「ふたつの愛の岸辺」2

「ふたつの愛の岸辺」。

それはなんだろうか?

3月30日に葉山瞑想イベント

瞑想イベント@葉山【春♡ハートの喜びを解き放つ】

で発見したこと。

この時の盛りだくさんの内容のなかにいつもある「ハート瞑想」。

この瞑想をすると

その時々じぶんのハート(ハートチャクラ)を色々な形で感じる。

この日わかったことは

スピリチュアルハートとは

胸の中心にその場所、入り口があるだけでなく

ハートから全身に流れてゆくエネルギーそのものだ、

ということだ。

/

まったくそれは固定化されていない。

常に動き 流れている。

まるで海岸に寄せてくる波が

決して止まらないように。

それが止まるとき

動かないとき

/

もしかしてそれは死、

というのかもしれない。

しかしその動きを見ている人は

死なないように感じる。

/

それを師は観賞者、というが

魂、でもあるのかもしれない。

それは時空を超えるのだ。

肉体に常に流れるエネルギー

止まらない心臓。

生きている。

/

それはなんてすごいことか、と思う。

この日わたしの

ハートから流れるエネルギーは

まるで胃カメラが胃の中の様子を写すように

(胃カメラはくるしいからキライだが)

わたしのハートの内部を照らし 

現した。

そこにはピンクの美しい花が揺れていた。

それはわたしの本質を

現したものである。

この繊細で優しい感じ。

いろんな事を感じやすいじぶんに以前は価値を置けなかった。

感じすぎてくるしい思いをしてきたからだ。

/

しかしこうしてハートチャクラにあるじぶんのエネルギーを花として見るとき

じぶんの繊細に感じることが出来る能力、優しさは

長所として価値を置くことが出来る。

わたしはじぶんを成立させている

本質の一部を知って安堵する。

(3 へ続くhttps://reiko.link/2022/04/08/)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください