突発性難聴日記😮 その4/初瞑想の日の歯医者再び

右奥歯から何やら出てるかも、
でお次は歯医者に行くことにした。

昨年タイ帰国後に行って
怖くて逃げ帰って来た
近所の歯医者には
もう行けない。

そこでこのたび行ったのは
神奈川県内。

11年前に
この同じ歯のいきなりの激痛で
お世話になったところである。

実はあの時もきっかけは
瞑想だった。

初めて自分にとって
本格的な、というべきか
今現在の瞑想ライフにつながる
瞑想の始まりも始まり、
忘れもしない初日だった。

それはオーラソーマ
コースでお世話になったG氏に
紹介してもらったいい歯医者、
がそこだったのである。

紹介してくれたご本人は
予約をぶっちぎっていたらしいのに
車で連れてってもらって
頼みこんで終業間際に見てもらい、

被せていたものを外して
とりあえずその時の激痛は解決。

あの時は
涙が出るほど感謝した。

そしてしばらくそのなかなか腕のよい
歯医者に通ったものだったが

その歯からは思いのほか
長期間 膿が出続け
再度かぶせるなりなんなり、の最終処置が
なかなか出来ずにいた。

そしてついに
詰めモノだけで
現在に至ったのである。

この11年、
チョットしたことで
他の歯医者に
行く機会はもちろんあった。
しかしながら結局そこは
手つかずのまま。

さて。

その歯医者は腕がよく
そして とてもこわい!

前の診察受けてる人に
言ってるセリフが
聞こえて思い出した。

「この歯は土砂崩れ 起こしてる!
もーまったくどうにもならないね!」
みたいな。

うわー
どんな人が言われてるんだろう
こわいなあ!と思ったら

とても上品な雰囲気の
ようやく歩いてるおばあさん。

この調子じゃ
わたしはどんな言われようだろうかと
想像がつき

当時もそんな言われようだったことが
急に蘇り
待合室で俄然キブンが暗くなった。

(その5 へつづく)

※最初のハナシは「突発性難聴日記 その1」

投稿者: Sangit.Reiiko

Flamencoカンタオーラ(唄い手)。 インドを起源としたジプシーの芸が スペインアンダルシアに根付いたFlamenco。 Flamencoの発祥は唄から。その魅力を自ら唄い伝えていく。 Flamencoに触れることで行き着いた瞑想をベースとした、サトルボディヒーリング、スターサファイアのエネルギーワーク従事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA