天草の旅✨ その3


天草の旅  そもそも。

大学時代ともに

歌ったサークルで一緒だった友人との

久々の旅✨

白金のチャペルに響く

フォーレのレクイエムに

大学入学してまもなくのわたしにとって

「いつかこんなうた

        うたってみたいな~」

という思いが自分の中にあったことを

確認させられたものだった。

/

その後変化、

というか

そもそもがコレだったのでしょう!

となったカンテ フラメンコとの出会いは

そのかなりあと。

社会人となってから

バブルの時代に

さまざまな音楽に触れ

あの頃世界中から 

生身でやって来たものを

どんどんと聴きに行き

自分の体感に合うか 

チェックした20代後半

そんなプロセスを経て、の出会いだった。

で、共に天草を旅した彼女は

大学時代のサークル仲間のひとり。

熊本から神奈川県内に

お姉さんと住んでいた彼女の家は

大学にはなかなか遠い自宅から

通学するわたしの

強い味方になってくれた。

ありがたい。

/

そして夜遅いときのみならず

たびたびわたしは

彼女の住むアパートに入り浸っていた気がする😳

そのきっかけは いろいろだったと思うが~

よくあったのが 

こんなお誘い✨

「ねー。

熊本から母が馬刺しを送ってくれたから

食べに来なあい?」

「球磨焼酎飲んだことあるぅ?」

「この前話した辛子レンコンって、

こういうんだよ。実物来たよ!」

思い返せば食べもの、また食べもの!

である。

学生時代当時

そんな魅力的な誘いを断ったことは

一度もなかった、ように思う🙄。


そして

その後2005年。

彼女からこんなお誘い

「ねぇ💓

もうすぐマンゴーの時期になるよ。

ウチの庭にたくさんなるから

いっくらでも取っていいよ~✨」

まんまとこのハナシに乗せられて

わたしは マレーシアはボルネオ島から

さらに飛行機に乗って飛ぶ経済特区でもある小島

「ラブアン」

に一週間近く滞在したのである。

/

彼女とだんなさんと

当時5才になるかわいい女の子

もちろん初めてのラブアンも

彼女達の

意外とフツーな⁈

暮らしぶりを垣間見たのも

なかなか得難い経験だった。

/

そう、

彼女は熊本で働いていた会社での

職場結婚で

マレーシアの人と結婚したのだ。

そのハナシを最初に彼女から聞いたのは~

また別の長崎の友人の結婚式に出席した

機会に皆で行った

熊本は阿蘇での旅の宿だった✨

(今回はそれ以来、20年ぶりくらいの

熊本への旅なのだ)

/

当時仕事が忙しく

無理矢理会社を休んで行ったわたしは

寝る間も惜しんで

会社に後でFax送ろうと

原稿用紙に鉛筆でレポートを書き書き

していたところ~

そう、あの頃は

こんな場合鉛筆ナメナメ、なんてしてた。

パソコン持ち歩き、なんてありえなかった。

メールもなかったと思う。

彼女が「お茶入れるよ~お茶🍵」

と悠長にいつものおおらかノンビリ調子で

(それが彼女の真骨頂)

何度も話しかけて来て

「なにぃ?

今いっそがしいんだけどおおお!」

と血走る目で余裕ナシの

わずらわしいわね!モード全開な

わたしの態度にも関わらず

重大なハナシをはじめた。

/

そしてその

結婚するぞ😳😳😳❣️

報告に

あまりにビックリして

書いていた鉛筆はボキリ!と折れ、

何を書いていたかすっかりわからなくなって

終了。

「しかもトシシタア⁈

ハッサイもおおお⁉︎」

今よりたぶんかなり

アタマの固かったわたしは

温泉宿の浴衣姿で

雄叫びをあげたものだった。

「えええっ?相手はマレーシア人‼️」

/

そんな彼女達の暮らしぶりに

初めて触れた2005年の旅✨

それ以来まったく会わなかったわけでは

ないが、

泊まりがけでふたりで会えた

貴重な今回なのだ。

/

成田第3ターミナルから乗った

ジェットスター機を降りたってしばらく

空港には彼女の

ご母堂さまも一緒に迎えに来てくださった。

御年80歳✨

この方が送ってくれた数々の

美味しいもの✨✨✨

が今のわたし達を繋いでくれた、

と言っても過言でないわけだ。

/

当時今のわたし達より

ちょいお若かったのだ、

なんて思いながら

今回初めて

ちゃんと⁈おはなし出来たのは

なんとも感慨深かった✨✨✨

(その4 へつづく)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA