「Flamenco初CD制作記」カテゴリーアーカイブ

4月24日(土)明日館ライヴとレコーディング時のDIY。

こんにちは。

4月24日(土)の明日館での独演ライヴ、とっても楽しみにしています。

→ 4月11日現在、

4月12日からの行政の「まん延防止等重点措置」適用により、飲食店だけでなくこのようなイベントも実施は「夜20時」までとなり実施時間の前倒しが難しく、やむなく中止とさせていただきました。

ここで少し昨年レコーディングの際の、コロナ対策のハナシをさせてくださいませ。

今回独演ライヴはごくごく少人数さまにお越しいただいた昨年10月のレコーディングライヴ以来です。

そして、そもそも昨年はそれ一度きりなのでした。

そのレコーディングライヴでは〜

こんなことは一生に一度だけ、と思いますが
いわばビニールハウスの中で唄い、お客さまにはそのビニール越しに見て聴いていただくことになったのです。

今回このコロナ禍において

少ない人数だけれど長時間密でもあるレコーディングを続行する、とした時、私たちがとった対策が主にこのビニールハウス製作でした。

 よく買い物の時に店員さんとの間に垂れ下がっているアレ、の天井から床まで版。それを前、横、後ろはカベです。

ギタリスト木南さんとともに、スタジオで録音以前にDIYの光景になる、予想だにしなかった状況。

 対策初日は、唄う、弾く以前にそのDIYでガッツリと疲れました。
時間までに整わず、録音エンジニアの高橋全氏がやってきた時にはまだ突っ張り棒を支えてビニールを貼っていた、などと言う予想だにしなかった光景。

それもこれもレコーディングのためならなんであれ、の精神でしたが、
一体何をやっているのだろう、と涙が出そうな気分にもなりました。

そんな光景が懐かしくなったのは、

そのビニールハウス3回のレコーディングを終えて、かなり経ってからです。

「あのビニールハウスの写真、なかったかなぁ」
「よくあんなことやったねぇ」なんて。

今となっては一生忘れられそうもない思い出です。

さて、ところで今もコロナ対策はもちろん必要です。

こう言う時期ですので、どうか皆さまそれぞれのお気持ちにご無理のないご選択で、ご来場、お楽しみいただけたらと思います。

できるだけ皆さまに安心してご来場いただけるように備えます。

お客さまの人数は、会場定員に対して充分ゆったりした人数としています。

コロナ対策として、以下の点をどうかよろしくご協力いただきたく

お願い申し上げます。

4月24日ライヴ コロナ対策関連でのお願い:

 ◎演奏場面では唄い手はマスクなし、ギタリストは念のためマスクを使用いたしますことをどうかご了承くださいませ。演奏者とお客様の間はある程度の距離がございます。

 ◎万一の場合の緊急連絡先として、明日館にて皆さまの連絡先を控えさせていただくことをどうかご了承くださいませ。データは紙ベースで保存され、2ヶ月以内に完全消去いたします。

 ◎入り口での検温と手の消毒、館内でのマスクの着用にご協力お願いいたします。

カンテフラメンコ独演ライヴ
“唄声は内側の宝石への通り道  por15”
(CD Derramando mil flores発売記念)2021年4月24日(土) ※4月11日に中止決定。
午後6時10分 開場
午後6時30分 開演場所:自由学園 明日館 
   ラウンジホール
https://jiyu.jp/contact/#ak_access
(池袋駅より 徒歩5−6分)定員:33名さま(自由席)
  (定員に対しゆったりとした席数になっております)入場料: 
事前ご予約ご入金 ¥3,000
当日       ¥3,500

ご予約:
ライヴのご予約はコチラからお願い致します。
→ https://reiko.link/shop/product/20210424_live/
(ご予約いただいた方に詳しい案内をお送りしています)

出演:
カンテ*レイコ シミズ サンギット
ギター*木南 利夫

小さいながらも回を重ね、15回目の独演ライヴをとなります。

Derramando mil flores🌹
このCDは、そもそもこの小さな独演ライヴの積み重ねから生まれました。
毎回がとっても大事な貴重な時でした。唄で交流ができる、そこに起こる波がある。
それが大きくなる、という実感の積み重ねでした。


この日も皆さまとともに素敵な楽しい時間を
そして時間を超えたどこか魂の場所に行くようなそんな瞬間があるとよいな、と思っています。

明日館、ステキだなぁ
いつかあそこでうたってみたいなあと憧れていました。ただ外側から眺めて。
で、今回いよいよ中に入ってよおくみました。やっぱり!
とても素敵な雰囲気の、不思議さも感じる空間。
何か唄と呼応しそうなものを感じています。

お運びいただけたらとても嬉しいです。今回は夜。
これがこれまた素敵なのです♡

CD:Derramando mil flores をアクースティカさまにご紹介いただきました🌹

大変嬉しいお知らせです。

先日リリースしたカンテフラメンコのCDを

フラメンコ専門店 アクースティカ様がご紹介くださいました。

以下はアクースティカ様による紹介文です。

レイコ シミズ サンギット(2021)

「フラメンコを唄う Derramando mil flores」


カンテに深く心を奪われた女の渾身のアルバム!

 カンテ・フラメンコに深く心を奪われてから四半世紀になるベテラン・アフィシオナーダ、レイコ・シミズ・サンギットの、渾身の初カンテ・アルバム。

聴くほどに、ベルナルダ、アントニオ・チャコン、ラファエル・ロメーロらが偲ばれて、 嬉しくなる。レイコのアフィシオンの深さが強く感じとれる作品だ。

伴奏は木南利夫、全10曲。



Alegrias de Cadiz/Granainas/Bulerias de Bernarda/Soleares/Cinco de la tarde/Tanguillos de Cadiz/Tientos/Malaguenas/La cana/Sevillanas clasicas de Pareja Obregon

CDはアクースティカのコチラのサイトからもご購入いただけます。

アクースティカは加部洋氏の運営するフラメンコのCDや書籍などを扱う専門店です。

ギタリストでもある加部氏のフラメンコへの造詣の深さ、フラメンコの知識の専門性、熱いアフィシオンによってフラメンコに入門したばかりの方からプロ、ベテランの方々まで、
全ての方々がここからフラメンコを知り、深めて行く通り道であり、指標となってくれている、熱く信頼されているお店です。

かく言うレイコも、初めてこの店に足を踏み入れたのは

もう四半世紀以上前。

パコ・デ・ルシア・セクステットの公演を渋谷オーチャードホールで見たその足で直後に目黒のお店に参りました。

公演パンフレットに挟んであった「パコ・デ・ルシア 全CD紹介のチラシ」を手に握り締めながら。

それほどフラメンコの情報に飢えていました。
当時、踊りを習っていましたが、音楽としてのフラメンコを深く知りたい、そしてカンテ(フラメンコの唄の呼び名がカンテ、と言います)をやってみたい、と思い初めていた頃です。

ここでいろいろなCDを購入し、大いに楽しみ、そしてそれらから学んできました。

この店の店内に居る時は、いつも興奮し目を輝かせていました。

まさしく「フラメンコを知りたい」と言う渇きを癒してくれた泉のような存在の店、アクースティカ。

加部氏がこのように紹介してくださったとは光栄です。

ここの紹介にあるように、私は長年フラメンコを愛するフラメンコのファン、であります。

そして唄うようになりました。

それに生かされていることがこの上ない喜びです。

この発売記念として

15回目の独演ライヴを行うこととなりました。

 帝国ホテルなどを手掛けた建築家、フランク・ロイド・ライト設計の

とても素敵な雰囲気の、不思議さもある空間です。

何か唄と呼応しそうなものを感じています。

お運びいただけたらとても嬉しいです。

カンテフラメンコ独演ライヴ

“唄声は内側の宝石への通り道 por15”

(CD Derramando mil flores発売記念)

2021年4月24日(土)

午後6時30分 開演

場所:自由学園 明日館 

   モーセスホール

https://jiyu.jp/

(池袋駅より 徒歩5−6分)

入場料: 

事前ご予約ご入金 ¥3,000

当日       ¥3,500

ご予約:

ライヴのご予約は コチラ からお願い致します。

お問い合わせ:「お問い合わせ欄」からお願い致します。

出演:

カンテ*レイコ シミズ サンギット

ギター*木南 利夫


CD発売記念ライヴ決定❣️4月24日(土)自由学園 明日館

CD発売記念ライヴが決まりましたーっ。

4月24日(土)18時30分〜

自由学園 明日館です。

ライヴのご予約はコチラからお願い致します。

→ https://reiko.link/shop/product/20210424_live/

小さいながらも回を重ね、15回目の独演ライヴをとなります。

タイトルはいつも「唄声は内側の宝石への通り道」。

実はこれまでね。

明日館、ステキだなぁ

いつかあそこでうたってみたいなあ

と憧れていたんです。

ただ外側から眺めてね。

で、いよいよ中に入ってよおくみました。

やっぱり!

とても素敵な雰囲気の、不思議さも感じる空間。

何か唄と呼応しそうなものを感じています。

ぜひお運びくださいませ。

夜、がこれまた素敵なのですよ。

カンテフラメンコ独演ライヴ

“唄声は内側の宝石への通り道 por15”

(CD Derramando mil flores発売記念)

2021年4月24日(土)

午後6時30分 開演

場所:自由学園 明日館 

   モーセスホール

https://jiyu.jp/

(池袋駅より 徒歩5−6分)

入場料: 

事前ご予約ご入金 ¥3,000

当日       ¥3,500

ご予約:

ライヴのご予約はコチラからお願い致します。

→ https://reiko.link/shop/product/20210424_live/

出演:

カンテ*レイコ シミズ サンギット

ギター*木南 利夫

レイコCDリリース記念 カンテフラメンコ 独演ライヴ決定♡2021年4月24日(土)

素敵な場所を

ひとつ見つけました😃💓💓💓

レイコ初CD発売記念ライヴ🌹🌹🌹

4月の後半に出来たら、

と思っています。→ 決定しました! 

4月24日(土)18時30分〜  池袋 自由学園 明日館

これまでの小さな独演ライヴと

同じかちょこっと大きな場所で✨

それがじぶんらしいかなぁ😌 

いつものように

マイクはなしで声が届くように

今の時期は

つめつめにならず

おとなりとの距離も取れる場所で

そしてそこにある何かが

レイコと

波長あいそうな空間で

大切に唄って参ります💓

初CD、初荷を

受け取ってくださった方からの

ご感想を受け取って

感動して泣いてます😭😭😭

これから生きてく

滋養栄養をいただいています✨✨✨

ありがとうございます💓

このCDを、ぜひお手に取っていただけたらうれしいです。

フラメンコ唄のCD: 

DERRAMANDO MIL FLORES

~唄声は内側の宝石への通り道~

Cantaora(唄い手): Reiko Shimizu Sangit

Guittarista(ギタリスト): Toshio Kinami

¥2,800-(+送料 ¥180-)

販売ページはコチラです

→ https://reiko.link/shop/

音のイメージはコチラです

⬇️

レイコシミズ サンギット レコーディングライヴ2020

Flamenco唄のレイコ初CDリリース致します♡ 2021年3月7日 

こんにちは。
Flamencoを唄うレイコ シミズ サンギットです。

3月に入ってはや一週間。
いかがお過ごしでしょうか。
緊急事態宣言も2週間伸び、まだ予断を許さないようですが
ぐんぐんと春めいて季節は巡ります。

昨年来作成してきたFlamenco唄の初CD、3月7日(日)にリリース致します❣️

    販売ページはコチラ → https://reiko.link/shop/

7日以降、お申し込みいただいた方に順次ご郵送。
また、ただいまこれまで投げ銭のCDプレゼントコースにお申しくださった方の発送準備をしています。

「唄声は内側の宝石への通り道」
今のところ、一生このタイトルでライヴをさせていただこうと思っています。

このCDのタイトルも同じです。


そしてスペイン語のタイトルは DERRAMANDO MIL FLORES 

歩んでいくと 千の花も咲きこぼれる

フラメンコにある歌詞からヒントを得てつけたタイトルです。
誰もが生きて歩みを進める姿がそんな風である光景。
それがあたり前の世界、豊かで美しい愛溢れる人生を信じたい。

このCDを、ぜひお手に取っていただけたらうれしいです。


フラメンコ唄のCD: DERRAMANDO MIL FLORES
〜唄声は内側の宝石への通り道〜

Cantaora(唄い手): Reiko Shimizu Sangit
Guittarista(ギタリスト): Toshio Kinami
¥2,800-(+送料 ¥180-)

レイコ シミズ サンギット 初レコーディングCDをお届け致します。

このCDレコーディング開始からリリースまで、1年超。初めての体験に、さまざま試行錯誤しながら進み完成を迎えました。

フラメンコに出会って四半世紀以上の時が流れました。

数年前に「唄声は内側の宝石への通り道」というタイトルでのささやかなカンテフラメンコ独演ライヴを始めました。

これまでそれが十数回に及び、その歩みを形にしようと制作したCDです。

フラメンコは8〜9世紀ごろにインド辺りを出発した流浪の民が、長い放浪の末に15世紀辺りスペインの南、アンダルシアの地に辿り着いてその地のエッセンスと融合して生まれました。

中でもカンテ フラメンコと言われるその唄に、自分の中を掻き回されるような興奮と深遠な魅力を感じました。

フラメンコと言えば踊りをイメージする方も多いかもしれませんが、源はカンテ。

日本人の私がそのカンテを唄う。そしてCDという形とする。
言葉もそのルーツからも物理的にはまったく遠い自分にそれを許すまでには、かなりの時間を要し、様々プロセスがありました。

カンテ フラメンコという自分の奥深くに辿り着く道に出会えたこと、この芸術を育んだ人々、世界への感謝と尊敬の念を携えてこれからも唄って参ります。

【内 容】

① Alegrías de Cádiz(アレグリアス デ カディス)

② Granaínas(グラナイーナス)

③ Bulerías de Bernarda(ブレリアス デ ベルナルダ)

④ Soleares(ソレアレス)

⑤ Cinco de la tarde(シンコ デ ラ タルデ) ※木南利夫氏によるギターソロ

⑥ Tanguillos de Cádiz(タンギージョス デ カディス)

⑦ Tientos(ティエントス)

⑧ Malagueñas(マラゲーニャス)

⑨ La caña(ラ カーニャ)

⑩ Sevillanas clásicas de Pareja-Obregón(セビジャーナス クラシカス デ パレッハ=オブレゴン)


それではどうかお体ご大切に、CDのみならず直接皆さまに

お会いできる機会を楽しみにしています。

CD発売記念ライヴ、計画中です。


いつもありがとうございます。

コロナ後もやり続けそうなもの〜シンクルーム #初CD制作記2

CD作成プロセスで使ったもの。

わたしが

コロナ後もやり続けそうなもの👀、でもある。

それはヤマハがつくってくれた

シンクルーム。

https://syncroom.yamaha.com/

Zoomはお話しするのはよいけど、音楽を合わせるのはむずかしい。

そこでこれなら、遠く離れた人ともセッションできるぜ!

遅延が少ないぜ❣️

ってアプリです。

昨年6月ころ

ネットデゥエット、というのから

バージョンがあがったのだったと思います。

それをいまいまか〜。

と待っていました。

昨年緊急事態宣言の頃ですね。

あの頃はCD録音のためのあわせ、も中断を余儀なくされた時もありました。

いざ、インストールをして使ってみたけど

自宅のネット回線が脆弱だったり、

PCがフリーズしたり、

オーディオインターフェースってものが必要だと気づいたり。

いくら遅延が少ないと言っても

フラメンコの速い曲種、

そしてパルマ(フラメンコの手拍子)を打つブレリアを遠隔であわせるのはまったく容易じゃなかった!

ビビ。

ガガガ どかーん!!

まったく壊れそう、

PCも じぶんの耳も。

って言うんで

結局、その頃受け取った

持続化給付金は

初めてのMacの購入や、

ネット回線の新調などにつぎこんだ。

7か月前だ。

あの頃は

Zoomを通じた瞑想会もしていて

たびたび途中で落ちてしまい

どうしたものか、

と気持ちも落ちたもんだ。

それからこれらについては

世間全体が、だけど

じぶんも随分と進化した。

必要は発明の母、って言うけど

タイヘンだったーっ。

きっと皆がそうだったと思う。

コロナが終わっても

遠くの人と同時セッション出来るようになったんだから、

きっと続けると思う。

そして

どーしても

やっぱりそれだけじゃ済まない。

実際会わなきゃどうしようもなく

伝わらないこと

感じられないこと

肉体に居るから、

お互い生きてるからこそ

出来ることは

何だったのかも

よおくよおく味わわされた。

フラメンコじゃなくても

そうだけれども

相手が生きて目の前に居る、

この音は

今この時だけなんだ。

ってことかな。

#CD制作日記