人をわるく思わないひと。西脇美絵子さんへ。

人をわるく思わないひと

だった、というご挨拶の

言葉が一番印象的だった。

フラメンコが好きな人達を応援し

奉仕することに人生をかけた人。

世界唯一のフラメンコ月刊誌、パセオの編集長をかつて勤められ

最近ではコロナ時代の新しいコミュニティ「アクースティカ倶楽部」の創設と発展に尽力されていた。

西脇美絵子さん。

キリコさん、と多くの人は呼んでいた。

「人をわるく思わない」

それってなんて凄い才能だ、

と思う。

だから彼女の元では

どんどんと人が繋がっていく。

新しいアイディアが体現していく。

「フラメンコが好きだ」

それを旗印に

ほとばしる情熱のまま

普通の人なら当然働くはずの

「これ以上仕事をしたら命に関わる」

というリミッターが作動せぬまま

突っ走り駆け抜けて逝ってしまった、

というような言葉もあった。

喪主、夫である加部氏の言葉である。

短い期間だったけれど

わたし自身にもそんな風に猛烈に働いていた時期がある。

その仕事が好きだったから、

もウソではないが

わたしの場合は

その時代、仕事に逃げていた。

じぶんの悲しみ、絶望感を紛らわせ

人を信じられない不信感を忘れたかった。

じぶんが本当に感じていることを

感じないために猛烈に働いた。

かくして

ワーカホリック生活の末に倒れ

勤務先(フラメンコとはまるで関係がない、とてもお世話になった会社)を長期欠勤。

しかしその欠勤中に

フラメンコのためにスペインに

行けたことが

今フラメンコを唄うことの礎になっている。

キリコさんがその同じ会社の

数年先輩の社員だった!

と解ったのは最近キリコさんと話して、だった。

フリーのライターとして関わりがあったことは昔から聞いていた。

それをパセオの編集長になられるのでやめられた、とわたしは勤務先で聞いていた。

「パセオ」というフラメンコ雑誌の存在を知ったのもその時で、とても嬉しかった。

その39年の歴史がある「パセオ」も休刊、

事実上廃刊であろう、という報をしばらく前に聞いたばかりだ。

これまでのキリコさんの

働きぶりにはまるで叶わないが

激務だったその同じ会社に居たわたしも

同じ性癖が少しあったと思う。

今、ものすごく彼女の優しさと信頼の質を感じます。

「人のことをわるく思わない」

わたしはあなたのその才能に救われました。

わたしは25年前とは

だいぶ変わったと思うけれど

当時からの

「誰も信じられない絶望感」

のようなもの

わたしの中に今もあることを

最近確認したばかり。

以前と違って

今度は逃げずに

そこにあるものを見ています。

とても辛いね。

そんなわたしにとってフラメンコ

との出会いは救いでした。

加部氏もとても

優しい人なんだなぁ、

と改めて感じました。

加部さんは

日本で唯一のフラメンコソフト専門店、アクースティカを経営される

フラメンコギタリスト。

いつもニュートラルで

冷静で

わたし達にしっかりとした信頼のおける

フラメンコの情報や知識を

伝え続けてくれている加部さん。

そしてほとばしる情熱のキリコさんは

ほんとうに素敵なカップルです。

ありがとうございました。

波奈ちゃんのアーティストウェイグループの味わい✨

飯島波奈ちゃんのアーティストウェイ3

 ファインディングウォーター

の12週間のグループに参加させてもらいました。
この本の日本語版はまだなくて

https://note.com/sashii

でサッシーが日本語に要約してくれたこれを読んで、毎週の課題をやり、それを12週間、みんなでいっしょにやったのでした。

3日文化の日はそのファイナルイベントと文化祭✨✨✨

やったことないことに挑戦出来るっていいね💓💓💓

どーなるかまったくわかんない

でも面白そうだから

やってみる

そしてそれに協力してくれる仲間が居る✨

なんて嬉しい✨✨✨

この日は

ゆっきーの詩の朗読から入って

ことりさんのガガダンスに

レイコ唄う💓

レイコの脳内の妄想が

目の前で現実になっていく

これが生まれるってことかしら✨✨

波奈ちゃんのアーティストウェイの

グループで起こる

そんなチャレンジや実験✨✨✨

そしてその場を拡大していく

それをじぶんにゆるす

それが出来るような脚力が

鍛えられていく

それがアーティストウェイの営みかな✨✨✨✨✨

何でそんなことができるのだろう。

今まで一人でできなかったことが、どうしてできるようになるのだろう。

ここはとてもとても繊細な場。

繊細であることをわかってくれるから、怖くない。

だから わたしは自由!

繊細であることの強さ。

繊細だから弱い、ではない。

繊細だから強いのだ。

弱っちいのイヤじゃん、はもうやめたいね。

繊細であることの強さ、そんな強さを持っているのがアーティスト

ではないだろうか?

2022年11月17日(木)午後1〜3時
Zoom ハート瞑想「ハートを見る」

こんにちは。

一昨日からあたりから満月を経てものすごくパワフルなエネルギーの動きを感じ、日々の瞑想からこれまで見えなかったものがゾロゾロと出てくるのを感じています。

今回は

毎月Zoomで行っている「ハート瞑想会」のお知らせです。

よかったらぜひお越しくださいませ。

2022年11月17日(木)午後1〜3時
Zoom ハート瞑想「ハートを見る」

ご参加費:ご自由金額投げ銭制

詳細・お申し込み⬇️

https://resast.jp/events/765328

Zoomでの「ハート瞑想会」とは?

ガイド瞑想(ただ耳を傾けるだけの瞑想)と、普段の日常生活場面の状況を使っての

シンプルなエクササイズ、で構成された瞑想イベントです。

小人数で安心できるスペースで行います。

離れていても

初めて会う人とも

そして何といっても自分自身と

ハート(チャクラ)で出会う。

それは内面の深いスペースで人や自分と出会うということ。

その素晴らしさを実感しています。

このZoomでのハート瞑想は、オンライン空間で皆さまにそんな体験をシェアさせていただく機会です。

今回のテーマは「ハートを見る」。

ふだんわたし達は外側を見ています。

同じ「見る」ことを 内側に向けるとどうなるでしょうか。

そこにはどんなものが映るでしょうか。

あなたの「ハート」はどんな風に見えるでしょう?

そしてそれをあなたはどう感じるでしょうか?

この瞑想によって外側でなく「内側を見る」ことを体験します。

するとあなたのハートは 

あなたによって より発見されやすくなります。

そしてそれと繋がることが よりたやすくなることでしょう!

ぜひ一緒に体験してみましょう♡

エクササイズにはメンバーでのシェアの時間も含まれます。

時間は最大2時間を予定。

※この「ハート瞑想」はリーラ・プラサード・アルヴィナによるUnity Insutituteのハート瞑想ティーチャートレーニングに基づいた内容をシェアしています。

レイコシミズ サンギット

2022年10月29日(土)ハートチャクラを感じる&海ー第4チャクラー

2022年10月29日(土)午後1時〜
ハートチャクラを感じる&海ー第4チャクラー

詳細・お申し込み⬇️

https://resast.jp/events/759083

葉山での海の近くのスペースでの瞑想イベント♡

今回は「ハートチャクラを感じる」がテーマです。

今回から開始が「午後1時」になります。

アクティブ瞑想(動きのある瞑想です)

やハート瞑想(ハートチャクラの働きに注目した、座って聞く瞑想)、

そして小人数のメンバーで

誰もが経験している普段の日常生活場面を使ったワークを通じて
「ハートチャクラのエネルギーを感じてみよう」
という3時間程度の瞑想イベントです。

チャクラのエネルギーを感じると何がよいのでしょう?

わたしは日々の生活で起こっている状況に振り回されがちで

なぜそうなるの?
とアタマで原因を考えることで解決を求めようとしがちでした。

しかしチャクラのエネルギー状態がどのようだからこれが起こるのか?

そのように理解するのはまったく新しい方法でした。

自分のせい、とか誰がわるいとか、でもなく
よい人、立派な人になろうとするのでもなく

変容のためのパワーは外側ではなく 自分の手のうちにあるとも感じ

とても役立ったのです。

このワークで取り上げる題材は

日常生活におけるもしかしたら

「とても小さなこと」だと感じるかもしれません。

でもそれに価値を与えることが、大きな変容に繋がる実感があります。

つまりわたし達の毎日毎瞬に変容の機会があるのだなぁ、と気づくのがまた驚きでした。

題材が小さくても大きくても起きる変容は大きい、とも感じました。

わたしは「サトルボディヒーリング」を
学び実践してきた過程で

ハートチャクラで起こるシンクロニシティが毎回起こり、ハートチャクラへの信頼、そして不思議とも感じるそのさまざまな機能に畏敬の念さえ抱いています。

この瞑想イベントは各回いろんなチャクラに焦点をあてて
見て行くのですが
すべての礎となる「ハートチャクラ」をまずは

ともに探求しましょう♡

映画Muerte de un ciclista

これを見た。

1955年

内戦後のスペインでの話。

直訳すれば

「自転車に乗ってた人の死」

が日本語タイトルは

「恐怖の逢びき」

となってる。

cover-jYTiG46OM3OOpc0F5Du6B6ke3vkqHQt7.png

直後は

わからんちん、でした。

でも責任を取ろうとすることで

これまでに最高の生きる気力が湧いてきた、というのはわかる気がした。

ひき逃げしたのを

自首したら

それまでの持っていたものは

すべて失う。

それでも

それはそれまでよりも

生きる気力をもたらす。

それまで外側から見たその人の

生活は満たされているようで

実は

逃げて逃げて

その外側を保っていた。

責任の本質

の提示、提案なのか?

別にひき逃げした罪悪感

ではなく

死ぬまでに

「自分自身を生きなかった罪悪感」

「自分自身を生きようとすることで

出てきた生きる気力」

の話

なのかもしれない。

生きる気力が人生でMaxになるのが

死の直前、だったとしても

それを味わってから

この生を終えるのと

外側は人並みより

ずっとずっと満たされていながら

ひたすら逃げて

終えるのと

そんな対比なのかもしれない。

葉山ハート瞑想with Song♡2022.9.29

長崎 雪の浦〜壱岐〜博多✨

旅からの
たくさんの滋養栄養で
ハートが満たされています✨😃😃😃

木曜の
ハート瞑想イベントで
シェアしたく思います💓

唄うことも
瞑想も
わたしにとっては
同じこと

ラクに自然に
ひとつでありたい✨

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
葉山瞑想イベント
💓ハート瞑想 with Song✨
ーハートを感じるー

日時:9月29日(木曜) 14時〜

場所: 葉山:逗子駅よりバスのご利用
参加費: 5,000円(早割3,500円)

⬇️詳細・お申し込み
https://resast.jp/events/746363

レイコシミズ サンギットによる
海に近い葉山の瞑想スペースでの催し
「ハート瞑想 with Song」です。

ハートのスペースで共にいること。
まず自分自身と
そしてそこにいる人々と 
そこに存る自然と。

そこから生まれるものがなんであれ
ハートのエネルギーが、あなたの普段の生活にも流れあなたを満たしますように。

今回は主に
ハート瞑想「ハートを感じる」篇💓をお届けする予定です。

ハート瞑想は
ガイド瞑想(ただ耳を傾けるだけの瞑想)と、シンプルなエクササイズ
で構成されています。

ただリラックスして聴く。
それが主な方法です。
この日のメンバー同士でのシェアリングを含みます。

「ハートを感じる」エクササイズとして
皆で、歌うかもしれません。
この場合の歌は、外側にいる誰かというより自分の内側へ 

自分のハートから内に向かって歌う歌です♪

デッサンを通じた♡からのメッセージ。

初めてのデッサンを通じたメッセージ。

ある人の若い時の顔を写真を元に書いてみた。2.5時間も絵を描くなんて久々。

かなり大変な、でも楽しい時間だった。

わたしはハート瞑想として「誰かのハートを感じる」ために絵を描くことがある(その場合は顔、を描くわけではない)。

それと同じような気持ちでスケッチしてみたのだ。

初めてのことで冒険心に満ちていて、そしてそれを描いたことでその人の本質を感じることが出来て、眺めまくって満足だった。

で、さらに。

ちゃんとデッサンできたらもっと感じれるかも!

と思って数日後の波奈ちゃんアート教室に参加することにした。

そこでまず味わったのは〜。

じぶんでせっかく描いたもの、を消すことの痛み。

誰に言われたわけでもなくじぶんで「これは違ったのだ」と認識し、過去の判断を捨ててまっさらに戻す。そして新たな認識でやり直す。

それをやって初めて前に進むんだ。

これが厳粛なる事実。

このデッサンを通じてそう認めた。

そしてそれはわたしの唄、に対しても同じことが必要なのだ。

 なおす、って手放す痛みがある。

 新しい認識を得たことの喜び、より前にそれはやってくる。

 喜びに変わったときにようやくそれが執着だった、と見方が変わったのだ。

「感じること、感性を育てる」みたいなことと、デッサンは別、逆、みたいなハナシも、子ども時代からよく聞いた気がする。

形を取ることを重視するあまりに子どもが感性を失う、犠牲にするみたいなことだ。

果たして

アチラを取るとコチラが立たぬのか?

だけど今のわたしはもうオトナだから、その両立が出来るかもしれない。

そんな可能性を感じたのだ。

何を捨てて新たにし

何を持ち続けることが

今のじぶんにとって正しいのか?

その判断がそろそろじぶんで

出来るんじゃないのか?

人の意見は有用な部分だけを

受け取らせてもらい

じぶんにとって害になるもの

役に立たないもの

は識別出来る

そうして

じぶんの道をじぶんの脚で

歩むことが出来るだろう?

アートの神さま 

あるいは わたしのハート♡は

きっとそう言ってる気がした。

波奈ちゃんの言ってた「消すのも描くのと同じ(進んでる行為)」と言う言葉が忘れられない。

それにじぶんで価値を与え続けられるか?

「ありのままを見ようとする(デッサン)」ことはまたまさしく瞑想だった。

わたしはじぶんをジャッジせずに

じぶん自身をただ観る。

わたしはそのように在りたい。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

次回リアルのハート瞑想イベント

お知らせ♡

2022.9.29(木)

葉山瞑想イベント💓ハート瞑想 with Song✨

ー歌とともにハートを感じるー

⬇️詳細・お申し込み

https://resast.jp/events/746363

初めてのデッサン。
葉山 

インプラント落ちる。

10日前に移植した

インプラントが抜け落ちた。

手術したらしばらく唄えないからと

先月末の独演ライヴの翌日に手術したのだ。

衝撃。

しかも今回はら昨年秋に続く2回目の

手術。

そしてまた押し出されるように

落ちたのだ。

子どもの頃

あのグラグラしてきて

やがて歯が抜ける感覚。

あれを3日間でやる感じだ。

インプラントとは人工歯根。

失った歯の代わりに入れる歯根で

その上に歯を入れる。

ブリッジのようにほかのよい歯を

削る必要もなく

噛む力はじぶんの歯に近いレベルとのことで

失った歯の代わりに施す最もよい方法、と思った。

ただし保険は効かず。

自由診療価格で、その価格差は

歯医者によってかなり大きいようだ。

インプラントは

多くの場合チタン製。

わたしの場合はチョット特別で

ジルコニア製のものを入れた。

歯医者が言うには

これだとチタン製の場合に起こり得る事後のインプラント周囲炎をほとんど起こさない、とのこと。

また金属アレルギーの場合も使える素材。

この歯医者さんは

キネシオロジーの〇〇(名前を忘れた!)の専門家でもある。

もちろん歯のことも体全体、エネルギーレベルのことも考慮したホリスティックな視点を持つ、妥協せずによい方法を選ぶ人だ。

もちろん保険なんて効かない。

という歯医者さんを

じぶんもまた妥協なく選んだつもりなのだが

いまこういうことが起こっている。

この歯医者さんで

2回手術したのはわたしが初めてだそうだ。

いや1回だって

すぐに落ちてしまう人は皆無だそうだ。

1回目にインプラントが落ちたのは

移植後1か月だったが

それも初めて、とのこと。

これまでいちばんの事後の

問題は数年後のインプラント周囲炎で、しかもそれはチタン製、と言う。

人の身体というのは

じぶんの身体というのは

どうなっているんだろう、と思う。

異物であるインプラントを

排除しようとするわたしの身体は

とっても賢い、

ただしいことをしてる気がするが〜。

インプラントの素材は無機質で

普通の人は異物と認識しないそうだ。

それがわたしの身体は

異物は異物、と捉えるようだ。

例えば腎臓移植、とか

内臓の場合は有機質だから

移植したものが定着するのは

むずかしい、となるんだそうだ。

インプラントが左上の骨の中で

ゆるっと来てから落ちるまでの

3日間の体のダルさ、ったらなかった。

昨秋落ちたときも共通の感覚で

これは

「体が何か反応しているのだろう」

とその歯医者は言う。

このインプラントを異物認識する

ということは、

歯でなくても骨に金属を入れるような手術(例えば重度の椎間板ヘルニア、とか)でも同じことが起こる可能性があるそうだ。

もちろん、ほかの歯が

インプラントの必要が出来た場合も

インプラントを採用出来る可能性は

とても低い、ことになる。

ただし

手術の方法を変えて

落ちてこないように

粘膜の下にインプラントを埋没させるやり方もあるそうだ。

それには手術の回数が1回増える。

そして周囲の骨を削る負担がある。

その後の歯の手入れも

従来型より少し手間がかかるそうだ。

それでもまた失敗、

の可能性もかなり高い。

何しろわたしの体は

異物認識するのだから。

わたしにとって

歯、噛み合わせはとても大切だ。

唄うためにも

口の中のことは

充分にケアして大切にしたい。

そのために

わたしは今後何を

選ぶだろうか?

ブリッジ?

入れ歯??

再手術???

そしてこの歯医者さんに

かかり続けるのか?

ほかに行くのか??

今わからない。

わたしには充分な選択肢があり

じぶんにとってベストな方法が

出てくることを信頼したい。

場を創る※7月28日独演por16葉山

じぶんの企画で唄うと言うこと✨✨✨

じぶんがひとさまに
与えられることって何かあるんだろうか。
なーんにもない、かもしれない。

わたしはどうして唄いたいのだろう?
これはわたしのエゴなんじゃなかろうか??

人前で唄う。
踊りの伴唱でもなく
すべてソロを唄う。

それを自分自身に許可したのは
この数年だ。

厚く覆われた雲をはらう、
というかぶち破らせたのは
瞑想なのだ。

あの時イタリアであの師のワークが
きっかけで
それまで蓄積していた
自分へのこの問いかけがバクハツ💣
した❗️

唄うことそのものは
もう20年来やって来た。

でも
誰かに怒られるんじゃないか、
と恐れていた。

今だって怖くなる!

それは日本人のわたしが
現生ではそもそも無縁のフラメンコを唄うことに対する遠慮。
そこに生まれてそれで生きている人々へ対して湧いてくる罪悪感のようなもの。

やればやるほどホンモノのフラメンコ、と距離を感じる。
だから罪悪感の原因はそれ、
だと思っていたけれど
それだけじゃない、
と今つくづく思う🙄

なぜ
じぶん自身であることに
抵抗があるのかね?

じぶんの表現、として
選んだものをリスペクトしすぎて
それに押しつぶされるなら
そりゃ本末転倒だ。

この1年知り合った
グラナダのフラメンコの先人、
からの
「自分自身の声から学べ」

というメッセージがドーン!
と今響いている。

わたしはこの15年来
じぶん自身を救うために
瞑想とセラピーに出会い、
この数年はそれもシェアしている。

瞑想は
唄うことを入り口に出会ったし

瞑想は
自分自身になること
もしゴールがあるならば
そういうことかな、と思っていた。

唄うこと。
瞑想。
そのふたつが一緒になった、
とこのメッセージを聴いて
ハッとした。

唄う場、表現の場が
たくさんあれば
それはとても嬉しい。

お声がかかれば
ありがたく
飛んで行って唄っている。

しかし場を自分自身で創ること。
自分に120%ふさわしい環境を
用意すること。
それはとてもとても大事なのだ。

それは唄う以外にも
たっくさんの準備が必要で
それに圧倒されそうにもなる。

このような
小さな小さな催しでもそうなのだ。

わたしはわたし自身を
知ろう、としているだけ。

その姿を
ふさわしい場で
なるべくオープンに
しようとするだけ。

でもそれはあなたにも
何かが伝わるかもしれない。

あなたの内側にも何かが
響くかもしれない。

そう信じています😃😃😃

タイミングが合う方✨✨✨
ぜひ花火大会の日の
この小さなライヴ
にお越しくださいませ💓💓💓

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
Cante Flamenco独演ライヴ
「唄声は内側の宝石への通り道✨por16」〜葉山花火大会とともに〜

出演:
カンテ:レイコ シミズ サンギット
ギター: 山本 智英

✴︎日時: 7月28日 木曜
開場 : 午後2時40分
開始:午後3時

✴︎ご入場料:3500円

✴︎定員:10名さま。

✴︎場所: 神奈川県三浦郡葉山町 森戸海岸近くの個人スペース
(詳細はご参加の方にお知らせします)

✴︎葉山花火大会は
19時半から40分間の予定。
あわせてお楽しみくださいませ。
詳細情報は以下へ。

詳細・お申し込み⬇️
https://resast.jp/events/724296

Flamenco~瞑想への魂の旅✨