマが繰り広げられています。

今回の瞑想イベントでは短い時間ですが、

自分の内側のインナーマン・インナーウーマンのキャラクターとの出逢いに導きます。

その出会いは全く今まで知らなかった人にとっては衝撃的かもしれません!

そして各々が「ほんとに自分自身のためにやりたいこと」

を見つけていく手助けになれば、と思っています。

定員最大4名です。

ご縁のある方、お待ちしています。

★予定されている内容

◎Yesの瞑想。

 あなたの「生」を動かしている「流れ」にハートを開く、そのためのアクティブな瞑想です。

◎呼吸の瞑想。

 ゆったりとした、骨盤を動かす呼吸をガイドしていきます。

 あなたの男性的エネルギーと女性的エネルギーの流れに気づきます。
今の時期自分がそれに対してどう感じているかに気づきます。

◎インナーマン・インナーウーマンそれぞれのクリエイティビティをサポートするワーク。

  あなたのインナーマン・インナーウーマンが本当にやりたいことをサポートします。あなたがそうしたければ絵を描いたり、歌ったりするかもしれません♡

 ◎インナーマン・インナーウーマンへの質問。

  あなたのインナーマン・インナーウーマンの窓である目に、それぞれのクリエイティビティを知るための質問をしてゆきます。
 これまでまったく知らなかった場合は、衝撃的な応えが返って来るかもしれません♡

 ※10時~、18時~には

 レイコシミズ サンギットのサトルボディヒーリング、スターサファイア

神吉ミタのサイキックマッサージ、スターサファイア の個人セッション受付中。

◆日時:4月27日水曜 14〜17時

 ◆場所:葉山 森戸海岸近く

 最寄りのバス停「森戸海岸」より 徒歩約7分。
JR逗子駅で3番乗り場、もしくは京浜急行 新逗子駅より「葉山一色」ゆきのバスにご乗車。
(詳細はご参加の方にお知らせします)

◆料金:5000円

(2日前までにお申し込みの方は、早割3500円)

◆詳細・お申し込み⇩

https://resast.jp/events/694556

 

「ふたつの愛の岸辺」5

「ふたつの愛の岸辺」。

それはなんだろうか?

それは

このじぶん、とはいったいなんだろうか?

という問いかけとほぼ同じだ。

/

両岸は片岸がインナーマン。

そしてもう片岸はインナーウーマン。

/

その間に流れる愛のど真ん中に立つ。

歩く。

/

人生の道を歩む。

瞑想の師である

サガプリヤは夢の中で

当然のように右手に降りていった。

/

急いでわたしが続くと・・・

なんと!

そこは海岸ではないか!!

現実は山、のはずが夢では海。

そしてその断崖絶壁のそこここには

イルカがいる。

アシカもいる。

崖を降りていくのは怖い。

でも、楽しそう!

冒険に満ちている。

/

/

右側はインナーマン、

のエネルギーなのである。

戦いを終えて

わたしのインナーマンは

これから新しい冒険に出るのだ。

/

わたしはひと月前の夢から

今、ここに導かれた。

2022年4月の葉山での瞑想イベントは

新しい試みになる。

ワクワクしている。

(終)

2022年4月27日(水)14時〜 葉山瞑想イベントご案内

【ふたつの愛の岸辺】貴方のインナーマン・インナーウーマンのクリエイティビティ

〜内側の男女それぞれの潮流〜

詳細とお申し込み ⇨ https://resast.jp/events/694556

「ふたつの愛の岸辺」4

「ふたつの愛の岸辺」。

それはなんだろうか?

それは

このじぶん、とはいったいなんだろうか?

という問いかけとほぼ同じだ。
/

じぶんの内側にいる男女。

インナーマンとインナーウーマン。

このふたりの関係は

すなわちじぶんと

外側の誰かとの関係に投影される。

/

わたしと外側の誰かは

これまで随分と戦って来た。

/

それはある時は

尊敬する先生だったり

元々は仲のよかった瞑想仲間だったりした。

わたしはもうこの戦いをやめる。

もうしたくない。

しない。

/

この世に体のある時間は限られている。

わたしはじぶんのエネルギーを

じぶん本来の仕事に使いたい。

わたしの本質を発揮することに。

/

それは戦いではない。

今世の中では

「戦争」なんて言葉で

随分と戦いが表面化してるように

思うけど

それは常に起こってた

/

マスコミが戦争、と呼ぶかどうかはともかくとして。

そしてわたし個人の中でも

それは起こっていた。

当然、苦しかった。 

/

なぜそんなことが起こるか理解出来なかった。

わたしはそれでも

一生懸命に生きていた。

とても疲れながら。

それを紐解いて

わたしの内なるふたりを

見せてくれたのが 

瞑想の師 サガプリヤである。

/

彼女は両岸が海に挟まれた

ど真ん中の道を堂々歩いていた。

わたしの先を。

両岸は片岸がインナーマン。

そしてもう片岸はインナーウーマンなのである。

/

/

ではその真ん中の道は何か?

愛、なのである。

ふたりの間を流れる愛、なのである。

かつて話しにはこれを

聴いていたけれど

夢を通じて

これを改めて知らされた、

と気づいてわたしは

衝撃を受けた。

感動した。

/

内なるふたりは

それぞれが流れている。

そしてそのふたりの間に流れる愛がある。

そのど真ん中に立ってみよ

そこで起こることを見よ

そんな風に感じた。

( に続く)

「ふたつの愛の岸辺」3

「ふたつの愛の岸辺」。

それはなんだろうか?

それは

このじぶん、とはいったいなんだろうか?

という問いかけとほぼ同じだ。

/

愛、慈愛、優しさ、勇気、受容性、繊細さ、忍耐、自由、喜び・・・

表現するなら例えばこう言った言葉になる。本質はほかにもたくさんある。

わたし達を生かしている資源、本質はたくさんある。

/

それらはそれぞれ

両岸のどちらかに帰属する。

同じ本質がふたつの岸辺

どちらにも流れていることもある。

/

そのふたつの岸辺、

とは

「インナーマン(内なる男性)」と

「インナーウーマン(内なる女性)」なのだ。

/

この両者のエネルギーの流れが

ある限り

私達は生きている。

/

どちらかが死ねば死ぬ。

生きていることは

ふたりのダンス、なのだ。

どちらかが仕事をし

あるいはふたりで同じ仕事をし

別の分野を受け持つ。

/

どちらかは唄うことが好きで

どちらかは唄を聴いていることが好きである。

どちらかは

年中旅をし、冒険することが大好きで

どちらかは家で瞑想することが好きだ。

/

そんな風にふたりの性質は

違うことが多い。

いつもふたりの関係が

上手く行っているとも限らない。

どちらもじぶんでありながら

お互いをよく理解しているとも限らない。

/

朝出かけるときには

「いってらっしゃい」の一言を

相手が強烈なまでに欲していた、

なんて知らなかったりする。

/

だから大なり小なり

ふたりの間には色々なことが起こる。

まるであなたと

あなたのパートナーの間に

いろんなことが起こるように。

いや、

実は順序は逆だ。

/

あなたの

インナーマンとインナーウーマンの間柄が外側に現れるのだから。

必ずパートナーとの関係に

現れるわけでもない。

相手は親かもしれない。

子供かもしれない。

あるいはあなたが散々苦労している

職場の上司との関係かもしれない。

( に続く)

「ふたつの愛の岸辺」2

「ふたつの愛の岸辺」。

それはなんだろうか?

3月30日に葉山瞑想イベント

瞑想イベント@葉山【春♡ハートの喜びを解き放つ】

で発見したこと。

この時の盛りだくさんの内容のなかにいつもある「ハート瞑想」。

この瞑想をすると

その時々じぶんのハート(ハートチャクラ)を色々な形で感じる。

この日わかったことは

スピリチュアルハートとは

胸の中心にその場所、入り口があるだけでなく

ハートから全身に流れてゆくエネルギーそのものだ、

ということだ。

/

まったくそれは固定化されていない。

常に動き 流れている。

まるで海岸に寄せてくる波が

決して止まらないように。

それが止まるとき

動かないとき

/

もしかしてそれは死、

というのかもしれない。

しかしその動きを見ている人は

死なないように感じる。

/

それを師は観賞者、というが

魂、でもあるのかもしれない。

それは時空を超えるのだ。

肉体に常に流れるエネルギー

止まらない心臓。

生きている。

/

それはなんてすごいことか、と思う。

この日わたしの

ハートから流れるエネルギーは

まるで胃カメラが胃の中の様子を写すように

(胃カメラはくるしいからキライだが)

わたしのハートの内部を照らし 

現した。

そこにはピンクの美しい花が揺れていた。

それはわたしの本質を

現したものである。

この繊細で優しい感じ。

いろんな事を感じやすいじぶんに以前は価値を置けなかった。

感じすぎてくるしい思いをしてきたからだ。

/

しかしこうしてハートチャクラにあるじぶんのエネルギーを花として見るとき

じぶんの繊細に感じることが出来る能力、優しさは

長所として価値を置くことが出来る。

わたしはじぶんを成立させている

本質の一部を知って安堵する。

(3 へ続くhttps://reiko.link/2022/04/08/)

ふたつの愛の岸辺①

「ふたつの愛の岸辺」。

それはなんだろうか?

それは

このじぶん、とはいったいなんだろうか?

という問いかけとほぼ同じだ。

瞑想の師であり

わたしの愛するエナジーワーク

スターサファイアの師である

サガプリヤの夢を見た。

わたしは葉山の海の近くで

仲間と瞑想会をしている。

むかしから変わらない海岸沿いの道路の道幅はせまく

ここを通る路線バスの運転にはかなりの技術がいる。

歩くにも注意が必要な箇所が多い。

逗子駅に向かって左手は海岸で

そこここから砂浜に出られる。

ここからの眺めは最高だ。

この広がりは最高だ。

天気がよい時の富士山の眺めは

一種 この世のもの、とも思えない。

右手は山側で

わたしの瞑想スペースもこちら側にある。

(ココまでは夢でなく現実)

その左右の真ん中を

わたしを先導するように師は

さっさと歩く。

道を知っているのはわたしで

彼女は何も知らないはず。

彼女は当然のように右手に降りた。

急いでわたしが続くと・・・

なんと!

そこは海岸ではないか!!

現実は山、のはずが夢では海。

そしてその断崖絶壁のそこここには

イルカがいる。

アシカもいる。

楽しそう!

かなりの年寄りであるはずの

師はその断崖絶壁をいかにも

ラクチンそうに降りてゆく。

わたしの心配など

まったく無用のようだ。

(②へ続くhttps://reiko.link/2022/04/07/)。