ソンベカフェー鎌倉でのFlamenco唄のライヴ✨

今日も飯めちゃウマシ❣️

ソンベカフェ✨✨✨
http://song-be-cafe.com/

2月3日 節分の日に
Flamenco 唄のライヴをやらせていただく
コトとなった鎌倉西口の
素敵なアジアンカフェです。

「💎唄声は内側の宝石への通り道💎」
(今のところ一生コレで行きたい)
というライヴのタイトルに

どういう意味なの?

今回初めて出会った店主さんが
まずそこを聞いてくれたことに
ビックリうれしだった🤩

「外側に見せてるどんな人とか
アイデンティティを超えて
その人(まずは自分の)の本質を
見たいんだ〜
それには唄いたいんだーっ🤗🤗🤗」

みたいなこと言ったら
かなりお考えになり
「ふ〜ん。そうかあ。そうかあ。」

とワケワカラン、とか言わず
そこにとどまってくださり
感動しちゃった。

外側って
たとえば どこの国の人とか
男か女かとか
年はいくつくらいとか
職業はなに、とか
金持ちか ビンボーかとか

みたいなこと。✨✨✨

で、ソンベカフェはベトナムカフェ🇻🇳
と思っていたら
それより広くアジアンカフェ、だそう。

今日めちゃ美味しかったのは
そう言えばパッタイ(タイの焼そばみたいなの)。

それに菊イモきんぴらに
ごま味の野菜スープ🥦
オーガニックな素材を中心に丁寧に優しく
つくられている😃

直近海外は
スペインでなく瞑想のために昨秋タイに行った、
と言ったら
「そういうのも好きなのお?」と。

「いやあ、わたしにとっては
唄うと瞑想するのは ほぼ同じことなので✨」

と言ったら
「この辺(たぶん鎌倉)にはね。
そういう人多いよ。」

だそうです。

益々うれしくなっちゃいました🤗🤗🤗

この日のライヴは
嬉しいことに満員御礼✨✨✨
本当にありがとうございます。

何か唄うことの結果
ヒトサマに何か受け取ってもらいたい、
みたいに
目標を持ってしまうと
ことごとく

何もわたし個人は出来ないのだ、
ということを
これまで思いしらされました

ただ自分は無心でいて
溢れずに居られない
そんな瞬間
そんなスペースが持てればよいな✨✨✨

そんな気持ちでのぞみたいです。

投稿者: Sangit.Reiiko

Flamencoカンタオーラ(唄い手)。 インドを起源としたジプシーの芸が スペインアンダルシアに根付いたFlamenco。 Flamencoの発祥は唄から。その魅力を自ら唄い伝えていく。 Flamencoに触れることで行き着いた瞑想をベースとした、サトルボディヒーリング、スターサファイアのエネルギーワーク従事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA