スターサファイア💎自分の内側の宝石は?💎その2

(2年前今ごろの 前のハナシ から続いています。)

私は「今この時」から「時の始まり」に行った。

(瞑想をベースとしたエネルギーワークのセッションにおいて、であるよ♡)

そこには穏やかに蛇行する川があった。

上流の山の方へと続いている。

その川に入ると、足に水が流れて当たるのを感じて気持ちがよい。

私は上流に向かって泳いで行った。

その水が流れてくる源を目指して。

その源は地下鉱脈のようなものだ。

洞窟のようなその場所には、いろいろな宝石がある。

「ここは!私の力の源!」

その中の特に明るく青く光る石に惹かれた。

透明な。

私はその洞窟のような場所に入って行った。

その青く光る石の持つ力とはこうだ。

「人のものも自分のものも映しだす 魔法の鏡 のような力」。

これは2018~2019年ころに瞑想をベースとしたエネルギーワークでみたことだ。

これについて、子供の頃の思い出に思い当たることがあった。

私は子供の頃よく母の三面鏡をのぞいて、鏡同士に映し出されるいろいろな角度から

見える自分の姿を楽しんでいた。

同じ自分がこの鏡では「こんなふうに見えるんだな」

それがまた別の鏡に映ると「こんなふうにまた違う」。

少し角度が違えば見え方は同じではなく、まったく同じには見えない。

どれが本当のじぶんなのだろう?

あるいはどれも本当ではないのかしら??

「じぶんを見ているじぶん」が映っているんだけど、なんだかそれは「じぶん」じゃないみたいだ。

この真正面からのじぶんの姿がじぶんだとすると、「それを見ているじぶん」はまた違う存在なのかしら???

今思うとかなり哲学的?なことを考えていたもんだ。

結局私は、5、6才の頃のこの遊びと問いかけを

今もやっている、ということなのかもしれない。

またその頃「ロンパールーム」という、うつみみどりさんが鏡を掲げて、視聴している子供たちに話しかけるテレビ番組があった。

その中でいろんなありそうな子供の名前を呼びかけてくれる。

「レイコちゃん」と呼んでくれると、きっとテレビの向こうから私を見ていてくれているんだあ、と感じてとても嬉しかった。

 きっと「あの鏡」を通じてコチラが見えているんだ、と信じた。

そして「あの鏡」を私も手に入れたい、と強烈に思った。

その鏡には「人の本当の心」が映っているといいな、と思った。

結局ある意味

私はその時の「あの鏡=魔法の鏡」を手に入れた!

とも言える。

ハナシを現在のエネルギーワークに戻す。

「明るい青」はコミュニケーションを取るものだ。

私の声や言葉を使ったパワーだ。

第5チャクラ、がその場所だ。

私は内なる視覚を通じてそのパワーを使うのだ。

(続く)。

5月30日瞑想会のご案内。

2021年5月30日((日) 午後2時〜 

葉山瞑想会お知らせ。

「ハートの直観」から、あなたの可能性を広げるソフトブレスの旅。

詳細・お申し込み⬇️

https://resast.jp/events/YzNmYjZjMGZlM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください